エッチ体験談が12,000話を突破しました。

モデルのような年上の女性と乱れた夜

PR

三三物語三さんから投稿頂いた「モデルのような年上の女性と乱れた夜」。

若かりし頃、幼なじみの親友たちと経験人数を競い合ったり、大人の武勇伝を作ってはその武勇伝で競い合って盛り上がったりしたのも、すっかりもう過去の思い出となった。

ガラケーも末期の頃、短い期間ではあったけどケータイの無料ゲームサイトがすごくブームした頃で、いろいろな男の遊びや、武勇伝を作りやすい時期でもあった。そんなこんなのあの頃の思い出を一つ、ここで話してみたいと思います。

相手の名前、マキ
相手の年齢、23歳
細身でモデル系の色白ハーフ顔

18歳の学生だった頃、友達や周囲のブームに乗っかって無料のゲームサイトに登録していた時があった。その無料ゲームサイトで知り合ったある1人の女性がいた。名前は、マキ。年齢は、23歳。学年で言うと4つ違いになる。ゲームサイトでやり取りして意気投合しすぐにゲームサイトから抜けて直接やり取りするようになった。メールや電話で日頃のたわいもない会話をしていたがマキが年上と言う事もあり、自分は正直どちらかと言うと暇潰し程度な感じでマキと絡んでいた。ただ、恋バナ系の話をして知ったのがマキはプチ遠距離の彼氏がいるらしい。しかし、彼氏はぜんぜんかまってもくれず、マキはずっと放置されてるからもう彼氏なんてどうでもいいと嘆いていた。しばらくメールや電話したりの日は続いていたが、なかなか会うような流れや方向にはならなかった。

しかしそんなある日、突然マキから電話があり「職場の飲み会だったんけどつまらないから一次会で抜け出して帰って来た」と言ってきたので、迎え頼まれたついで会う事になりマキがいる駅まで迎えに行った。駅に着くとマキが「駅の中まで迎えに来てほしい」と言うのでとりあえず駅の構内でマキを探す。待ち合わせの電話をしてマキを見つけた途端、あまりの可愛さにビックリした。スタイルはめっちゃ良いしタイツにデニムのスカート、髪の毛はロン毛でふんわりカールがかかった明るい色。なんと言っても目がパッチリでモデル並みの可愛さレベル。合流して近くにかけ寄るとマキは大胆に腕を組んで来た。「やっと会えたー」とめっちゃ甘えて来る。さすがに駅内だし人目が気になるので早足で駅内を出るが、有料駐車場までピッタリくっついたままだ。高校を卒業したばかりだし地元なので知り合いに見られたらヤバいと考える自分もいた。とりあえず早足で車に乗せてお互いの家ある方面にゆっくり車を走らせた。車内ではたわいもない話題とつまらない飲み会の愚痴を聞かされていたが、赤信号で止まるといきなり抱き付いて来た。すごくネットリした大人のハグだ。赤信号で止まる度にいやらしく抱き付いて来る。こんな可愛い女の子がこんな無防備に抱き付いて来たらさすがに興奮してドキドキが止まらない。しかし18歳の俺はあの頃まだ経験人数が6人くらいしかいないし、恋人じゃない女の子とのエッチ経験はない。付き合ってもない女の子とこれ以上の行為をしていいのかと葛藤はしていたものの、流れのまま少ない知恵で抱き付かれてる時にキスすると、激しくキスに応えてマキの方から舌を入れてきた。赤信号で止まるたびに激しいディープキスで舌を絡めて来る。ただ、飲み会の後だからマキからはお酒の匂いがほのかにする。たまたまその日の俺は膝の空いたジーンズを履いていた。激しいキスをしながらマキはジーンズの穴の空いた所から指を入れていやらしく太ももを触って来る。激しいキスをしながら指は少しずつ上へ上がり内腿をさらにいやらしく触って来る。やばいめっちゃ興奮するしもうはち切れそうなくらい反応してるのを誤魔化すので精一杯。するとマキは「こっち方面に行こう。まだ時間あるでしょ?」とラブホ方面に行かせようとしてくるではないか。さすがにラブホなんて二回くらいしか行ったことないが、言われるままにラブホが立ち並ぶ地帯へと車を走らせた。
とりあえず入りやすいホテルを選び、ホテルに着いて部屋に入るなり、我慢の紐が解けて待ちに待ったようにお互い激しくキスしながら、抱き乱れて一緒に近くのソファーに崩れ落ちた。さすがに男として負けてられないのでとにかくものすごく頑張って抱きしめながら激しくキスをする。俺は頭も服もグシャグシャにされた。お互いの顔から首下まではお互いの唾で汚れているがそれもお構いなし。シャワーもお風呂も行かずに飛ばしてそのままベッドに2人で移動する。お互い裸になりながらもう汗だくになり激しく抱き合う。それほど大きくはないがマキのおっぱいを激しく揉んで敏感な乳首を激しく攻める。マキはめっちゃいやらしく喘ぐ。マキの下に手をやるとものすごく大洪水のようにびしょ濡れ。ここからは順番を飛ばし激しく手マンすると「あ、あっ、イヤ…イクっ」と仰け反って痙攣しながら激しく逝ってしまった。休まずに手マンを続けるとまたマキは痙攣しながら激しくイク。「やばい、めっちゃ気持ちいい、おかしくなっちゃうよお」とマキは泣きそうになってる。しかし休まずさらにマキの足を押さえつけて青色の下着をズラして、まんこを舐めると可愛く喘いで「あー、ダメー、やだー、イクー」と小刻みに痙攣しながらまた逝ってしまった。高校の卒業間近に別れた元カノよりも敏感な体質らしく、舐めながら何回かイカせてやると、もうまんこはグジュグジュになってすごくいやらしい。俺もチンポを舐めてもらおうと思ったが、マキにはそんな体力が残ってなさそうなので、パンツを脱がし挿れる体勢に入った。マキは「早くちょうだい。○○のおチンチンちょうだい」と言うので、ゆっくりマキのまんこにチンポを挿れた。正直めっちゃ締まりが良いとはお世辞にも言えないが、それなりに気持ち良い。年上のマキとしかもめっちゃ可愛いマキとヤレてる事、彼氏のいるマキとヤレてる事にすごく征服感を感じた。マキは「だめー、だめー、」と喘ぐ。まだ正常位でしかしてないのに、挿れながら可愛く逝ってるマキの姿を見たら、限界が近付いてきて俺も出そうになる。「やばい、出そう。」と言うと、マキは俺の頭と首を抱き寄せ「いいよ…好きにして…○○の好きにして」と言うではありませんか。やばいとは思いつつもその言葉に負けて、マキの中に大量に放出してしまった。1週間は抜いて無かったからなのか、興奮し過ぎたからなのか、こんなに出るの?ってくらいマキの中に出し続けた。出るのも出されてるのもお互いに感じたくらいだ。最後まで激しくやり合ったせいか、しばらくお互いグッタリしたまま、離れずに呼吸が整って落ち着くまでずっと抱き合ったままの体勢でいた。こんなに可愛い子とやってしまったのか、しかも中出ししてしまった、と思うと、征服感がいっぱいになり、マキのおっぱいや胸の辺りにキスマークをいくつか付けてやった。なんだか大人の世界に足を踏み入れた感じでいろいろな感情が沸いた。しばらく抱き合っていると、お互い落ち着いたのでマキの彼氏の話や恋バナなどをいろいろ聞いた。マキの経験人数は3人らしい。大学生の頃の元彼には浮気されて別れて、今の彼氏は放置状態で、すごく恋愛に臆病になっていた。会話の中でマキは「○○は年上と付き合うのは嫌?年上の彼女はほしくないのかな?」と聞いてきたが、こんなに可愛いマキを彼女にする自信はなく、その場しのぎで会話を流してしまった。なんかマキは寂しそうだったけど「また会おう?」とお互い笑顔でホテルを後にした。マキを家に送ると驚く事に、マキは俺が通っていた中学校と同区域にある。俺が中学生の時の通学路沿いにマキの家はあるらしい。まあ同中だけどタメでもないし4つも離れているので在学中に会う計算にはならないが。その日は車内でキスしてバイバイした。

それからはメールや電話でしばらくたわいもない会話や、安全日だったから生理も来たし大丈夫、と言うような日常の会話を続けていた。しかし、ある時にいきなり数日メールが来なくなった。それで4日か5日振りにメールが来たかと思うと「突然ごめんなさい、近いうち会える?」とマキから誘いがあったので、急遽その日の夜にマキと会った。待ち合わせ場所で合流し、この日はマキの車へお邪魔した。なぜか前回とは打って変わってなんだかこの時のマキは元気が無いと言うか、微妙な感じの面持ちだった。とりあえず近くのコンビニに車を止めて、いったいどうしたのか何があったのかマキから話を聞いた。どうやら彼氏から突然メールが来て、会いたくは無かったけどしつこいので会ってしまったとの事。会ったけどエッチもしたくなかったから拒否していたら、強引に服を脱がされそうになって、そしたら丁度その時に俺が付けた胸のキスマークを見られてしまい、いろいろ問い出されたらしい。結局、彼氏とはエッチもせずに微妙な空気のまま彼氏から「自分を取るのか?若い浮気相手を取るのか?はっきりしろ。」と彼氏に言われた。と打ち明けて来た。まだ18歳の学生の俺には重過ぎる話だった。彼氏の話は前から聞いていたが彼氏は真面目な公務員の男だし、マキと付き合ってもまだ学生の俺にはその男には勝ち目がない、とへんなマイナス思考が働いてしまったのと、彼氏にバレてしまったから面倒な事から逃げたかった最低な自分もいたのかもしれない。あやふやな返答ばかりしてると、マキは俺の気持ちを悟ったのか「そっか…○○にとってのアタシってそんなもんなんだね…わかったよ」と小さく泣き出してしまった。俺は「ごめんなさい」って言いながら泣いてるマキを抱きしめる事しかできなかった。マキは何故なのか「なんかアタシのせいで面倒な事になってごめんなさい」と逆にマキの方も俺に謝って来る。しばらくなんとも微妙な空気感だったが、帰ろうかという時に突然マキが最後に「今日はアタシのこと○○の好きにしていいよ」と言ってきた。ちょっと考えたけど最後にマキを抱きたくなったので、あの日の夜に行ったホテルへ向かった。ずっと手を繋いで無言のままホテルへ入った。ホテルの中ではあの夜のようにお互い野獣みたいな激しいエッチではなかったけど、最後を悟るような濃厚なエッチでお互い抱き合った。もちろん敏感なマキを何回も逝かせたし、この日はマキにも舐めてもらった。抱き合って1つになってる時の最後は「好きにしていいよ」と頭を押さえながら言うので、考えたけど結局マキのまんこの中に大量に中出しした。めっちゃ気持ち良かったけど罪悪感もあった。「生理が近いから大丈夫だよ」と言うが、気持ち的に罪悪感と言うかなんというか、微妙な気持ちと感情があった。結局2回くらい中出しのエッチしてホテルを後にした。

あれから時も流れ、もう今の自分はあの時のマキよりもずっと歳を重ねた俺になってしまった。当時はもう少し違う選択もあったかな?と思う時もあったけど、まあこれも仕方ない。そんな何年も経ったある日、たまたま地元のコンビニに立ち寄って買い物してたら、店内に小さなお子さんを連れたママさんがいた。レジに並んでる時たまたま何気なく不意にママさんの顔が目に入ったが、そのママさんはまぎれもなくあのマキだった。もちろんマキは俺に気付かないし気付く訳もない。でもあの可愛い笑うとクシャっとなる笑顔は間違いなくマキだった。30は超えてるはずなのに20代に見える若々しいママさんだったし、会ったとき素直に感謝の気持ちで一杯だった。大人の遊び、男の遊び、武勇伝を作るきっかけを教えてくれた女の子だったからね。武勇伝の始まりに過ぎなかったけど、良い思い出の1つだ。ちなみにこうやって体験談を書くのは、今の俺も親友も、もう武勇伝を作れる立場にはないから、こうやって武勇伝の思い出を書いて行こうとなったから書いたのであります。
最後まで読んでくれて、ありがとうございました

10+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR