エッチ体験談が12,000話を突破しました。

付き合う事になった幼なじみとの約束

PR

奈々さんから投稿頂いた「付き合う事になった幼なじみとの約束」。

幼稚園から中学校を卒業するまでクラスも一緒という幼馴染みがいて小学生の時は団地住まいだったけど、お互いの家に遊びに行く事が多かったです。

小3の土曜日だったか家に遊びにきた時、私の親は出かけていて持ってきてくれたお菓子を食べながらゲームをしていましたが飽きてしまい、他に遊べそうな物が無いか押入れを漁っていたんだけど、唐突にお母さんが使っていたブラジャー見てみたくないか聞いてみました。

小3ながらに男の子はこういうの興味あるのかなと思っていましたが、幼なじみは自分のお母さんやお姉ちゃんのを見たことあるし、おばさん(私の母)のよりも私が使っているのを見たいと言いました。

小3だったし胸も真っ平だったのでブラジャーはまだ着けてないよと言うと、じゃあ着けるようになったら見せてよと言われ、幼稚園の時は一緒にお風呂に入って裸の見せ合いをした事もあったし、当時は体育の授業で一緒の教室で男女一緒に着替えていた事もあったので軽い気持ちで良いよと約束していました。

それから時が経ってお互い思春期に入ったりして家に遊びに行く事はなくなり、学校でも男女のグループで分かれてしまい時々話す程度になっていました。

そのまま小学校を卒業して中学生になってからもクラスは3年間同じでしたがお互い妙に意識し合うようになってしまい、仲が悪くなった訳では全然なかったのに話さない状況がずっと続いていました。

そして3年になって高校受験の時期が近付いて来た時に進路の話をした事から幼なじみとはまた昔のように話せるようになりましたが、2人とも志望校が違ったので初めて学校がバラバラになると知って、私はやっと幼なじみへの恋心を自覚しました。

卒業するまでには告白しようと思って機会を伺っていましたが幼なじみの家で受験勉強を2人でした時に私たち以外いなかったので告白をして付き合う事になりました。

勉強が終わったあと思い出話をしていましたがブラを着けるようになったら見せてくれるって約束の話になりました。

胸が大きくなってきてブラを着けるようになった時に思い出してはいたけど私から話を振るのも変だなと思っていたので、幼なじみの方から話をしてくるまでは忘れたふりをしていました。

まさか告白した日にその話をされるとは思っていなかったので思わず今その話するのと言ってしまいましたが、私のブラ見たいのと聞くと見たいと言ってきました。

少し考えて今見せても良いかもと思ってしまいましたが、この時に着けていたのはあまり可愛いものではなかったので見せるならお気に入りのを着けてる時が良いと言って、2人とも受験に合格したら見せてあげると新たに約束をしました。

幼なじみはそこで引き下がってくれて、それからはより勉強に身が入っていた感じでしたが頑張ってるなら良いかと思いましたが、私自身はブラを見せるために勉強しているのかなと考えてしまう事がありました。

合格発表の日は同じで結果を確認したら担任に報告する事になっていたので教室で待ち合わせることにしていました。

私は無事合格していたので報告後に教室に行くと幼なじみもいて合格したと言っていました。

2人で合格通知も見せあってこれで受験勉強から解放されると話していましたが少しの沈黙の後で2人とも合格したし見せてほしいと言われ私は頷きました。

廊下や他の教室に誰もいない事を確認してからコートとブレザーを脱ぎワイシャツのボタンを外してお気に入りだったピンクに白い水玉模様が入ったブラを見せて流れのままブラも外して胸まで晒してしまいました。

幼なじみの気が済むまで見せてこの日は終わりその後も後日談がいろいろありますが、今でも彼とは関係が続いており結婚までしてしまいました。

20+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR