エッチ体験談が12,000話を突破しました。

夫を失った課長と、エッチする物語

PR

玲さんから投稿頂いた「夫を失った課長と、エッチする物語」。

それは三年ぶりのことですね。
私は玲と申します。当時は24歳。大学卒業後、私は重慶でのある会社で働いで、営業課の課員になった。わが課長・梅が当時34歳の女性で、私と同じで浙江省出身だ。独自でその了解しない都市に住むから、会社で同郷人がいるなら最高!そして、課長となじみになって、それから親友になる。仕事ならリーダーと職員、仕事以外なら姉妹。

ある日、私の借家が満期!それがまずいの~~寸土の金の重慶が、別の借家が探し難しいだな……幸に、梅ちゃんも独身に住んでいるから、彼女の家に移して共住。ストーリーがこれから開始。
ある日、私は残業のため、やっと深夜12時に帰る。門を踏み込むばかりに、私は奇妙な音が聞いて、
「あ……あ……」
実は、初めに驚かれた。「なんだ?」と考える。

「あ……あ……あ……うむ……」
音がだんだん大きくなった。そればかりでなく、早くなった。
「あーちゃー……あ、あ、あああ……その感じ、よかた……」
好奇の目が限りの戸の隙間から見て、ありゃー、梅ちゃんが!白くてきれいである胴体が示し、柔らかな指が自分のマメを揉んでいる。桃色のマンコがとっくにじくじくした!そのかわいい顔が満足の表情が掛けた。

まもなく、梅ちゃんが開始!指が一回一回桃源洞に入り出して、早く早くになる!「あ……宏様……このまま、このままいかせてください……!」何度も知らなく、「梅の穴に、いっぱい入って……」
とっくに高校時代では初体験があり、大学時代でエッチもないじゃないが、多くのはまーまだった。二年ぶりのエッチしないで、性欲が強いのこの私が、これで体がぱっと炎上!
「あー!」突然に、梅ちゃんの全力尽きの声。大量のミズがマンコから噴出!梅ちゃんが潮吹きだった!「宏様……梅の中で、出てる……」
これが見たら我慢できるものか?

急に洗面所に入って、パンツを脱ぎ、私も開始!しかし、梅ちゃんに知られないから、声を我慢するだけだ。まずいの……これであっても、梅ちゃんの声を聞いたり、自分のマメ、ハナビラをいじったり、マンコを入り出したり、極大な快感が感じられる!しばらく、私も高潮に達した!
洗面所から出たばかりに、梅ちゃんが衣を整理済んだ。「あっ?玲ちゃん?帰りの?嫌だよ、帰っても教えてくれないのよ……」「ねえ、ドアが閉められたから、寝ていたのと思ったわ。」
ふっふっふ、あなたが何がしたは、わたしが全部で聞いたかな……

突然に、梅ちゃんと一度エッチの考えが出た。彼女がちょっと太いが、その胴体、女性同士の私も大好き!そればかりでなく、梅ちゃんが性欲強いの女だと確定した。宏こそ梅の夫、中学時代から付き合って、三年生の時では初体験。彼は今まで梅ちゃんの唯一な男。しかし、六年前の交通事故のせいで、命を失ってしまった。その後、梅ちゃんが故郷を離れ、重慶に来た。六年ぶりに、再婚しない。

実が女同士としては、その苦しみ、私も知れる。特に体での。
さあ、君に一度助け!これから、ずっとチャンスを探してる。
チャンスがついでに来た。
ある日、梅ちゃんと二人組み出張の命令が受けた。一か月の出張で、南昌へ行く。実は任務が少なく、自分の時間が多い。

当時の任務が完了したから、南昌市内で遊んだ。滕王閣や八一広場や南昌起義記念館などに観光した後、もう夜が来た。九時にホテルへ帰った。
「まあー、汗がブラジャーでも濡れた……」梅ちゃんが。七月の南昌が真夏で非常に蒸し暑い。「玲ちゃんが一緒にお風呂に入る?」今こそ好機好機!梅ちゃんを近くに触れられるチャンスが来た。「さあ、行こうわ!」私は。
梅ちゃんの体が本当に柔らかだな!彼女の体を流すとき、私の性欲がだんだん起きた。では、一度試してみて。

「姉ちゃん、こんなによい体、食べられるがないなら残念だよね。」
「まあー、仕方がないのよ。私が宏様に愛してるよ。別の男と付き合いなんてはダメよ。」
「はっはっは、そのままでは大丈夫?本当に男とエッチしたくない?」
「何を話しているの。その腕白なお嬢ちゃん。ね、玲ちゃんがボーイフレンドない?」
「そうよ。ねえ、一日男とエッチしないでも我慢できない。」

「さあ、いい男と付き合ってみて?」
「いるならその状況がないのよ。ところで、週に何回宏様とエッチする?」
「中学時代がただ一か月一回、あとは高校時代が週に一回。大学なら、共に外の借家に住むから、普段二日一回だな。」
「宏様がどう?すごい?」
「まあー、とてもとてもすごいよ。彼のアソコがとても大きい!17センチメートルで粗い。牛のような体が人間じゃないよだよね~~夜に数回なんても普通だな。私が毎度でも高潮が出られるのよ。」

「姉ちゃんと同じだったらいいですわ。」
「実はとても思い。あの子が離れたから、経常に思い。」
「それじゃ、宏様に思って自分遊び?」
「ないのよ玲ちゃん。」
「嘘がやめろ!私が全部聞いた。」
「な、何?」梅ちゃんが驚きで私に見る。

「半月前のあの金曜日、私が帰るばかりとき、遊んでいない?娼婦のように叫んだよね~~」
「あ、あなたが全部知ったの?」梅ちゃんがびっくりして言った。
「そうよ。梅ちゃんのマンコがじくじくしてしまう~~そりゃあ、女同士からその苦しみも理解できるのよ。あの桃色のハナビラ、一度舐めてみたい~~姉ちゃん、我慢しないでね。男いないなら女でも大丈夫よね~~女とエッチらな宏様に裏切りじゃないのよね~~」
「な、何を考えたの?」
「当然にあの美女を食べるよ~~わが姉妹が一緒に楽しむよ~~」

反応の機会に与えないで、私は梅ちゃんを抱き着いた。「姉ちゃん、とっくにあなたが大好き……」て、唇が彼女の唇を制圧した。
「うむ、うむ、やめよ玲ちゃん……」しかしそれが徒労。彼女の甘い舌と纏わり付き、私が炎上!力を入れて膨らんでいるチチを揉んで、壁ドンのように彼女を制圧!別の手がマメを揉むとき、じくじくした状態が感知した。
「奇妙だな姉ちゃん、じくじくしたのよ~~」
「あっ、あっ、いやだよ、ダメよ玲ちゃん……」しかしそれが嘘。彼女が私とエッチしたい状態に入った。それに話してて、私の動作に迎い!「あ、あ、あ……!」私の指がマンコに入ったのとともに、彼女が大きい声で叫んでいた。「ここ、ここじゃなく、ベットで遊ぼう……」
ベットに帰った。激戦が今こそ開幕!わが二人が熱烈にキスして、唇と舌が再び纏わり付いた!互いにチを圧して、乳首と乳首が摩擦してる!「あ……」久しぶりにそのよい感じを感じない!「あ……」「姉ちゃん……」「妹ちゃん……はやく……」互いに身体を触り、手で下腹部を撫でた。快感がいっぱい!「玲ちゃん……姉様のマメを揉んで……」マメがもう立った!かわいいマメを揉んで、「梅ちゃん……どう?」「このまま……このまま揉んで……」
「宏様もこのようでする?」
「経常に……姉ちゃんが好きだ……」
「妹が宏様よりどう?」
「不同な感じ……これが私の妹が私にいじめる……はやく……このままでいじめてください……」
再び、唇と舌が纏わり付き!梅ちゃんも興奮し、私のマメも彼女から侵攻された。「あっ!」「この馬鹿野郎、ね、姉ちゃんが負けないわ!」さすが太い女、これで局面が逆転された!しばらく私が梅ちゃんから翻され、「忘れないのよ!あたしも貴様の課長!」膨らみいっぱい36Eのチ、私の35Dよりもっと大きい!「パッパッパッ!」梅ちゃんは彼女のチが一生懸命に私のチにぶつかって、乳首が私の乳首にモーション掛ける!「あ~~!あ~~!」迅速に私が力を尽くした。「ね……姉……ちゃん……課長さま~~存分にあなたの妹、あなたの課員をいじめる……」
別な話がない。梅ちゃんが甘い舌で私の乳首を舐めて、初めてはゆっくり、だんだんスピードを加えた。その感じ、極みに快適!「あ~~~~!あ~~~~!えん~~~~!うむ~~~~!きびしくて……妹をやれよ!」乳首から下腹部、下腹部からマメ……梅ちゃんの舌にいじめてくる私が、泉のように水をマンコから流れた。「マメ~~マメ~~このまま、このままいかせて……妹が姉ちゃんにやれるのが大好き……男が不要、姉とやるこそ満足……」「私は課員、わが課長にやれるなら心がとっても甘い……」と叫んで、快感が一波に一波に襲われた。「姉ちゃん……玲の花園、入ってくださいませ……」私がとっくに我慢できない。ただいま、梅ちゃんの柔らかな指が私のマンコに入ると願い。
「さあ~~、ねえちゃんがはじめましょう~~」
ゆっくりに私のマンコに入る。私、私はついでにわが課長からやった!「ははは、じくじくしたのよ玲ちゃん~~どうやって見て~~」
「あ~~~~!」「あっ、あっ、あっ、あ~~~~~!」
梅ちゃんが勇猛な動作につけ、私が雲の頂へ上っている!「姉ちゃん……どうして君がこんなにすごい……」
「男のアソコより粗い?」
「姉ちゃん……男よりすごいよ……あっ、あっ、あっ、あ~~~~~!」
二十分間がこのように過ごした。梅ちゃんが深めに入った!「姉ちゃん……妹の花芯、入った……あっ、あっ、あっ、あ~~~~~!」
私は梅ちゃんを抱き着いて、彼女の動作を感じてる。再び、唇と舌が纏わり付き!花園の中での激烈に加えて、快感が火山のように爆発!「あっ、あっ、あっ、あ~~~~~あああああ~~~~!妹、妹が来るよ……あああああ~~~~!」
ついでに、全部で爆発!ミズが花園から止まられない噴出!「あ~~~~!妹、妹が潮吹きだった……」
高潮後、二人が互いに抱き着いた。
「いやだよ、姉ちゃん、わたしがその馬鹿にやられて壊したよ……」
「どう?もう一回?」
「この馬鹿、報復したいのよ~~69ならどう?」
「はっはっは、丈夫な女だよね~~じゃ、始めましょう~~」
力が大半失ったから、今度二人がテンポ遅くなった。梅ちゃんのマンコが毛ないで、美妙だったの!舌が梅ちゃんのマメ、ハナビラを嘗めながら、自分のマメ、ハナビラが梅ちゃんの動作を感じ。「あ……」「姉ちゃん……」「妹ちゃん……はやく……」また十五分間、二人は共同に二回目の高潮に達した。
「梅ちゃん~~」
「玲ちゃん~~愛してるよ~~」
今回が直接に私の指をつかみ取って、花園の中に挿入した。「すごいよ~~玲ちゃん……そのままいかせて~~」
わが姉。わが大好きな姉。わがかわいい課長。さあ~妹が君にいじめろ!「あ~~~~!あ~~~~!えん~~~~!うむ~~~~!玲ちゃん~~きびしくて……梅をやるよ!梅の花芯、入った……あっ、あっ、あっ、あ~~~~~!妹、第二の宏様だよね……ダメ、玲は玲、私の親友、妹……初度の姉妹エッチ、大好きだよ~~」
「あっ、あっ、あっ、あ~~~~~あああああ~~~~!姉、姉ちゃんが来るよ……あああああ~~~~!」
「あああああ~~~~!」梅ちゃんも潮吹きだった。
今夜は、5時間もやる。梅ちゃんが高潮五回、それから私は高潮七回。
出張の一か月間には、わが二人が昼で働き、夜が来れば共同に性愛の愉悦を楽しむ。三年ぶりのことが、私も忘れない!今すぐ、私と梅ちゃんが経常にエッチする。時々、夜に三、四回も達した!梅から満足を得て、男なら出ていけだな!

0

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR