エッチ体験談が12,000話を突破しました。

弟を雌調教

PR

兄さんから投稿頂いた「弟を雌調教」。

俺はI5、弟はI0才。
中性的な顔つきで気が弱く、華奢な身体つきの弟を溺愛してます。
弟も俺と一緒にいるのが大好きで、寝る時も風呂の時もご飯の時も離れない。

膝に乗せて後ろから抱き締めて頭を撫でられるのが大好きな弟を、いつからか性の対象として見るようになっていた。
「弟~、風呂入るぞ~」
「兄ちゃん僕も入る~」
「よしよし、今日も洗ってやるからな」
「兄ちゃんに洗ってもらうの大好き!」
着替えを持って脱衣場まで手を繋いで行く。
先ずは俺が服を脱ぎ、次に弟の服を脱がす。

「おっ!少しチンコ大きくなったな!」
「でも兄ちゃんの方が大きいよ」
「ちゃんと皮剥けるようになったか?」
「剥こうとすると痛いからまだ剥いてない」
「今日は兄ちゃんが手伝ってやるから頑張ろうな」
「優しくしてね?」
首を傾げて見上げる弟が可愛い過ぎて鼻血出そう。

洗い場に弟を立たせてシャワーで軽く流し、全身を洗ってやるついでにチンコを優しく扱く。
我慢汁が出始めたら少し強めに握って皮を剥いた。
「痛い~」
「最初は痛いんだよな、兄ちゃんが舐めてやるから我慢するんだぞ?」
「うん」
温めのお湯で泡を流し、弟の初剥きチンコを舐める。

「兄ちゃんの舌気持ち良い」
「そうか、じゃあこれはどうかな?」
チンコを全部咥えてみる。
「あっ、兄ちゃんが僕のチンコ食べちゃった」
「ひもひひひは?」
「チンコ食べながら喋らないで~」
「気持ち良いか?」
「チンコがムズムズする」
「剥いたばかりだからかな?」
「もう一回兄ちゃんの口に入れたい」
「おう!精子出したかったら出して良いからな?」
もう一度弟のチンコを咥えて舌で先っぽを舐める。

「あああ…凄いよ兄ちゃん…僕精子出そう」
痛みが紛れてくれたみたいで、可愛い顔で感じてくれてる。
「兄ちゃんもう出ちゃう!」
竿を扱きつつ亀頭を唇と舌で重点的に攻める。
「ああっ!」
可愛い顔して俺の頭を押さえて腰を突き出し、喉に精子を出す弟。
咽せないように気を付けて弟の精子を受け止める。

「ごめんね兄ちゃん!口に精子出しちゃった!」
「ん、ほら見てみろ…こんなに出たぞ?」
口を開けて自分が出した精子を見せてやる。
「兄ちゃんの口に僕の精子が…」
「これをこうして…ゴクッ…ほら、飲んじゃった」
「ああっ!飲んで平気なの?」
「平気だぞ?お前も兄ちゃんのチンコしゃぶってくれないか?」
「兄ちゃんの大きいから全部入らないかも…」
「無理して全部咥えなくても良いから」
「うん…やってみる」
手本を見せた甲斐があった。

恐る恐るって感じに弟が俺のチンコを咥える。
夢にまでみた弟のフェラチオだ。
「上手いぞ、その調子だ」
褒められて弟から緊張が抜けて動きぐ滑らかになった。
「吸いながら舌でチンコ舐めてくれ」
バキューム効かせて咥えながら舐めてもらったら気持ち良すぎた。
「あ~、兄ちゃんもう精子出そうだ…そのまま口に出すからな」
弟がコクリと頷いたので、一気に精子を放出した。

「んん!」
勢い良く出たから弟は驚いた様子だったが、しっかり咥えたまま受け止めてくれた。
「ふ~、気持ち良くてたくさん出たよ、ありがとうな」
「兄ちゃん兄ちゃん、ほらこんなにたくさん」
口を開けて見せてくれた。
口の中が精子でタプタプになってる。
俺がしたように弟もゴクリと飲み込んだ。
「えへっ、兄ちゃんの精子飲んじゃった」
「良い子だな、大好きだぞ」
「僕も兄ちゃん大好き!」
「ちょっと寝てくれるか?」
「何するの?」
「もっと気持ち良いことしてやるよ」

気持ち良いと聞いてウキウキで洗い場に寝る弟。
「お尻の穴あるだろ?今から兄ちゃんが其処を気持ち良くしてやるからな」
「汚いよ」
「洗ったから汚くないぞ」
弟のアナルを指の腹で優しくなでる。
「ん…」
女の子みたいな声を出して反応する。
「可愛いなぁ」
指の腹でクニクニと解し、顔を近付けて舐める。

「あっ…だめ…恥ずかしい…いやぁん」
「何がダメなんだ?気持ち良さそうに反応してるじゃないか」
「兄ちゃん、僕…お尻の穴舐められて変なのぉ…気持ち良くてまた精子出そう…」
「イッても良いぞ、もっとお前の可愛い所見せてくれ」
唾液でヌルヌルになったアナルに指を一本入れた。
中で指を動かすとチンコがピクリと反応して女の子のような声を出してよがり始める。
「ああ~ん、兄ちゃんダメぇ~」
「そんな可愛い声出してダメとか言っても説得力ないぞ?」
クネクネと腰をクネらせて喘ぐ弟はチンコの付いた女の子にしか見えない。

前立腺を刺激するように指を出し入れしてやったら、チンコに触れてもいないのに射精してた。
「ああっ!兄ちゃん!僕また精子出ちゃった」
「気持ち良かったろ?」
「はぁぁん…凄い気持ち良かった…」
「まだ終わりじゃないからな?」
ビクビクと精子を吐き出し続けるチンコをフェラチオしながら更にアナルを攻める。
「あ~っ!あ~っ!おかしくなっちゃう~!」
ここで女の子の喜びを身体に教え込むつもりで徹底的にやった。

何度も壊れた蛇口みたいに精子を吐き出し続け、だらしなく涎を垂らしてグッタリする弟。
アナルも完全に解れて閉じたり開いたりしてる。
「すっかりお尻の穴も準備出来たな」
「に…兄ちゃん…」
「そのまま力を抜いて寝てて良いからな」
「何するの…?」
「今からお前のお尻の穴に兄ちゃんのチンコ入れて気持ち良くしてやる」
俺ももう我慢汁ダラダラで、弟を犯したくてしょうがなくなってる。

弟の足を開いて間に座り、アナルにチンコの先を擦り付けて我慢汁を塗る。
「あぅん…兄ちゃんのチンコ…僕のお尻の穴に擦れてる…」
「入れるぞ」
グイッと腰を突き出してチンコの先をアナルに押し込んだ。
「あぅっ!」
「どうだ?今先っぽぐ入ったぞ」
「キツいよぉ…兄ちゃんのチンコ太くてお尻の穴広がっちゃう」
「痛くはないな?」
「それは平気だけど…」
「じゃあ最後まで入れるからな」
ズブズブと弟の中にチンコを埋めていく。
「ああっ!あぁぁ~!」
「ほら、兄ちゃんのチンコ全部入ったぞ」
「兄ちゃぁん…僕お尻の穴にチンコ入れられて気持ち良いのぉ…変かなぁ…」

「それは変じゃないから安心しろ、兄ちゃんもお前のお尻の穴にチンコ入れる事出来て嬉しいし気持ち良いぞ」
「兄ちゃん…」
弟の身体を抱き起こして膝に乗せ、ギュッと抱き締めてキスをした。
弟も俺に抱き付いてキスを受け入れてくれる。
舌を入れて絡めると、弟も拙い動きで絡め返してくれた。
キスしながら腰を振りアナルを突き上げる。
優しく短めのストロークで直腸を何度もチンコで擦る。
「はぅん…兄ちゃ…兄ちゃ…好き!大好き!もっとして!」

「俺も大好きだ、お前は兄ちゃんだけの物だからな!誰にも渡さないからな!」
「うん…僕兄ちゃんだけの物だよ!」
慣れたみたいだからストロークを大きくしてアナルを突く。
かなり大きい喘ぎ声を出すからキスで口を塞いだ。
痛いくらい力を込めて抱き付いてくる弟を俺もしっかり抱き締めてアナルに中出しした。
「はぁぁん…兄ちゃんの精子が、僕の中に入ってくるぅ…」
「お前も精子出ちゃったな、兄ちゃんのお腹に温かいのが掛かってヌルヌルだ」
「だって気持ち良いんだもん…」
「これから毎日してあげるからな」
「寝る時もして欲しいな…」
「寝る時も風呂の時もいつでもしてやるよ」
チンコを抜いてもう一度身体を洗って風呂を出る。
少し遅くなったけど両親に怪しまれなかったから良かった。
部屋に戻ってまた弟を抱き締めてキスをする。
唇を離すと弟が自分から俺のズボンを脱がしてチンコをしゃぶる。
「あんまり激しくされるとお尻の穴に出す前に口に出しちゃいそうだ」
「あん…まだ出しちゃダメぇ…僕のお尻の穴に精子ちょうだい」
「じゃあパジャマ脱いで布団に入ろう」
「えへ…嬉しいなぁ~」
喜ぶ弟を見ながら俺もパジャマを脱いで裸で弟と抱き合って布団に入る。
少し精子が溢れてるアナルに唾液まみれのチンコを挿入。
中の精子がチンコに絡んで滑りが良くなってる。
激しく腰を振っても弟は痛がる様子が無いので、思うままに腰を振ってみた。
男同士の正常位も大好きな可愛い弟とだから興奮する。
お腹にチンコが擦れるのも面白い。
大好きホールドでしがみ付く弟とキスしながら中出しをした。
中出しされた弟も1テンポ遅れて射精して、また俺と弟のお腹が精子でドロドロになる。
次は体位を変えようとしたら弟がしがみ付いて離れない。
「離れちゃ嫌ぁ…もっとギュッとしてキスして…」
「甘えん坊さんだな、次は違う体位でしようと思っただけだよ」
「僕兄ちゃんにギュッとされてる方が良い」
仕方ないから俺が下になって弟を上にして抱き締めながら下から突き上げる。
「これはどうだ?」
「さっきと違う所が擦れて気持ち良いよ兄ちゃん」
弟も気に入ってくれたから良かった。
弟はずっとキスで舌を絡めてくる。
今度は弟が先に射精して、俺が少し遅れて射精した。
風呂から数えて3回目の射精だけど、まだまだチンコが萎える気配が無い。
「なあ、まだ兄ちゃんのチンコ硬いままなんだけど、もっとしても良いか?」
「僕のお尻の穴の中で硬いの分かるよ、いっぱい僕の中に出して」
もう一度正常位に戻って腰を振る。
本当に抱き締められるのとキスが大好きな弟だ。
首筋と鎖骨の少し下にキスマークを付けてやった。
俺も胸元と首筋に沢山のキスマークをつけられた。
4回目の射精も中出し。
弟は出る物が無くなったみたいで潮吹いてた。
男でも潮吹くって初めて知ったよ。
少し疲れたからチンコ抜こうとしたら拒否られた。
「抜かないで…お願い…もっと兄ちゃんと繋がってたいの…」
女の子より可愛いんじゃないか?俺の弟は。
可愛いお願いされたから、繋がったままイチャイチャして休憩。
「なあ、次はお前が上に乗って腰を振ってもらえないか?」
「え~、ギュッとして欲しいよ~」
「少しだけでも良いから」
「あとでいっぱいギュッとしてくれる?」
「うん、朝までギュッとしててあげるから」
渋々だけど騎乗位をしてくれる事になった。
俺に跨って一生懸命に腰を振ってくれる。
お互いにお腹が潮と精子で凄い事になってる。
間に挟まれてた弟のチンコもドロドロだ。
そっと握って軽く扱いてやる。
「ああん…兄ちゃんそれ良い」
「お尻の穴とチンコ両方気持ち良いだろ?」
「また僕イッちゃうよぉ」
「兄ちゃんもイクからお前もイケ」
「ああ~ん!出るぅ!」
プシューっと潮を撒き散らす。
俺の顔にまで潮が飛んできた。
「凄い潮吹いたな」
「はぁぁ…僕もう腰抜けそう…ガクガクだよぉ…」
倒れ込んだ弟を抱き締めて中出しをした。
まだ萎えないチンコを入れたまま舌を絡め合う。
「このまま寝ようか?」
「うん…チンコ抜かないでね?」
「自然と抜けちゃったらごめんな?兄ちゃんからは抜かないから安心しろ」
「大好きだよ兄ちゃん…おやすみ…」
「おやすみ、大好きだよ」

5+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR