エッチ体験談が12,000話を突破しました。

あれから・・隣さんと友人さんの3Pのあと

PR

Mさんから投稿頂いた「あれから・・」。

隣さんと友人さんの3Pをした後日、私は1人で電車に乗って、ブラブラするつもりでした。その時の私の下着は、乳首の見えるブラで下は、紐でスケスケのティーを履いてました。ミニのスカートです。私の背後に男性が来て始めは軽くお尻に当たる感じだったのですが、私が何もしないのでだんだん大胆になってきました。

私は下を向くだけで、痴漢さんは指をマンコに挿れて来て私は、おもわず腰を軽く突出してしまったのです。
痴漢さんはもう片方の手で、胸をその時に私の耳元で、この下着は痴漢されたいのと呟きます。

私は黙っていると乳首をコリコリしてマンコを刺激してきます。私のマンコはグチュグチュです。数分続きマンコから手が離れると下着を取らて、痴漢さんは下着を返して欲しいなら、次の駅で降りようかと聞くのです。

私は黙ってうなずくだけで、駅に着くなり手を引っ張られて誰もいない踊り場で、こんな下着でと二ヤ二ヤして私の胸とかマンコをイジりました。
私は隣さんに仕込まれたのか、すぐに潮を吹いて、逝ってしまいます。

痴漢さんは、早いなぁー今からこのデカチンが入るのになぁと言い私に見せて笑ってます。私はそのチンコ見たら本当にデカく太いのです。
その後は、フェラをするのですが、大きくて苦しくなって途中でやめてしまい、痴漢さんは、私の後ろから挿れてきて一気に子宮まで届いたのです。

私は、挿れられただけで逝きました。こんなのは始めで、ビリビリしてたら痴漢さんが挿れたら逝ったのかと言って変態だなの言葉で私はゾクゾクしてマンコを締めてました。
そしたら痴漢さんは、気持ちいいなぁと言って突いてきます。子宮に当たるのでそれまで感じた事ないくらい気持ちいいのです。

痴漢さんは子宮に精子を出されるのは、気持ちいいぞと言って、私のマンコの奥に届いているのにさらに、奥に突いて熱い精子を出したんです。
私は出された時に逝きました。今までになかったくらい一番長く精子を発射されました

私はいつ止まるのかと思ったぐらいに続きました。
痴漢さんは、出した後フェラをさせて、下着を持ったまま去りました。

私はその後、マンコから垂れた精子を手に取り舐め美味しいって独り言を言ってました。後はノーパンで、家に帰ってシャワーを浴びていつも通りの生活に。

10+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR