エッチ体験談が12,000話を突破しました。

一緒に居ると苦しめてしまうから別れた元カノ

PR

若気の至りさんから投稿頂いた「一緒に居ると苦しめてしまうから別れた元カノ」。

ちょっとおっとりした感じの元カノがいました。
当時同い年の23歳で、大学時代に何人か元彼がいたようで、処女ではなかったからヤリまくりました。

意外と何でも受け入れるので、AVでやる程度の手マンやバイブ挿入を試したらかなり感じてたので、プレイがエスカレートしました。
縄でM字開脚に縛り上げ、バイブでオマンコとクリを責め続けて、潮を噴かせたりしました。
普段、おっとりとした大人しい子が、クスコでオマンコ剥き出しにされ、羞恥に濡れて、ペニス挿入を乞うようになりました。

エッチだけど、普段はしおらしい元カノが大好きで、元カノも私に凄い好き好きアピールしていたので、緊縛した時、ローションをペニスに塗りまくって、アナルに挿入しようとしたら、
「そこはダメ~~お尻はイヤ~~」
と抵抗されました。
でも、それまでのスケベな流れをすべて受け入れてきたから、イヤよイヤよも好きのうちとばかりに、お尻を締めて抵抗するアナルを擽って力を抜かせて、生ペニスを挿し込みました。
「ひゃあっ!うぐぐ・・・いやあ・・・」
「アナルヴァージンいただき~~」
と言いながらゆっくり出し入れして、そのまま元カノのお尻の中へ射精しました。
「いやあ~~~・・・ううう・・・うっ・・・ううっ・・・」
泣き出した元カノを見て、初めて本気で嫌がってたことを知ったのです。
「そこは、オチンチンを入れるところじゃないのに・・・」
泣きながら身支度を整えた元カノは、
「さようなら・・・そういう事する人とは、無理だから・・・」
とフラれてしまいました。

その後何度か元カノに会って、謝ったり、なだめたりしましたが、私と一緒にいても元カノは笑顔になってくれませんでした。
どうやら、私と一緒にいると、元カノを苦しめてしまうという事が分かり、そんな元カノを見るのが辛くて、
「しつこくしてごめん。別れよう。さようなら・・・」
「分かってくれてありがとう。さようなら・・・」
私はひっそりと身を引きました。

その後、ずっと元カノを引きずって恋愛も出来ずに半年が過ぎた頃、元カノを見かけました。
一緒にいない方がお互いのためと分かっていたのに、元カノが知らない男性に幸せそうな笑顔を向けているのを見たら、胸が苦しくて、切なくてたまりませんでした。
私は、今はまるで私も幸せいっぱいののように自らを騙して、すこぶる幸せそうに振る舞い、元カノの幸せを心から願ってみました。
笑顔で元カノが通り過ぎるのを見ていたら、何かが吹っ切れたような気分になりました。
そうしたら、現在の妻と巡り合うことができました。

現在は結婚して3年、今年子供も生まれて幸せいっぱいです。
先週末、ショッピングモールで元カノを見かけました。
お互い30歳、元カノも小さな子供の手を引いていつか見た男性と一緒に歩いていました。
声は掛けませんでしたが、今度は嘘無しで本心から元カノの幸せを願えました。

8+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR