エッチ体験談が11,000話を突破しました。

縛られて ペニス苛めの 夜は更けて

PR

マゾ男さんから投稿頂いた「縛られて ペニス苛めの 夜は更けて」。

大学4年になってすぐの頃、バイト先の綺麗な28歳のお姉さん、スラッと背の高い榮倉奈々さん似の美人に誘われて飲みに行きました。
その時、お酒に何か入れられていたようで、すぐに泥酔、目が覚めるとSMホテルでベッドに大の字に拘束されれていました。

その時、キンタマを苛められてる痛さで目覚めたのですが、何と、私は全裸でお姉さまにキンタマを縛られていました。
キンタマが左右2つに別れるように、ゴム紐で縛られました。
「ふふ・・・可愛いタマタマ・・・あら、目が覚めた?」
というお姉さんの横には、な、な、な、何と、ビデオカメラが三脚に据えられているではありませんか!
この無様な姿を、撮影されているとは、おぞましすぎました。

お姉さんは、鳥の羽根で私のペニスを撫ではじめました。
拘束されて動けない状況で、亀頭から裏ズジ、竿を撫でられてビンビンに勃起させられました。
その勃起ペニスを鳥の羽根で焦らしながら、フェザータッチで撫でられました。
その刺激に耐えられない私は、身を捩らせてて感じていますが、射精するにはイマイチ弱くて、腰を揺らして強い刺激を求めてしまいました。
主に亀頭や裏スジを羽根で触るたび、腰をビクンビクンさせて反応する私を見て、お姉さんはにこやかに笑って嬉しそうでした。

いつしか竿は刺激されず、羽根は裏スジとカリと亀頭のみを擦っていました。
私がハアハアと切ない喘ぎをしだすと、お姉さんはオイルを手にまぶして手で亀頭をスリスリされました。
射精欲が高まりますが、またしても亀頭だけでもどかしい状態が続きました。
焦らされまくってきた射精感は、サオ扱きで一気に開放、私は勢いよく大量射精しました。
脳天を突き抜ける快感で射精して、スッキリしたのも束の間、そのまま射精直後の亀頭責めで悶絶、再び勃起させられ、羽根責めが再開、射精したばかりの敏感ペニスを責められてしまいました。
二度目の射精、また亀頭責めから羽根責め、三度目の射精で亀頭責めから羽根責め、憔悴していく私がそれでもビクビク反応させられている惨めな姿は、最後、失禁、つまり男の潮噴きで終わりました。

この様子を記録した動画は、モザイクが私の顔にかけられて、マニアの間に出回ったようです。
私はご褒美として、大学の4年間、この綺麗なお姉さんとセックスさせてもらえましたが、それも普通ではなく、大の字に拘束されて騎乗位で延々腰を振られるのです。
コンドームを被せられ、起たなくなるとアナルにエネマグラを入れられ、お姉さんがヘロヘロになるまで犯されました。
そのうち、綺麗なお姉さんに苛められるのが快感となり、卒業で別れる時、辛くて嗚咽する始末でした。

あれから4年が過ぎ、26歳の私は、彼女に全てカミングアウトして、彼女が生理の時は亀頭責めをして、エネマグラ前立腺を苛めてもらっています。
その彼女も次第にハマってきて、今、通販でアナルバイブとかコックリングとか責め具を集め始めています。
「結婚して妊娠したら、毎日やってあげるね。」
と、暗に結婚を迫られているこの頃です。

17+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR