最近サーバの調子が悪くてすみません。リニューアルしました。

私の初体験、女に与えられた

?さんから投稿頂いた「私の初体験、女に与えられた」。

では、自己紹介をしましょう。私は?と申します。今I7歳で、四川省成都市在住の高校二年生です。私の家には共住する清掃婦一人がいます。彼女は梁春麗と申し、山西省出身で、今年42歳。どうやって思えませんが、私の初体験こそ、梁さんから取られました。

当時がセックスなんて知りませんけど、ボーイフレンドがいるでもエッチをしない。キスだけです。実は身近の仲間が十数人が初体験がありますが、当時が理解できない。大人の話により、女の子の初体験がとても痛い。「怖いか?」とよく思っています。
私の両親がすべて海外会社の職員で、経常に海外出張します。今年、またベトナムへ出張しました。半年ぶりに帰れます。平時、梁さんに世話をされます。梁さんは面白い人で、よく故郷・山西の民謡曲を私に歌って、冗談を言ったりして、私の生活に面白くなられました。ですから、彼女が好きです。
それは両親ベトナム出張後の夏休みのことでした。

その日、親友の月ちゃんが家に訪ねます。よく家に訪ねましたから梁さんとも馴染になりました。二人が大好き物をたくさん調理しました!「どうもありがとう!さあ~、いただきましょう~~」腹がとっくに減ったから。
昼ご飯後、「お二人が遊んでね。寝たいから邪魔をしませんけど。」梁さんが。
わが二人がテレビゲームをやったり、漫画を読んだり、梁静茹の歌を聞いたりして、時間が早く過ごしました。突然に、月ちゃんが「ねえ、奇妙なビデオがあるよ。見てみたい?」と問います。

「何のビデオだな?私をじらしていやだよ。」
「まあまあ、見てみれば知ったのよ。」
ビデオが開始。初めは正常な画面で、幼馴染二人のスイートラブストーリです。しかし男の子がもうすぐフランスへ就学に行きますが、別れの時間が来た。
「兄様、行くことが願わない。」
「妹ちゃん、わが二人の未来のためだよ。卒業後国へ帰るとき、結婚できるよ。」

「結婚するなんて、実は男の子が女の子と、アノコトをするでしょう?」
「へい?誰から聞いたものだ?」
「友達によると、新婚の夜はアノコトするが必要……ねえ、それ通りで、兄様とアノコトをしたら、兄様の花嫁になるの?」
「し、しかし、私たちは……」
「妹が妹で、愛してる人じゃない?いやだよ~~~~この~馬鹿~~~~!」

「これじゃないよ妹ちゃん、言い訳をしてお願い……」
「ダメよ!妹に愛するならば、妹とアノコトをせよ!」
「妹ちゃん……君が、本当に私とやりたい?」
「妹が従来に別の男とやらない。妹の童貞が兄様に準備するの……来て兄様、妹の童貞を取ってください……」
それからは、女の子が服を全部脱いだ。「さあ~きてくださいよ~~」
「あっ、彼女が何をするの?」驚いてくれた私が。

「?ちゃんがまだオンナノコですよね~~見て、もっと刺激的なことが後に。」
この時、私の顔が赤くなりました。画面では男の子も全部脱いで、妹の体をゆっくりに撫でつけて始めました。「うむ~~兄様、このままでは……」妹が興奮の様子になったようで、呼吸も速くなった。「兄様……妹、妹をこのままいじめて……」「に、兄様のアソコ、こんなに大きい……もうすぐ、妹の穴に入る?」
「そうですよね。」
「い、妹が初体験で、優しいでほしい……」

兄の攻撃から、妹が興奮極み。「に、兄様……妹、妹の穴、入ってください……」
実はこれも私が初度に男性器を見ます。「月ちゃん、そ、それは何?」
「ありゃー、私たち女の子に極楽の体験を与えるものよね~~」
「あ~~~~!」
話の間に、兄のアソコが妹のマンコに入った。「い、痛い……」赤い血が穴口でずるずる流れた。「妹……妹が兄様から入った……」

兄は開始した。「うむ、あ、おお……」妹が唇を噛まんで、極みに痛みのようです。しかしあの女の子が楽しい?「兄様の棒、えらい……妹に満々埋めた……」
兄が波のようで動いています。妹の顔では痛みの表情があらない、だんだん快楽の表情が掛けた。「あ~~~~!あ~~~~!えん~~~~!うむ~~~~!きびしくて……妹をやれよ!このまま、このままいかせてください……!」
ずっと八分間後。「おお~~!」男の子が突然に叫んで、二人が動き停止。

「兄様……妹の中にはいっぱい、いっぱい入って……気持ちいい……ここからは、妹が兄様の花嫁だ……」
ここまでに、私が驚いてきてから、話でもできない。
「ふっふっふ、?ちゃんが処女だね?」
「そうよ。月ちゃんが?」
「じゃないわよ。早く初体験があったよ。C学三年生の時。班長様とのだよね~~」
「あっ?」
「何が驚いたよね。その時私たち二人が付き合い、エッチするなんて自然なことだよな~~」

「あ~~……では、月ちゃんの初体験が痛い?」
「痛いのよ。しかし彼がそのことで上手……どこから学んだのに知らなくて、手段がとてもとても多い!初めては確かに痛い。あの時、私が涙も落ちたかな~~」
「で、では、それが怖くない?」
「初めは我慢できない。しかし、だんだん気持ちよくなった!最後では快感抜群。ねえ、ビデオでの二人最後の時、見たの?」
「それは何?」
「射精だよね~~男が射精する時では体が熱くなって、精液潤った感じがよかた!高潮もこれで引かれた。初体験では高潮したわ。粗すぎわよあのやつ、そのままで挿入してまずいのよ。」

「でも、ちょっと恥かしいのよ……」
「まあまあ。一度男の子と試したらわかるよ。」
月ちゃんが分かれた後、私の心が平静できません。エッチするとは、本当に楽なこと?その通るなら、なぜ痛いの?心が纏められていて、そのせいで、夜ご飯も食べたくありません。
その状況が梁さんから見られました。
「?ちゃん?どうしたの?平時大好きの唐揚げ海老も食べませんけど。」
「梁さん……どれもないですよ……。」
「ほらお嬢ちゃん、嘘をつけないわ。私は全部で見たの。」
「あ~~?梁さん、月ちゃんとそんなビデオを見るとき、見たの?」
「見たわ。おとなしくないわよ、あの小僧二人が。」

「うわあああああああ……!」私は梁さんに抱き着いて泣いた。「梁さん、?ちゃんがよくない女の子ですわ?なぜ、なぜ月ちゃんと同様のこと、したいわ?」
「それは人の常態ですよね~~?ちゃん。?ちゃんはよくない少女じゃないのよ。では、月ちゃんもよくない少女じゃないの。青春期の女の子がこのままでは正常だよね。」梁さんは丁寧に私と話した。「私たちは女同士、女の子の要求が女の子だけわかりますよ。」
「梁さんが、アノコトをしましたね?」
「そうだよね~~梁さんが既婚者ですね。」
「では、夫とアノことをする?快楽ですか?」
「はい、快楽ですよ。私の初体験が元の夫と一緒したの~~はじめは痛みが、したら快楽がだんだん感じれるよ~~」

「しかし……」
「夫が亡くなってしまわないなら、その快楽が止まれないわ~~?ちゃんが処女だね。解放したいなら、梁さんが助けれるよね~~」
「あ~~?」信じない私。「だけど、私たちは皆女ですよ……」
「大丈夫大丈夫よ。初体験とは私たち女が経たなければならないことだよね。あの膜を破ったらいいのね。」
「梁さん……」
「心配しないよ。梁さんも女の子だよね~~丁寧にやる。さあ、梁さんの間へ行きましょう……」
梁さんの部屋が、彼女の香りが満々。ベットでも。私の心もだんだん気楽になりました。

「じゃ、横たわって。」梁さんは丁寧に私に言った。
話の通でやった。「さあ、服を脱ぐから始めましょう~~」
優しさで私の服を全部脱いだ後、梁さんも。40代の熟女が、体がよく保養していましたで、少女の様子に似ます。この時の梁さんが姉のように、私たちに美妙な胴体を展示します。「?ちゃんがいい少女だよね~~エッチを了解するなら、自分の体から始めますよ。」
そして、梁さんが私に抱きしめた。「では、梁さんとキスをして。」

梁さんの舌と纏め付くときに、体が敏感に感じてしまうのです。「快感が出て始まったの?キスがエッチの初のステップだよね。」そして、梁さんが手と舌並び、唇に、胸元に、乳首に、そして下腹部に……春の雨のように優しく触れるのです。だんだん、よけいに熱く感じてしまう!
「まあ、?ちゃんが状態出たわ~~私たち女の子の体には、乳が舌が、そしてマンコが宝物だよね~~男が愛撫されたなら、いい味感じるよ~~では、梁さんがある一つの地に愛撫はじめ~~」

そして、梁さんが私のマンコに頭を下げて、ある地を舐めます。そこは私のマメ!興奮になったから、立ってくれたのを感じれます。梁さんの柔らかな舌がそこに触れるとき、私はすぐ感電したようにショックした。彼女の舌がマメに一回ずつ嘗めて、そしてハナビラも!快感が一波ずつに襲われて、私は早く炎上された。しかし現在でも私が恥ずかしいで、我慢してくれて声に出させない。こんなに困り状態を見て、梁さんが優しく笑って言い出した。「ねえ、?ちゃんのハナビラが柔らかで、美味しいの~~マメとハナビラがセックスの快楽を開くキイですよね。じゃ、遠慮ないで叫んで~~」

「うむ……うん……あ……あ~~ああああ!」ついでに私は我慢できなく、叫び始めました。「そうね。快感が感じたこそ叫んでね~~」
「ああああ~~!梁さん、?ちゃんの穴、痒い……」
「では、入りましょう~~初めてはちょっと痛い、我慢してね~~」
梁さんの指が、ゆっくり、ゆっくりに私の花園に入ってくれました。「あの膜が触れたわ……じゃ、辛抱してね~~」
「あっ!」
痛みを感じて、しかし、それは優しい痛みです。さすが女、女同士の感じをよく世話します。こんなに痛みがあったなって、私の初体験が来た!梁さんが一回ずつ花園の奥まで進出して……「あっ、あっ、あっ、あ~~~~~あああああ~~~~!あああああ~~~~!」だんだん、よく感じが付けた!ついに、わたしは、一つになれたのです。ミズが多く出て、人生の初めの高潮を達しました。

「梁さん……?ちゃんが、気持ちいいわ~~~」
「そうでしょうねえ~~これこそエッチ。」
「て、?ちゃんの初体験、梁さんに与えました……」
「?ちゃん、姉ちゃんが君のためやるよ。?ちゃんの悲しい様子が見たくないわ。数年ぶりの共住から、?ちゃんが私の妹のようだな。」
「姉ちゃん……」
「さあ、もう一つの遊び方に教えてね~~動かないでください。」

そして、梁さんが彼女のマンコを私のに貼り付けた。「何をしたいですわ?」「すぐにわかるよ。」
梁さんが私の尻を抱いて、動き始まった。マメとマメ、ハナビラとハナビラが互いに一回ずつキスしていて、奇妙な感じを感じてくれました。梁さんの動かさはだんだん速くなり、わが二人が全部興奮してしまいました。

「あ~~~~!あ~~~~!えん~~~~!うむ~~~~!きびしくて……妹をやれよ!」「あっ、あっ、あっ、あ~~~~~あああああ~~~~!姉、姉が来るよ……あああああ~~~~!」「はやく……このままでいじめてください……」
最後で、二人が全部高潮に達しました。透明な愛液と、赤い血が混じったような大きなシミが付いていました。

ここからは、私は何がエッチだと知りました。そのあと、私がセックスしたいとき、梁さんから助けてくれました。梁さんこそ私の最初のエッチ相手。あとは私は元彼と付き合い、エッチしました。今セックスの快楽がよくわかりました!梁さんと、彼氏と経常にエッチし、月ちゃんとのもありますよ!どうもありがとう梁さん、女同士のあなたが私にセックスのドアを開き、オンナノコからオンナになせた。最近、梁さんと月ちゃんと三人共同の遊びもある!次回で話してください。

コメントを残す