エッチ体験談 12,000話 突破!!

海辺の性愛、大好きだよね

花ちゃんさんから投稿頂いた「海辺の性愛、大好きだよね」。

それは私の大学時代のことですね。
私は当時大連で就学し、他の学部の1年上の先輩と付き合った。二年目こそ性愛の味を味わった。初めはホテルや民宿などだけでやり、だんだん味気なくなった。そして、一つのアイディアに思い出した。

今日は土曜日で休みの日だ。私たちは、市内の海へ水泳に行った。九月の大連は涼しいで、優しいサンシャインが平静の海面に照っていた。私はオレンジ色のビキニを着て、美妙な姿に伸ばしてきた。彼氏は私に引き付けられたようで、時々私の体に触れてくれるのだ。時が早く過ごして、満天の夕焼けが朗らかな青空に掛けてしまった。「ねえ、私はちょっと……あそこの岩に行きましょう?」私が。

あの岩の付近が何の人もない。私たちは海の水の中で立って、彼は後ろから私に抱きしめた。優しさにキスしたり私の体を愛撫したりして、だんだん二人が大興奮になった。彼は私のパンツを脱いで、後ろから勇壮な男性器が私の秘境に刺し込んでくれた。

水の力によって、二人がラジオ体操のように動いてきて、のんびりと性愛に楽しんでいた。私は目を閉めて、思い切りに彼からあげてくれたセックス的な歓楽を味わった。25分後、彼は私の膣内でいっぱい噴出して、一斉に高潮を達してしまった。一度成ったの後、二人は舌と舌か纏め付いて、甘い愛の味を味わっていった。
そして、もう一度試したいのだ。

今度はまた土曜日で、夜であった。同じ海辺へ行って、私たち以外の人がすでになくなった。静かな都市が灯火輝いていて、花の香りが吹き送られてくれてあちこち溢れてしまった。樹のひそひそ話すと海の潮音がこもごも入り交じって、点々の漁火がかすかに見えた。どんなロマンチックな夜だな!
別の話がない。私たちは服を全部脱いで、うまい性愛を開始した。

私たちはたがいに抱きしめて、舌が纏め付いていた。私は彼からの愛撫がいかなる感じ、丈夫な胴体に触れてくれた。ついに、最終的な時刻が来て、彼の男性器が私の女子の秘境を突破してしまった。私は歌うようにうなり、舟の様子で彼から愛の波の中に動かれて、二人がのんびりと踊っていた。噴出した精液が体に潤ってくれた時、私は性交の快楽に酔ってしまった。

一度の性愛の後、私たちは肩が並んできて海浜の上で座った。もう一度の性愛が開幕した。彼は私の二本の股を担い上げて、勇壮な男性器が再び私の秘境を刺し込んだ。体は体を優しさに打って、私たちは二人連れて雲の上に登るように性愛の美妙を分かち合った。ついに、男の精華が私の女体に注ぎ込んで、精液と愛液が交じったものがじくじくして流れ出した。私たちは、共同に二度目の高潮を達した。

この時刻の私は、心身が全部で性愛の快楽から占領してしまった。

大卒後では、私たちは結婚しました。今までも、私たちはよく海辺へセックスに行きます。わが夫婦二人が大学時代の性愛を回想する時には、時々海辺の性愛に回想する。海辺の性愛、私は大好きだよね。心の一番スイートの記憶で、忘れることが永遠にできない。

1 COMMENT

匿名

投稿の行動には感謝しますが、読者は日本語を介する人たちです。もう少し日本語を勉強してから投稿してください。
外国人の体験には日本人の経験、習慣のような在り方にはない異種の赴きがあり、内容に興味をそそがれる方もあると思うので、投稿は歓迎します。でもメチャクチャな語順、なんとなくしか掴めない日本では使用しない表現、語は興ざめです。
以後自身はそれと感じる投稿は開きませんが、今後も投稿を希望されるならもっとよく日本語を学ばれるか、ご自身の使いやすい言語を使用するサイトをご利用頂ければと要望します。

最後になり恐縮ですが、
ご出身国でのコロナウイルスによる陽性者と死者が多数出られたことに、お見舞いとお悔やみを申し上げます。

返信する

コメントを残す