エッチ体験談 12,000話 突破!!

可愛い妻のロリパイが男たちに覗かれて興奮した夜

ロリ妻の夫さんから投稿頂いた「可愛い妻のロリパイが男たちに覗かれて興奮した夜」。

結婚して7年の妻は4歳年下の32歳、小柄で童顔、顔も身体もロリな妻です。
私たち夫婦が結婚する前からの共通の友人がやっと結婚するので、二人でお呼ばれしました。
感動的な結婚披露宴の後の二次会、私が店の入り口でお部屋のご案内、妻は部屋の前で受付をしていました。

ご案内の位置に立つ前、一番に私が受付した時、椅子に座った妻が名前を照会する時、華奢な妻のドレスの胸元に隙間が開いて、ついでにブラも浮いて貧乳の乳輪が見えそうで見えないギリギリ状態でした。
小さいながら存在する、ロリロリの胸の谷間は丸見えでした。
注意しようと思ったらゲストの姿が、言い出せず立ち位置へ移動しました。
受付にご案内すると、男性ゲストはみんな覗き込んでいました。
ロリロリで可愛い嫁のロリパイが晒されていると思うと、私は勃起してしまいました。
二次会場に、十数名入場したところで、一人の女性ゲストが妻に耳打ち、妻は胸元を直していました。
結局、妻のロリパイを楽しんだ男性ゲストは、10人くらいでした。

この日は、子供たちを実家に預けっぱなしで夫婦二人きりの夜、家に帰っら妻が、
「私、二次会の受付で、何人かにオッパイ見られてたみたい。○○さんに、乳首見えてるわよって教えられるまで気が付かなかった。」
何と、私が見たときはギリギリだった乳首が、あの後、見えていたのです。
その夜、私は妻の中学生並みのロリボディを愛撫しながら、
「何人かの男が、このロリパイを見たのか・・・俺の大事なロリパイを・・・」
と言いながら、ギンギンに勃起していました。
妻も、
「恥かしいなあ。私のペチャパイ見られちゃった。」
「ペチャパイじゃなくて、可愛いロリパイだよ。」
と言いながら前戯をしました。

妻の可愛い、ほぼパイパンに近いロリータオマンコをクンニして、
「この可愛いロリマンを見られるよりはいいか。これ見られた日には、ショックだもんあ。」
と言って、いつもより長めにクンニしたら、妻は羞恥快楽にクリ逝きしてしまいました。
この夜、燃えに燃えて二回戦、しかも翌朝も朝起ちでハメまくって、お昼頃にゆっくりと子供たちを迎えに行きました。
大切な妻を晒すと、興奮しますね。

3 COMMENTS

匿名

のワイの嫁は7歳年上の四十路だけどかなりの美人、出産後に吸い出したクリにピアスがぶら下がってるんだ。
混浴露天風呂に行って、前を隠さず歩かせると、ジジイたちが風呂から出れなくなるんだよ。
四十路のおばちゃんでも、嫁は美人だし、混浴露天風呂はジジイとババアばかりだから、圧倒的に若いのね。
こうやって嫁を晒した後、旅館では嫁と盛り上がっちゃうよ。

返信する

コメントを残す