最近サーバの調子が悪くてすみません。リニューアルしました。

私の性遍歴3

舞さんから投稿頂いた「私の性遍歴3」。

前回の続きです。

上級生達はその後も何回も私を呼び出しました。
その度にオナニーを見せました。

男子トイレや部室、いつもの踊り場、あの公園のトイレなどいろいろなところで見せました。

だんだん上級生達からの要求がエスカレートして全裸でとか言われましたが無理な事は断りましたが下着を脱いでアソコを見せながらとか、制服の上から胸を自分で揉みながらオナニーはしました。

そんな期間が2、3か月続いて冬休みに入りました。

私は暇だったのでブックオフに行きました。そこで上級生の1人に会いました。

「〇〇~笑笑」

「…こんにちは」

「〇〇は何しに来たの?」

「私はマンガを見に来たんですよ」

「何を?」

「△△の〇巻からです」

「あーあれね笑」

「前あったんですけど…売れちゃってました。」

「俺もってるよそれ笑」

「ホントですか?」

「貸してやろうか?笑」

「はい。お願いします」

私は上級生について行きました。

10分ほど歩いたところでした。

「入れよ」

「お邪魔します…」

「あー誰もいないからさ笑笑」

「そうなんですか…」

上級生の部屋に行きました。

「これだろ?」

本棚には私が読みたかったマンガがありました。

「借りていきますね」

私が本棚からマンガを取ろうとしたら

「時間まだある?」

上級生に聞かれて

「ありますけど…」

「じゃあコレ一緒に見ようぜ笑笑」

そう言って私をテレビの前に座らせDVDを再生しました。

私はAVを見るのが初めてでした。

「おっぱい〇〇よりでかいな笑笑」

上級生はそんな事を言って笑いながら見ていました。

二、三十分くらいして

「どう?興奮する?」

そう私に聞いてきました。

「…はい」

「興味あるか?」

私はそう聞かれて小さくうなずきました。

「したことは?」

「ないですけど…ありますか?…」

「あるわけないじゃん笑笑」

「そうなんですか…」

「なんだよ。童貞じゃ嫌なのか?」

「いえ…私もわからないですし…」

「とりあえずAVと同じことしてみようぜ笑笑」

私は返事に困っていました。

「じゃあ脱げよ笑笑」

「えっと…」

私は断る理由を考えました…

「なんだよ。早くしろよ」

「あの…親さんは…」

「夜まで帰ってこないって」

そう言って私に抱きついてきました。

「ダメですよ…」

私は抵抗しました…

ピンポーン

不意にインターホンが鳴りました。

上級生はめんどくさそうに受話器をとりました。

「あー、今忙しいんだよー」

しどろもどろに対応していました。

「しかたないなー」

そう言いながら玄関の方に行きました。

「お邪魔しまーす!」

他の2人が遊びに来たみたいでした。

「あー!笑笑」

「なんだよー笑笑独り占めかよー笑笑」

私を見て2人は状況を察したみたいでした。

「もうやった後?笑笑」

「ちげーよ!これからだよ!」

「ホントに?笑笑」

「なあ〇〇笑笑やった?笑笑」

私は首を横に振りました。

「そうなんだ笑〇〇は処女?笑」

私はうなずきました。

「〇〇ー笑じゃあ順番決めなよ」

「…順番?」

「そうそう順番笑誰からやられたい?笑」

「決められないです…」

「なんだそれ」

「じゃあみんなでするわ笑」

そう言うと私の服を脱がそうとしました。
他の2人も加わってすぐに全裸にされました。
そして身体中を見られ、匂いを嗅がれたり触られたりしました。

そして3人はズボンと下着を脱ぎ、1人ずつ私にフェラチオを強要しました。
初めて握ったペニスは固くて熱くて…そして臭かったのを覚えています。
ぎこちなくペニスをしごきながら咥えたのですが歯が当たって上手くできませんでした。

そのあとは入れ替わり立ち代わり私に挿入しました。

「痛いです…」

私はそれしか言えませんでした。

3人は自分達が満足すると私に帰るように言いました。

私は服を着てマンガを借りて上級生の家を出ました。

歩いている間ずっと下腹部に違和感を感じていました。

自宅に着き部屋に駆け上がって姿見の前に立ちました。

そこには普段の私がいました。

そして服を脱いで下着姿になりました。

乳房や背中、首筋や内股にキスマークがついていました。

自分の下腹部から臭い匂いがしていたのでショーツを脱ぎました。

べっとりと白い液体と処女膜が破れた時に出た血がついていました。

私は姿見を倒して脚を開いて姿見の上にしゃがみました。

膣の入り口の周りに何箇所かのかさぶたが写っていました。

そして私の中から白い液体が垂れました。

やっぱり中に出されてたんだ…

3人の男子に代わる代わる出された自分を想像したら興奮してそのままオナニーをしました。

挿入されてイクことはなかったのですがオナニーをして満足しました。

手についた精子を舐めてみました…苦くて不味かったのを覚えています。

それからは週一くらいの頻度で相手をさせられていました。

三人相手、二人相手、個々に…

三月に入ってすぐ妊娠がわかりました。

授業中に気分が悪くなり保健室へ…

それから母親が迎えに来て産婦人科に。

私は全てを話ました。

中3になり両親に連れられ精神科病院を受診しました。
しばらくしてADHDと診断され性依存性の可能性があると低容量ピルも処方されました。

7 COMMENTS

オナホ至上主義

舞さんはどんな感じの人ですか?身長とかカップとか気になります。

返信する

コメントを残す