エッチ体験談が11,000話を突破しました。

失って大切さに気付いた忘れられない元カノ

PR

新婚男さんから投稿頂いた「失って大切さに気付いた忘れられない元カノ」。

23歳から26歳まで付き合ってた3歳年下の彼女にフラれて、3年過ぎました。
出会った頃は短大2年生で、生まれて初めて処女とセックスして感激しました。
社会人になって初めての彼女で、このまま結婚するだろうなって思ってました。

交際中は、彼女の愛が重いくらいにで、本当に尽くしてくれました。
好きになられている優越感だったのか、彼女に辛く当たってた自分に気付きませんでした。
酔って突き飛ばしたこともあったようですが、
「それでも、あなたの顔を見ると嬉しくて、でも、もう、無理みたい。心が壊れそう・・・少し、距離を置きたいんだ・・・」
そう言われて少し距離を置いたら、彼女の職場の同僚に告られて、そっち行ったまま、帰ってきませんでした。
それに気づいたのは、距離を置いて3か月後でした。
失って初めて、元カノになって大切な存在だったことに気付きましたが、もう、既に手遅れでした。

彼女が新しい彼氏の手に落ちた事を知って、落ち込む私にも、心を寄せてきた人がいました。
「人の不幸に付け込むわけじゃないんですけど、私にとってはチャンス到来なんです。」
と言われて、失ったものを埋めるようにその人と付き合い始めました。
長い黒髪の綺麗なお嬢さんですけど、元カノの代わりにはなりません。
元カノに会った処女膜もありませんでした。
新しい彼女は元カノと同い年なので、新しい彼女に処女を求めたわけではないですが、やっぱり、処女を貰ったというのは、大きかったです。

私と3年付き合って破局した彼女は、職場の同僚と2年付き合って、去年結婚しました。
ラインは繋がってるので、時々近況を連絡してきた元カノから来た「結婚します」のラインに「おめでとう」と返すのに、半日かかりました。
これで元カノのことはすっかり諦めて、スキスキ光線を浴びせる彼女と、今年結婚しました。
お互い結婚してますが、元カノはたまに連絡くれていましたが、私からの結婚の報告を最後に、ここ1年連絡がありませんでした。

新婚生活を送る中、新妻を見て美人だなあとか、この美人の処女を奪った男が憎いなあとか、元カノのことを少しずつ忘れていた先日、「男の子を出産しました!」というラインが来ました。
出産・・・元カノが出産・・・同僚の夫に身体の隅々まで愛撫されて、両足を大きく広げられて視姦されて、ネチョネチョ舐め回されて、ヌルヌル濡らしながら元カノは喘いだのでしょうね。
夫のカチカチのペニスに貫かれて、激しく出し入れしてラビアがめくれ上がるところも凝視されたのでしょうね。
湿ったいやらしい音と、元カノの可愛い喘ぎ声が部屋中に響いて、そして私でもしたことが無い、元カノの身体の奥に射精したのでしょう。
その結果、男の子が生まれたのです。
そう考えたら、気が狂いそうでした。
私は、妻がいながら、元カノを忘れられていないことを気付かされました。

12+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR