エッチ体験談が12,000話を突破しました。

S6の変態的な初体験

PR

おにおんさんから投稿頂いた「S6の変態的な初体験」。

最初に言っておくが私は今50代半。初体験も昭和。その時の初体験は今の時代だったらそのまま変態の道を歩ませていたと思う。当時はネットも携帯も無かったからな。S6の梅雨の時期、S低学年の友人(田舎なので近所に遊べる子がいない)と遊んでいたが途中で雨にやられてずぶ濡れで友人宅に戻った。

友人はそのまま着替る。俺は友人母に「風邪ひいちゃうから」と無理やり裸にされた。濡れたパンツをぬがされて股間を見られ羞恥心でいっぱい。それで終わるのかと思えば加田だ全体、もちろん股間もだ。その間、友人に笑われちゃって頭は真っ白。その後、着替えのパンツが無い。友人はS低学年でサイズが小さい。父親のはでか過ぎる。どうしようかと友人母が悩んでいる最中、友人は塾へ出かけた。

これで俺と友人母だけかと思ったら2階の友人のお姉ちゃん(C2だったかな、特別教室、ゆったりした感じの美人)に声を掛けて変態的な事件は始まった。おねえちゃんから受け取った物を、つまり代わりのパンツをはかされた。その時の違和感。女物のパンツ。その後、シミーズとかを着せられた。正直、何が起こっているのか理解不能。俺の服は洗濯されて扇風機を当てられ乾燥中。一連の作業を終えた友人母がお茶を淹れてくれて呼ばれたのだが、俺は動くに動けない。友人母「具合悪いの?」ところでプールで体が冷えてその後着替えて落ち着いた後、股間が生理現象だが大きくなった事が無いか?とまりそういう事で動けなかった。

俺は意を決して女物のパンツの中で股間を膨らましていた状態で友人母に見せた。その時の複雑な表情。驚き、残念そうな。「ふ~ん」と我が意を得たような呟き。その後のイヤラシイ顔。股間をまさぐる手。さすがに逃げるけど。友人母も我に返った感じ。とりあえずお茶で一服。友人母「ごめんね、ちょっとぬごうか?」これ以上恥ずかしい目に会いたくないので「このままでいいよ、なんか元に戻ったし」(股間は小さくなっていた)推し量るような声で「変態なの?」「・・・」結局、脱がされた。毛布を撒いた状態で放置。

やがて友人母が思い出したように近づいてきて屋らしい表情。毛布をはぎ取られ股間をしごかれる。が大きくならない。意地になったのか指先にクリームをつけてアナルへ。S6の俺にそんな知識もないし痛いだけだ。でも俺の為に頑張ってくれたのは理解できる。そんな言い訳しなくて良いのに致命的な言い訳をした「お姉ちゃんの下着を履いたから」目が点になった感じの友人母「変態ね?」そのままお姉ちゃんがいる2階へ連れて行かれる。

美人のお姉ちゃんに見られながら友人母はお姉ちゃんの下着を着せてくる(この状況は令和の今ではあり得ないけど昭和の3輪トラックをたまに見かける時代の出来事だからな)なぜか興にのった?のかスカートとかも着せられる「きもちいい?」性的な意味も含めて、冷えた体に心地よい女性物の服を身につけて「うん♪」「変態ね」そのままスカートをめくられて股間を確認される。そのままベットに押し倒される。友人母はおねえちゃんを呼んで「お勉強だから」といって股間をしごく。

お姉ちゃんにも触られる(今思えば知的障害なので将来を考えての事なのだろう)結局、その時は、途中で抵抗したためかイクことは無くそのまま終わった。後日、TELで友人母に呼び出されて昼から飲んでいる友人母と良くない噂のオバさん。その二人にお姉ちゃんの前で女装させられて射精させられた。アナルも弄られたが気持ちよくはならなかったけどね。

その後、何度か経験した。卒業後、親の都合で引っ越しで全部終わった。今、俺は50代半。家庭も持ったし知識も経験も増えたが、あの時の事は封印してきた。オナニーネタにはしているが。あの時得られた快感と得られなかった快感。あの体験が令和の今だったら普通の人生は送っていない。

2+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR