エッチ体験談が12,000話を突破しました。

妹と中出しセックス

PR

涼太さんから投稿頂いた「妹と中出しセックス」。

俺I8才、真奈(妹)I5才です。
妹のオッパイがついにFカップになったと、本人から嬉しそうに報告された。
兄に報告して何を期待してるのか…。

「良かったな」と答えたら
「もー、他に言う事無いの?揉ませてとかさー」と文句を言われた。
「妹のオッパイを揉みたがったら変態じゃないか」
「でもお兄ちゃん大きいオッパイ好きでしょ?」
「大好きだけどさ…」
「遠慮しないで揉んでも良いんだよ?お兄ちゃんなら私平気だし」
「じゃ…じゃあ、揉ませてくれるか?」
「うん!前から?後ろから?」
「前からで」

「はい、あ…脱いだ方が良い?」
「直に揉んでも良いのか?」
「別に良いよ?」
「お願いします」
冗談かと思ったら本当に服をぬいでパンツ一枚になってくれた。
ヤバイと思ったけど、ついつい妹の身体を舐め回すように見て勃起してしまう。

「お兄ちゃん、チンコ勃ってない?」
「仕方ないだろ…真奈の身体がエロ過ぎるんだから」
「妹の身体に欲情とか変態っぽいー」
「俺ばっか真奈の身体見て不公平だな、真奈も俺のチンコ見るか?」
「えー?見せてくれるの?」
「真奈が見たいならな」
「見たい見たーい!」
ノリで言ったら期待された。

自分で言い出した事だからズボンとパンツ脱いでチンコ見せてやった。
「うわー、超勃ってる!ピクピク動いて面白ーい」
「俺がオッパイ揉むから、真奈はチンコ触っても良いぞ」
「やった!」
オッパイを押し当てるように近付いてきた妹は、俺が揉むより先にチンコを握ってきた。

「硬いねー、それに昔見た時よりデカくなってる」
「昔って真奈と一緒に風呂入ってた頃だろ?子供の頃と比べるなよ」
「お兄ちゃんも早く私のオッパイ揉んでよ」
チンコ握られ、いやらしく擦られながら妹のオッパイを揉む。
「あん…やだ、変な声出ちゃった」
「そんな声出されたら我慢出来なくなるだろ…声出すなよ?」
「何?私を襲っちゃうの?ウケるー」
「このやろ…そんな生意気な妹はこうだ!」
揉みながら乳首を摘んで擦る。

「やだ…触り方エロ過ぎるよー」
「乳首硬くなってきたな?」
「お兄ちゃんがエロい触り方するからじゃん」
「真奈だってチンコの擦り方エロいぞ?もしかしてマンコ濡らしてないか?」
「確かめてみる?」
「どれどれ」
パンツに手を入れてマンコを触った。

ヌルっとしてる。
「ひゃあん!本当に触ったー」
「真奈が確かめるか?って言ったんじゃないか」
「そうだけど…これってヤバくない?」
「今更だな、最初からヤバイ事してるんだよ」
「ふあっ!そこダメ…あうっ…!」
「何だよ、マジで感じてるのか?マンコビショビショだぞ?」
「お兄ちゃん…私ふわふわしてきちゃった…」

「なあ、俺も我慢出来なくなってきちゃったから、フェラチオしてくれないか?」
「ふえっ?!それは…」
「ダメか?俺もクンニしてやるから」
「えっと…その…」
「頼むよ」
「う…うん…良いよ」
お互いに性器を触りつつベッドに横になる。
妹のパンツを脱がせてシックスナインをした。
目の前の綺麗なピンク色のマンコとヒクヒクしてる締まりの良さそうなアナルを夢中で舐めた。

「お兄ちゃんそっちはダメ!汚いよ!」
「真奈のアナルなら兄ちゃん平気だぞ?可愛いし綺麗だ」
「もー、お兄ちゃんの変態」
本気で嫌がってと訳じゃないみたいだ。
妹はそれ以上何も言わずにチンコをしゃぶり始めた。
マンコもアナルも舐めるほどにエロい雌の匂いが強くなる。

俺の口の周りはマン汁でベチョベチョになった。
下からはフェラチオする音がジュポジュポ聞こえてくる。
「お兄ちゃんもう私イキそう!」
「俺ももうイキそうだよ」
「一緒にイこう?」
「ああ、口に出しても良いか?」
「うん、出して良いよ」
クンニしつつ手マンもしてやり、何とか一緒にイクこれが出来た。

妹に咥えられて口の中に射精するのはオナニーより何倍も気持ち良かった。
「んむ…ん…」
妹が更にチンコを吸って残りを吸い出してくれる。
萎えかけたチンコがまた硬くなる。
「んふ…ん…」
「あ、ごめんティッシュは…」
「ん…飲んじゃった」
「マジか?良く飲めたな、不味いんだろ?」
「お兄ちゃんのだから」
「可愛い事言うなよな…マジで最後までしたくなるだろ…」
「ここまでしたんだし、しても良いんじゃない?」
「へっ?良いのか?マジでやっちゃうぞ?」
「良いよ…私もお兄ちゃんのチンコ欲しいし…」

「真奈」
「お兄ちゃん」
改めて妹を抱き寄せてキスをした。
精子臭かったけど抱き付いて甘えてくる妹が可愛いくて暫く舌を絡め合った。
「あはっ…兄妹でエッチなキスしちゃったね」
「真奈可愛いよ」
軽いキスをして押し倒しオッパイを吸う。
柔らかくて張りのあるオッパイの先にある硬くなった乳首を吸って舐めると、妹が甘い声を出し始める。
そのままお腹の方へ舌を這わせていき、おへその穴も舌先でクリクリと舐めた。
「はぁぁん…お兄ちゃぁん…」
ピクピクと身体を震わせる妹が可愛いくて仕方なく思えてくる。

おへそから下に向かってキスをしていき、さっきまでクンニしてたマンコにもキスをする。
マンコもアナルも穴がパクパクしている。
指で中を擦りながらクリトリスを舐め上げて皮を剥く。
ピンク色の可愛い小さな豆が顔を出した。
ぷっくりと膨らんだクリトリスを優しく舐めたら妹の腰が跳ね上がった。
「はうっ!あん!や…ああん!ダメぇー!」
叫び声のような喘ぎ声を上げながら太ももで俺の顔を挟み、両手で頭を押さえつけられた。
マンコに密着させられたままクリトリスを舐め続けたら潮を吹かれてしまった。

ようやく妹の拘束が外れたので、足を開かせてマンコにチンコを擦り付ける。
「なあ、ゴム無いけど生で良いよな?」
「はえ…?生で入れちゃうの?」
「良いだろ?入れるぞ」
返事を聞かずにチンコを挿入した。
「はぅぅん!お兄ちゃんの生チンコ入ってきたぁ…」
「なんだこれ!めちゃくちゃ気持ち良い!」
「お兄ちゃんの硬くて熱いよ」
「真奈の中も熱くてトロトロだよ」

「ついに兄妹でセックスしちゃったね、お兄ちゃん」
「やべえ…気持ち良すぎて動いたら出ちゃいそうだ」
「私ももうイキそう」
「真奈は経験あるのか?」
「お兄ちゃんは?」
「俺は実は初めてなんだ」
「私も初めてだけど、バイブオナニーしてたから痛くなかったよ」
「バイブなんて持ってたのか?」
「内緒で通販で買ったの」

「俺が処女膜破りたかったな」
「ごめんね、お兄ちゃん」
「冗談だよ、それよりそろそろ大丈夫そうだから動くぞ?」
「うん、いっぱい突いてね」
腰を振りチンコで子宮口にキスを繰り返し、たまに腰をクネらせて子宮口を捏ねる。
「お兄ちゃん本当に初めて?凄く慣れた感じだけど…」
「初めてだよ、真奈が可愛いくて自然と腰が動いちゃうんだ」
「もう…!そんな風にされたら私、お兄ちゃんじゃなきゃイケなくなっちゃうじゃない」
「そしたらバイブ要らなくなるかな?」

「責任取ってよね?」
「良いぞ」
「本当?」
「ああ、俺も真奈じゃなきゃイケなくなりそうだ」
「うふふ…お兄ちゃんだ~い好き」
もう兄妹じゃなく恋人同士のように愛し合った。
子宮を突き舌を絡め合う。
妹もギュッと抱き付いて離れない。

イクのを我慢して腰を振り続けたけど、急に妹のマンコがギュウギュウ締め付けてきて我慢出来なくなった。
「くっ…そんなに締め付けたら出ちゃうよ」
「ダメなの…勝手にオマンコ締まっちゃうの…もうイク~」
「俺も出そうだ…流石に中はまずいから足を離してくれ」
「嫌!離したく無い!」
「それじゃあ中に出ちゃうだろ?」
「良いの!お兄ちゃんの精子私の中に出して!」
「うう…真奈…本当に出すぞ!」
「来て」
ビュルッ!ビュルル!ドクドク…
「ああ…真奈の中に出すの気持ち良いよ…」
「お兄ちゃんの熱いのが私の中に入ってくる…気持ち良い…」
「好きだぞ真奈」
「お兄ちゃん私も」
またキスで舌を絡め合って余韻を楽しむ。

妹はずっと抱き付いたままだ。
「真奈、重く無いか?」
「平気、お兄ちゃんとくっついてると幸せなの」
耳元で囁かれてチンコが復活した。
「あ…また中で大きくなってる」
「真奈が可愛い事言うからだよ」
「ねえ、次は後ろからしてくれない?」
「良いよ」
体位を変えてバックでチンコを挿入した。

「へへっ…お兄ちゃんに襲われてるみたいで興奮しちゃう」
「俺も真奈を犯してるみたいで興奮するよ」
「めちゃくちゃにして~」
「思い切りマンコ突いてやるよ」
お尻に腰を力一杯打ちつけてやる。
アナルをヒクつかせて妹が派手に喘ぐ。
「ああ~ん!凄いの~!さっきと違うところが擦れて気持ち良いー!」
「はぁ…はぁ…も、もう限界だ…また中に出すぞ!」
「良いよー!いっぱい出して!」
「ううっ!」
3回目の射精なのに信じられないくらい出た。
本当に金玉が空になってチンコも硬さを失くす。
マンコの圧力に負けて押し出される。
「もう出ないよ…」
「いっぱい出してくれたねお兄ちゃん」
「真奈は最初より元気になってないか?」
なんだか不公平だと思う。
でも笑顔で抱き付いてきて甘えてキスしてくる妹が可愛いくてどうでも良くなる。
「さっき責任取ってくれるって言ったよね?」
「言ったよ?信じられないか?」
「信じてるよ?でも本当に良いの?」
「良くなかったらこんな事しないよ」
「嬉しい!」
「だから真奈も俺以外の男と付き合うなよ?」
「お兄ちゃんが居れば良いもん!」
疲れたので風呂にも入らずに裸で抱き合ったまま寝た。

30+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR