エッチ体験談が11,000話を突破しました。

家庭内親子丼

PR

和樹さんから投稿頂いた「家庭内親子丼」。

お姉ちゃんと本気で愛し合ってセックスしてます。
危険日とか関係無しにお姉ちゃんが中出しを望むので、毎回中出ししまくりです。
夜中に目が覚めた時にムラムラしてたので、お姉ちゃんの部屋に夜這いに行きました。

たまたまお姉ちゃんが
トイレに行こうと部屋を出てきて、そのままトイレに二人で入ってオシッコする所を見せてもらいました。
出し終わったら紙で拭く代わりに僕げ舐めて綺麗にしてあげました。
お姉ちゃんは恥ずかしがってたけど、舐めてる内に気持ち良くなってくれて、そのままセックスしました。
狭いトイレ内で激しく突いてたせいで鍵が開いちゃってドアが開きました。
そのまま最後まで続けたんだけど、その時のお姉ちゃんの喘ぎ声をお母さんに聞かれたらしくて、僕とお姉ちゃんの関係がバレました。
翌朝、お母さんに追求されて僕とお姉ちゃんは正直に打ち明けました。
いつから、どんなセックスしてるのか、避妊はしてるか、色々と聞かれ全部に答えます。
話が終わって学校に行き、帰宅したらお母さんに押し倒されました。
昨晩のお姉ちゃんの喘ぎ声と、朝の話でお母さんも興奮したらしくて、僕のチンコを求めてきました。
強引に脱がされてチンコをフェラチオされ、勃起したら騎乗位でお母さんがチンコを入れちゃいました。

「あ~!久しぶりのチンコ凄いわ~!お父さん死んで以来だからオマンコ痺れちゃう!」
「お母さん恋人いないの?」
「良い人なんていないわ、寄ってくる男は皆下心満載なんだもの」
「一人も?」
「ええ、相手にしてないけどやっぱりお母さんも欲求不満が溜まるのよ」
「だから僕を押し倒したの?」
「だって…あんなに気持ち良さそうな声を聞かされて、話も聞いたら我慢なんて出来ないわ」
「僕のチンコは気持ち良い?」
「最高よ!親子だからかしら?こんなにピッタリのチンコ初めてよ!」

お母さんは嬉しそうに腰を打ち付けてきます。
お姉ちゃんのマンコはキツくて吸い付くみたいで、お母さんのマンコは優しくチンコを包んでくれてる感じだけど、中がウネってて凄く気持ち良い。

「ねえ、今度は和樹がお母さんにしてくれない?」

お母さんが上から下りて仰向けで寝転びました。
僕は正常位でチンコを入れて腰を振ります。
お母さんが手を伸ばしてきて僕を抱き締めました。
身体が密着してお母さんの体温と匂いに包まれます。

「ああ~!もっと!もっと強くして!気持ち良い!子宮口を押し潰して!」
「こう?こんな感じで良いの?お母さん」
「そうよ!上手よ和樹!お母さんをめちゃくちゃにして!」

お母さんが喜んでくれるよう頑張ります。
そこにお姉ちゃんが帰宅しました。

「あー!二人して何してんのよ!私の和樹を取らないでよお母さん!」
「ああん、少しくらいお母さんに分けてくれても良いじゃない」
「和樹のチンコは私のなの!」
「お母さんのマンコにもピッタリなのよ」
「もう!だったら私も混ざる!」

お姉ちゃんまで服を脱いで混ざってきました。
僕の後ろに来てお尻の穴を舐めてきます。
チンコとお尻の穴が同時に気持ち良くなって我慢出来なくなって、お母さんに中出ししてしまいました。

「ああ!和樹の精子が子宮に入ってきたわ!お母さん和樹の精子でイッチャウ!」

お母さんに中出しした事でお姉ちゃんが怒ってお尻の穴に指を入れられました。
そのせいで、射精したのに勃起が治まりません。

「どう?前立腺を刺激したからチンコ萎えないでしょ?次は私とセックスするのよ!」

無理矢理後ろから引っ張られてお母さんと離されます。
お母さんはまだし足りないみたいだったけど、お姉ちゃんに順番を譲りました。

「私はバックで突いて欲しいな」

四つん這いになってお尻をフリフリするお姉ちゃんにチンコを入れました。
お母さんに見られながらセックスするのは初めてだけど凄く興奮します。

「良いな~、お母さんも次はバックでお願いね」

こうして僕はお母さんとお姉ちゃんに立て続けにチンコを入れるのを繰り返す羽目になりました。
何度射精したか分かりません。
二人が満足する頃には何も出なくなりました。
お腹も空いたし疲れたしで、夕飯をいつもより沢山食べました。

14+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR