エッチ体験談 12,000話 突破!!

妻の出産時にオカズに見たAVのモデルがまさかの妻!

焦る夫さんから投稿頂いた「妻の出産時にオカズに見たAVのモデルがまさかの妻!」。

結婚3年目、30歳の会社員です。
27歳の妻は現在出産を控えて実家の近所の産院に入院中なので、ネットでAVのチャプターや無料動画を見て処理しています。
熟女物からロリ物まで、気分によって色々楽しんでいると「彼氏に頼まれてAVに出演した花屋の店員さん」という触れ込みにゾクッと来て思わずクリックしたら、画面には何と妻が出てきたではないですか!

”花屋で働くおねえさんは化粧っ気ないナチュラル美人 彼氏の命令で仕方なく出演したが何度もイカされトロトロセックスをしてしまう!”
の紹介文の下ではDVDのケースの写真があって、もう、どこから見ても妻にしか見えませんでした。

私と妻の出会いは5年前、妻は書店の店員で、黒髪のショートヘアと化粧っ気がなくほぼスッピンに近い素朴な感じが好印象でした。
顔立ちは23歳にしてはどことなく幼く、際立った美人ではなく地味で朴訥とした可愛さか私好みで、思わずアプローチをしたのです。
妻は、穢れを知らない無垢な印象でしたが、処女ではありませんでした。
身体は華奢で、幼さを感じる無垢顔と相まって、裸にするとまるで女子中学生見たいでそそりました。
愛撫に漏らす吐息は大人の女で、オマンコは綺麗なピンクでしたが、ちょっとクンニしただけで無垢な清純顔に似合わないほど愛液をダラダラ溢れさせていました。
フェラは唾をジュルジュルさせるエロい咥え方で、セックスもかなりの喘ぎようでした。
今までの元カノは、オマンコの中の感じる場所を特定するのに結構な回数を要しましたが、とにかく敏感に感じる妻の場合、初めてのセックスで感じる場所が特定できました。
だから、初めて妻を抱いた時から、妻はもんどり打ってヨガリまくっていました。

私は、普段は可愛らしく清楚系の妻が、セックスする時にスケベに豹変するギャップを大いに感じました。
「感じやすいんだね。」
「私・・・前の彼氏にはそれでフラれたんです・・・」
少しずつ妻の過去を紐解いてみると、どうやら、20歳の処女を捧げた初彼との初体験は無理やり犯されたに近い強引なセックスだったようなのです。
それがトラウマとなってセックスを嫌悪する方に向かったのではなく、その初彼に上手に調教されて、犯されて感じるMっ気を開花させられたようなのです。
その初彼は7歳も年上で、交際1年で転勤して妻の元を去ってしまったそうです。

そんな妻を生理的に受け入れられなかった前彼は、妻を「穢れた変態」呼ばわりして、妻はかなり傷ついたようでしたが、私は、普段は可愛らしくて清楚なのに、実はスキモノの妻がたならなく好きになりました。
「内に秘めたMっ気は、俺の前でだけは遠慮なく開放していいよ。俺は、君がマゾ快楽を心置きなく楽しめるお手伝いを喜んでするよ。穢れているなんて全く思わないよ。」
と言ったら、妻はポロポロ涙を流して抱き付いてきました。
妻は素朴で大人しくて、清楚系の可愛らしい外見ですが、セックスは本能の赴くままにヨガりまくり、生々しく感じるそのギャップが最高なのです。
その姿は、夫である私だけが愉しめる姿なのです。

ネットで行きついたAVの女性は、鈴○理子さんと言う名前でした。
見た目は妻に瓜二つで、化粧っ気がなくほぼスッピンで素朴な感じでした。
AV出演の理由が”ずっと願望があった「激しく、むちゃくちゃに犯してほしい」という性的衝動”とあり、更に妻ではないかと疑ってしまいました。
年齢は28歳とあり、妊娠前の妻とは年齢が違いますが、それが実年齢とは限りません。
無料で見られる短い紹介動画をクリックすると・・・細すぎるくらいのスレンダー貧乳体型で、顔は妻ソックリでも明らかに別人でした。
ホッと胸をなでおろしつつ、妻でないと分かると、なんとも身近にいそうな女性の痴態に興奮しました。

鈴木○子さんのスペックがありましたが、(妻の結婚式一ヶ月前のスペック)と比較しても別人でした。
身長 155cm(妻161cm)
スリーサイズ B83cm(妻84cm)、W55cm(妻59cm)、H88cm(妻87cm)
○木理子さんはとにかく細いです。
妻もロリ体形ですが、あそこまで細くありません。
でも、マゾっ気のあるところはソックリで、ネットにある動画とチャプターだけで、鈴木理○さんで数回抜きました。
お世話になりました。

2 COMMENTS

サイトウ

良かったね奥さんじゃ無くてね❗️、でも、AVに出演してたのが奥さんだったら❓️旦那さんは同思ったのかな❓️。これからも奥さんを大切にして仲良く幸せに暮らしてほしいですね❤️。

返信する
井島

ウチの35歳の嫁もロリ顔。
10年前、七海ななっていうAV女優に間違えられたよ。

返信する

コメントを残す