エッチ体験談が12,000話を突破しました。

伊藤麻衣子激似の還暦おばさまと肛門さまのチェックを行う

PR

エッチなblogの管理人さんから投稿頂いた「伊藤麻衣子激似の還暦おばさまと肛門さまのチェックを行う」。

お互いに既婚者で、同じ60歳だけど、とても愛らしく可愛い女友達が居る。
エッチはしたことない。四年前にチューを迫ったら断られた、でもお互いに相思相愛とでも言う仲の良さは変わらない。
身長は150cmあるかないかの凄く小柄でキャシャな身体付きだが、高校の頃からバレーボールで鍛えた丈夫な身体で、今でも現役のママさんバレーの選手である。

小柄なので、やはりセッターらしいよ(笑)
20年くらい前から旦那とはレスで、もうエッチは興味ないと断言する女。
でもここ1年は俺の下ネタジョークを上手く返すようになり、飲みに行くと会話が楽しい。
先日飲み会の前の日に彼女がアイスを沢山食べすぎて、お腹がヤバイ日があった。

待ち合わせする前にLINEで、彼女が「電車の中でしたくなったらどうしよう」とおどけて言ってきた。
俺は、漏れそうな時は俺の指で栓してあげるから、と言うとよろしく、という意味のスタンプが返信された。
彼女はタレントの伊藤麻衣子そっくりで背丈も髪型もほだくり。
Facebookの顔認証で、彼女の写真を伊藤麻衣子と認識してしまう程。
60歳だけど、見た目45歳位に見える。
その日の飲み会終わりに、お互いに帰宅中のLINEで、彼女から「今度漏れそうな時は栓してもらうわ」と(笑)マーク加えて言ってきた。
俺からは、Y恵のアナルなら汚くないから幾らでも栓してあげるよ。と返事をした。
それを言ってて、想像しただけでもエレクトしてきて、オナニーのネタには十分であった。

コロナ自粛が開けた時、彼女を呑みに誘った。
普段はお酒は殆ど飲まない彼女だが、誕生日のお祝いも上げ、しばらく仕事が入っていない解放感からか、「今日は呑もうかな?」と甘いお酒を口にした。
途端に彼女は酔いだし、可愛いお顔はピンク色に染まって来た。
エロジョークもいつもよりもきつめで、俺が周りを気にするくらい、お下劣なコメントをし出した。
「今日のY恵はすごくエロくて可愛いわ~とても還暦とは思えないわ」
「いやー酔っ払ったわ~私、帰れるだろうか?」
「だったら、酔い覚めるまで、どっかで休憩していくか?大丈夫!何もしないカラ~」と笑って言うと
「アブナイ、アブナイ、あ、どうせ、もう起たないよね~~アハハ」と小ばかにしてきた。
確かに酔うと、起たなくなるのは事実だけどね。。でも、ここで引き下がったら男の恥
「いくら飲んでも、起つよ~~~。Y恵が相手ならね~~好きだし」とかましてみた。
「マタマタ~~旨い事言っちゃって!」
ここで同意を求めなくても、外に出て強引に連れ込む事は可能かどうか、酔った頭で高速で計算した。
「よい!じゃあもう1軒行こう!沖縄の雰囲気漂う飲み屋さんあるからそこ行こう」
「へー、いいね」
と、連れ出した。
2人共かなり酔っていたので、思い切って、腰に手を回してみた。
Y恵はナニも言わず、歩いてた。
繁華街の中のホテルの前に来ると、「ここだよ」と言って自動ドアを入る
最初は普通のホテルのロビーかと彼女は思ったが「え?ここ、やばいっしょ」と気付いたようだ。
「少し酔いを覚ますだけだから」
「そそ、そうだね、酔い覚ましね」
理由があれば、自分自身で言い訳出来るのが女である。
部屋に入り、彼女はしばらくぶりのラブホの部屋に興味深々で、お風呂やトイレを探索
ここの部屋のトイレが、マジックミラーで部屋から見えるのを発見した彼女は「わ~やっらしい」と話笑い、俺が後ろから抱き寄せながら「さて~、ここでY恵のお尻に栓をする約束を果たしてもらおうかな~」と言う。
「うっそー、マジに?(笑)」
あれ?さほど嫌がっていない様子、なので、一気にたたみかけた。
「Y恵は奥さんとしての貞操を守りたいだろうから、今日は、後ろの穴を貰うよ」
「えーー。本気なの?恥ずかしいでしょ、嫌ヨ」
俺は電気を暗くして、ギリギリ彼女の姿が解るくらいにした。
「これで大丈夫でしょ。ほとんど見えてないし」本当はしっかり見えてるが、彼女には見えてないアピールをして安心させた。
彼女の服を剥ぎ取っていくと「いやー、やっぱり無理だって~、ムリムリ」
俺は無言で、服もブラも取り、ジーンズも脱がし、パンティを強引に引き抜く
「やだやだやだやだ」と抵抗するものの、俺が抱きしめて、唇を奪うと、大人しく舌を受け入れた。
身体は、かなりの細身、体重は40キロちょっとらしいので、胸は小さいが、ヒップはそれなりの大きさをしており、さすが子供3人を生んだ身体という感じだ。
69になり、彼女は俺のおちんぽを「じゅぼじゅぼ」吸い、俺は彼女のヴァギナを指と舌で攻め立てる。
「ンゴゴ・・。ん~~ウゴゴ」咥えながらの喘ぐ声がとてもいやらしく、美しい。
ヴァギナが程よく濡れてきたら、その濡れた液を、可愛い肛門さまに塗り付け、御開帳にはいった。
最初は、小指を第一関節迄挿入。
彼女はおちんぽから口を離しアナル挿入の快感に慕っている。
「う、ううう~~。。。」小指で早くも感じた反応。
「ねぇ。もしかして、アナル処女?」と聞くと「そうなの。。。。」小さくツブヤク。
今度は、人差し指を挿入「うう、ンンン~~、気持ちいいかも」
もうアナルの快感を感じてくれている。
酔ってたら、あまり起たないハズの私のおちんぽも、肛門さまを拝見し、結構な元気になってきた。
ゴムなしで、そっと亀頭を肛門さまに当てがった。
入口がギュッと締まっていて、最初は押し込めなかったが、何度かピストンをクリかえすと、徐々に奥に「ヌプヌプ」と。おちんぽは。肛門さまに飲まれていった。
アナルの中は空洞の感じ、入口の締め付けで快感がかなり押し寄せる
ピストンを開始すると、Y恵も「アン?アン♪アン~?」とリズミカルに喘ぎだし、そのうち「あ、、、、あ、、、逝くかも~~~、あーーーあーーー、イック~~」身体ががくがくがく、と震えて、逝ってしまった。
オレも、ラストスパートで、「おおおおーー、いきそーーー、でるーー、でるでるでるーーー。あーーー!!!」と叫びながら、Y恵のアナル深くに精子を射精した。
おちんぽを抜くと、全然うんちなどは着いて居らず「ねぇ、汚いのついてない?」と心配に聴くY恵には「大丈夫だって、かりについてても、Y恵のうんちなら汚くないさ」と言ってやった。

6+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR