最近サーバの調子が悪くてすみません。リニューアルしました。

8歳下高卒生との一晩 メロメロしてくれた

ネイネイさんから投稿頂いた「8歳下高卒生との一晩 メロメロしてくれた」。

2年前のことですね。私は吉林省出身で当時26歳。失恋の傷を治すため杭州旅行に行った。意外に、一人の私より8歳下の男の子と一度エッチした。あのマニアックな夜、今でも忘れることができない。

私たちが旅行団の団員同士で、私は長春市出身で彼は松原市(しょうげんし)出身。彼は当時18歳で大学入試が終わったから旅行に行った。観光バスではわが二人が隣で、道中で美景を論じたり、写真を楽しんだりして愉快に話した。夜は杭州市内のあるホテルで宿泊し、別にシングル室住み込んだ。

このホテルの防音がちょっとよくないから、夜11時ごろ、突然に隣の部屋から「あ~~~~あ~~~~」のある若女声が出てきた。早いにエッチを経った私はすぐに何の声がわかった。あの団員同士の嬢ちゃんが男メートとセックスしている!ねえ、数月ぶりにエッチないよ。こんな声が聞いたらどうやって我慢できて?
オナニーして高潮を一度達したが、まだまだと感じ。

突然に何を考えるが知らないので、携帯を取ってWeChatであの弟に「姉ちゃんの部屋が行きてよい?ちょっと怖く感じから……」
「それならば本当にいい?」とすぐに返信した。
「大丈夫よ弟さん。姉ちゃんの部屋番号が701。さあ、行って~~うまい菓子を一緒に食べるよ~~」
「オーケー。今すぐ行きましょう。」と。

昼で買った土産菓子を食べたり、話したりして、不覚に一時間に過ごした。彼が帰したいばかりに、突然、また「あ~~~~あ~~~~」の女声が再び現れた。「弟さん……姉が怖く感じ……」と、弟を抱き着いた。
「姉ちゃん?どうしたの?」彼がたまげて問った。
「あ、あの声……」
「何の声?」
隣室、「あ~~~~あ~~~~あああ~~~~!」ともう一度。
「怖い……」
「ありゃー、男女のことの声だな~~思わないで俺より8歳上の姉さんがこれでも知らないと~~ねえ、わかるよ。姉さんは怖く感じじゃないんが、寂しいだったね?」とともに、蠱惑な目とあげてくれた。

「実はそうね……ねえ、弟さんがガールフレンドがいる?」
「元彼女がいるよ。しかし韓国へ移民したせいで別れてしまった。」
「ざんねんだったね。ねえ、二人がエッチした?」
「したのよ。しかし二度だけ。まずいな、よくエッチしたいのに……」
「ふっふ、青い男の子だよな~~」
現在まで、私はまともにその弟を見る。190センチまで達する身長で、子供のように白い顔がキスさせてみたい!さらに、丈夫な体が男らしいで、あの肉棒も突き出したようだね!隣の姉妹の美妙な叫び声で刺激された私は、この時どうも目の前の男の子と一度大戦したいわね!

「弟さん……今夜姉と共住できる?」
「本当に?」
「弟……うまく菓子みたいの姉様、一度食べてみたい?」
突然に、弟が私に抱き着いた。「姉さん……実は弟も、姉さんに見始めては姉さんとエッチしたい……」そして、乱暴に私の服をすべて脱いで、キスの雨が私の唇に、頸に、肩に、チチに、それから下腹部に、マメに、ハナビラに、尻までに……落ちしてくれたのだ。

そして、有力な手が私の丸い36Dなるチチを往復に揉んで込んで、私のエロい欲望を急速に燃えてくれたのだ。さらに、あの小僧が舌で私のマメ、それからハナビラに舐めて回し、私のマンコが開かれた水閘の様子でじくじくしてしまうの。ついに、18センチぶりの勇壮な肉棒が私の花園の裏に刺し込んだ。初めてはゆっくりに一回ずつ進出し、私は息を切らすに当たるとき、突如として全力突き刺してくれた!彼から勇猛な攻撃を承けている私は、花園が彼の肉棒、心が快楽な感じで満々占領されてしまった。このままでは35分過ごして、ついに彼は私の奥に男の精華を噴き出し、旱久しい私の裏庭に潤ってしまった。

一度成ったわが二人が、再び舌と唇が優しい纏め付き状態に落ちた。彼の舌が魔力があるようだな、もう一度私の欲望を上げてしまった。この度が後背位で、彼は私の腰をつかめて、粗い肉棒が一度開発された裏庭に粗っぽい動作を掛かってしまった。「パッパッパッ……!」なる二人の肉体ぶつけている声と私のエロい声がただ15畳の部屋で鳴り響ている。私は初めに後背位を試して、急速に大興奮になってしまった。この時隣の姉妹の叫び声がもう一度響いて、今こそ女の子同士での試合だった。

「あ~~~~あ~~~~!ああああああああ!」と、彼女を制圧できる淫らな声で叫んで込んだ私!さすがあの小僧、肉棒が裏庭の中で丸を描くまでもできる!美妙な感受が二人の繋がり合いところから私の全身に伝えて、脳が性愛以外のことが考えない。隣の姉妹は力が尽くしたようで、私はただ始まり!このままではまた40分を過ごして、彼は二度目に私の膣内で射精してしまった。温暖な精液が体に熱き上げて、気持ちがとてもよいわ!

両度激戦した後、私の体力がもう半減だった。しかし彼が、両度射精後でも原気満々の様子だった。彼は私にマッサージをかけて、のんびりになった。機会に乗り彼は私の体に襲われ、三回目のエッチが開幕だ。この度が騎乗位で、私は腰を下ろしてくれて、勇壮な肉肉棒に迎えてきた。チチが手でいじめられた感じを感じたり、肉肉棒の頭が膣の壁に摩擦している感じを楽しんだり、性器接合のずるずるする声を聞いたりして、また一つのファンタスティックワールドに踏み入った。「ああああああああ~~!弟さん、全力に姉様をやれよ~~!」「姉様……君の穴、うまい~~私のモノ、しっかりと囲みついた……」30分間で牛にように挿入してくれた後、弟は三回目に射精して、もう一度の高潮を私に案内させた。

しかし彼はやめたくない。今度が駅弁!彼は私の尻を抱き抱えて、硬く立った肉肉棒が奥までに刺し込んだ。丈夫な胸は膨らんでくれたチチを圧して、唇と舌が纏め付いて炎上!「あ~~~~!あ~~~~!あ~~~~!」極楽な天堂を踏み込んだ私は、性愛の愉悦を楽しんで、女としての快楽に全然落ちた。今度はまた、45分間に過ごした。再度に精液が膣の奥に灌いでしまった時、私が潮吹きしてしまった。

今夜、私たちは何度成ったもわからないし、ずっと夜3時までには、互いに抱き着いて夢に入った。一方、隣の姉妹も何回も知らないで奮戦し、私たち二人の女の子から美妙な声がこもごも入り交じって、セックスのソナタのように鳴り響いた。それに恵まれては、私たち二人が親友になり、よく性愛について交流する。
ここからは、わが二人が毎晩共住して、思い切りに性愛の歓楽を味わった。

半月後、私たちは杭州から故郷に帰って、しばらく別れた。この期間で、WeChatで文字セックス、ビデオセックスもあるよね!今は私が北京での会社で働いていて、弟も北京の大学に就学中。今は私たちが共住で、うまい性愛をよく味わう。しかし、2年前彼と初めての性愛が、心の奥に永遠棲んでいるね。

コメントを残す