エッチ体験談 12,000話 突破!!

野原での奇妙な夜(レズ同士 女Ⅹ女)

芳さんから投稿頂いた「野原での奇妙な夜(レズ同士 女Ⅹ女)」。

大学時代では、レズである私はレズ同士の4歳上の級任と熱烈な恋愛に浸かってきた。性愛が大好きであるわが二人は、時間があったら共同に性愛のスイートを味わってくれたのだ。寮に、学校の後山に、お風呂に、洗面所に、彼女の事務室に、バスさえに……、二人の性愛のメモリーが残されてくれた。

しかしそれは全部、一年前のある一回の経歴が比べていない。回想するならば、今までも大興奮になれるわね!
あの日は休みの日だった。雨が朝から降れる一方から、寮で滞在しなければならない。小説を読んだり絵を描いたりして、すぐにつまらなくなった。特に、莉ちゃん(級任の名前)を思うとき、おマンコが痒くなった。どんなに莉ちゃんに見たいだな!

午後五時ごろ、ついに雨が止めた。すぐにWeChatで莉ちゃんと連絡した。「ねえ、莉ちゃんが何してる?芳ちゃん(私の名前)が姉ちゃんを思っているよ。」
莉 「そして私もね。あのう、空気が新鮮極みだったから、面白いところへ行きたい?」
私 「えっ?何のところだ?」
莉 「行ってみれば知れる。さあ、すぐ来たわ。またあとで。姉ちゃんに待ってね。」
一番好きな黄色いドレスを着て、私は寮の門外で莉ちゃんに待ってきた。あと六分で、莉ちゃんのトヨタカローラがついに到着した。

「待たせてごめんね芳ちゃん~~さあ、いこうわ~~」
今日の莉ちゃんが大変素敵わね!真っ赤なランニングシャツとショットスカートを着て、完美な姿を引き立てくれたのだ。あの2個の35Dのスイミツモモが、シャツにはちきれるようだわ!すぐさまあのスイミツモモを食べてくれると思っていたね。「うふっ、何見るの芳ちゃん?わかるよ。じゃあ、到着したら食べ放題わ~~」

途中で、ほとんど莉ちゃんのスイミツモモを見たばかりであった。莉ちゃんも私を食べたいようで、ときどき私に見た。「芳ちゃんも素敵わね~~ねえ、莉をこのままで見たらちょっと恥ずかしいわよ~~」
一時間後、わが二人が到着した。学校から45キロのある湖だった。三十年前の漁場だったが、今はもう公園になった。この時、夜がもう来て、星々が満天にかかった。

新鮮な空気が肺に入り込んで、二人が手を繋いで草茂る野原で歩き、心地よいだわね!野原の真ん中には、二人が服を脱ぎつつあて、突然に、「ほら、南に見てね~~」と、意地悪な笑いに掛った莉ちゃん。
南に見てみて、ありゃ、服を全部脱ぎ棄てて抱きしめてくれたあの一人のお嬢ちゃんとあの一人の40代あたりの熟女がいる!あの二人は我を忘れてキスし、嬢ちゃんが熟女の手をつかめて自分の乳房に置いた。「義姉様……義妹のオッパイ、好きね?」熟女が嬢ちゃんをキスしたりオッパイを揉んだりして、だんだん嬢ちゃんが興奮になった様子であった。「妹ちゃん……君のオッパイ、美しい……」義姉が。そして、義姉は義妹のチをモグモグ食べて、「いいわ~~義姉様、妹がじくじくする……」嬢ちゃんが。義姉は義妹の体を舌で少しずつ舐めて、頸に、チに、下腹部に……のんびりの動作をかけて、ついに義妹のマンコに到達した。「あ~~~~あ~~~~」義妹がこの時完全に大興奮に落ちた。義姉が時にマメを舐め、時にハナビラを払って、「あ~~~~!あ~~~~!」嬢ちゃんは、我慢できないようだね。「義姉様……入ってよ、妹の中に……」
私は莉ちゃんにもたれかかって、二人はこの見事な芝居に興味津々で見ていた。ふと目に見えて、あの二人は横になり、義姉は義妹を右手で抱き、左手の指が義妹のマンコに押し詰めってくれたのだ。「あ~~~~!」指がマンコに刺し込んだ間には、義妹が大きい声で叫んだ。指が膣内に速く進出し、「まあまあ、妹ちゃんは裏で濡れ込んだよね~~~」。義妹が虫のようでうごめいて、思い切り義姉の動きを迎えてくれた。このままでは20分を過ごして、「ああああああああ!」と、義妹が高潮に達してふうふういった。この時、私と莉ちゃんは沸き立ちに見て、もう少しでその場でやり起こった。
しかしあの二人がまだ終わらないんだ。少し休憩した後、見事な芝居がまたに開始した。彼女たちはマンコがもたれかかり、交叉位を採った。「あ~~~~!」「あ~~~~!」「義姉様……気持ち、いいわ……」「妹ちゃん……姉が、そのままではよかった……」15分間に纏い付いて、ついに姉妹が一斉に高潮を達した。
両度にエロいシーンが見た莉ちゃんが、少しも待てないようだね。二人は服を脱ぎ棄てて、たまらないんでやってくれた。思い切り莉ちゃんのスイミツモモを食べたり、莉ちゃんの柔らかな指が自分の膣内での動きを感じたりして、「あ~~~~!」「あ~~~~!」二人の叫び声が野原の上空で鳴り響いた。ついに、私たちは同時に高潮したで、立派な性愛をやった。
「ウフフ……」
びっくり仰天したわが二人。いやだよな、誰が私たちにこっそり見たの!が、その声が先ほどのお嬢ちゃんの声だ。もう一度見れば、やはりだ!あのお嬢ちゃんが彼女の義姉にもたれかかて、二人が興味津々で私たちに見ていた。「おい!あの小僧め、なぜこっそりにわれに見る?」と、ちょっと怒ったのだ私は。
「ウフフ……ね~え、先ほど私たちにこっそり見たのは、チャラにな~~った~~わ~~ね~~」
「いやだよ、貴様!」そして、「女子レスリンク」が起こった。本当に怒らないから、私たちは全力を出さない。柔らかな体だな!その嬢ちゃんが。だんだんその「敵」に好きになった。
「まあまあ、同好者だから、喧嘩するなんてやめよわね~~」私たちは顔が真っ赤になった時、嬢ちゃんの義姉が。「みんなが女の子同士で、こっそり見るなんては大丈夫だよな~~」
「ふう!あの小僧。」私は。
「ふう!いやな女め。」嬢ちゃんは。
「まあまあ、雨降って地固まるわね~~車のトランクが串焼きとビールいっぱいあるわね、妹たちが一緒に?」嬢ちゃんの義姉がニコニコ笑って言って。
服を着て、わが四人がいただいた。女の子が奇妙な生き物だな、集まってくれたらペラペラしてきた。あの嬢ちゃんが花、彼女の義姉が萍と申す。花ちゃんが28歳で、萍ちゃんが41歳。私たちは串焼きを食べたり、ビールを飲んだりして、いろいろな話題を話した。萍ちゃんの夫、すなわち花ちゃんの兄が別の都市で働き、一年に何回も戻らない。花ちゃんが離縁したからには、義姉と同居した。相互依存の姉妹二人が、だんだん恋人のようで暮らしていた。そして、エッチも自然に発生した。
「ごめんなさいね、花ちゃん。君に怒ってくれるべきがない。」私は。
「大丈夫よ芳ちゃん。私ならその間では怒るかもしれないね。さあ、チェス!」花ちゃんが。
二時間を経って、わが四人が皆でうっかりしてしまった。「体が炎上したようだな~~先ほどに遊び飽きるわ。花ちゃん、萍ちゃん……わが女の子四人が、一緒に遊ぼう?」莉ちゃんが。あのやつは先ほど、満足しないようだね。
「ウフフ……莉ちゃんも淫らな女子だよね~~確かに満足しない。こっそり見る人がいるから。ほら、じくじくしてしまったよね~~ウフフ……」花ちゃんが話しながら莉ちゃんのマンコに触れた。
「あのやつ!」莉ちゃんが、「あたしに会ったなら起きられないようにせよ!」
「やってみたいならやってみろ!あたしは負けないわ。」花ちゃんが。
別の話がないで、莉ちゃんと花ちゃんがすぐに服を脱いだ。そして、二本の欲望満々の肉体が纏い付いてしまった。キスでは勝負なし、乳房で交戦した。花ちゃんも丸いスイミツモモがあり、莉ちゃんと大体当たるサイズがある!スイミツモモが激戦するあたりは、足も力比べをしていた。二人が現在大興奮に落ちいたから、動きも粗っぽくなった。「うむ~~あ~~姉貴、よくなったわね~~」ついに一番見事な時、マンコ対マンコ。彼女たちは直接に交叉位を採って、ハナビラが全力に相手のハナビラを噛み込んだ。そして、2個のマメも互いに挑発してくれた。「あ~~~~!あ~~~~!あ~~~~!このまま、このままいかせてください!」淫らな声が鳴り響いて、陶酔した表情をかかってきた。「ああああああああ!」突然に、莉ちゃんが甲高い声で叫び、愛液がいっぱい出てしまった。彼女が高潮になった。
「ウフフ……今度が私の勝ちよ。」花ちゃんが。「ねえ、莉ちゃん、私に助けてくれるわ。負け者に加える罰だよね~~」そして、莉ちゃんが舌で花ちゃんのマンコを舐めて、すぐに花ちゃんも高潮を達した。
「私たちもやるわ~~」と、まだ準備しない間には、私は萍ちゃんから押し倒された。萍ちゃんが豊かな女から、私より力が強い。反抗する機会がなし、萍ちゃんの動きに任せた。あと20分で、私は高潮を達した。「罰」として、舌と指に萍ちゃんを愛撫して、彼女に高潮を到達させた。
そして莉ちゃん対萍ちゃん、私対花ちゃん。今度は、私と莉ちゃんがのんびりと相手との性愛を味わって、先回よりもっとうまい。四人が思い切りにやって、私は花ちゃんの体をうまく嘗めてくれた。それから、花ちゃんも私の体を。最後、わが四人が一斉に愛液を噴出してしまった。
この時は、もう11時になった。四人が服を着き、また一度串焼きを食べ、心地よいに帰った。
ここからはわが四人が親友になった。萍ちゃんが長姉、花ちゃんが次妹、莉ちゃんが三妹で、最も年下の私は末妹だ。普通の親友が一緒にやることが、よくやってくれた。当然、経常にセックスを味わったわね!

コメントを残す