エッチ体験談が12,000話を突破しました。

姪の引っ越し

PR

??さんから投稿頂いた「姪の引っ越し」。

姪の真由が成人して一人暮らしをするそうだ。

その引っ越しの手伝いに呼び出されて姉夫婦の家に向かった。

着いてすぐに梱包済みね荷物を車に積み込む。

姉は妊娠中の為に自宅で旦那さんと荷物の仕分けを続けるらしい。

真由を助手席に乗せて引っ越し先に向かう。

1DKのアパートで、中はまだ新しくて綺麗だ。

適当に荷物を下ろして再び姉夫婦の家に向かう。

残りの荷物を全て積み、姪の待つアパートに向かう。

部屋に積み上がった荷物を手分けして開梱してしまっていく。

片付けが粗方済んだ頃には日が傾き始めていた。

「今日は助かったよー、ありがとう」

「気にするな、晩飯はどうするんだ?」

「今日は食べに行かない?お礼に奢るよ」

「おっ!それは有難いな」

「その前に汗流したいね」

「かなり汗かいたからな」

「先にシャワー浴びてきて良いよ」

「悪いな、お先に汗流してくるよ」

お言葉に甘えてシャワーを浴びさせてもらった。

脱衣場でタオルで身体を拭いていると姪が入って来た。

「おいおい、まだ服着てないんだけど」

「良いじゃん、叔父と姪なんだから」

姪は気にもせずに服を脱ぎ出す。

「最近少し太っちゃったみたいでさー、この辺プニプニしてるんだよね」

素っ裸になってお腹の肉を摘んでみせてくる。

「恥じらいは無いのか?叔父とは言え男が居るんだぞ?」

「叔父さんに恥じらっても仕方ないじゃん、それよりこの肉ヤバいよねー」

「それは太った範疇に入らないよ、その位の肉付きが1番魅力的だよ」

「何?姪に欲情しちゃうの?ウケる~」

「お前が聞いてきたんだろ?まったく…」

「ま、参考にさせてもらうね」

「おう、でも本当に男が1番好きな肉付きだからな」

「ありがとねー」

髪を解きメイクを落とし始める姪。

「脱ぐ前にやれば良かったじゃんか」

「良いでしょ?叔父さんだって若い子の裸見れて役得じゃん」

「まったく…こんなに可愛い尻を見せられたら我慢出来なくなるだろ!」

「えー?マジで勃っちゃった?」

「ほら、見てみろ!こんなにギンギンになっちまったよ」

「デカ!えー!?彼氏よりデカいんですけど!」

鏡越しにチンポを見せたら姪が目を剥いて驚いた。

視線はチンポに釘付けだ。

手を伸ばして姪の尻を撫でる。

「ちょ…マジにならないでよ…触り方ヤラシイんですけど…」

「張りがある良い尻してるな」

「ちょちょちょ…ちょい待ち!」

「マンコはどんな感じなんだ?」

しゃがんで姪のマンコをガン見する。

「見ちゃダメー!」

「綺麗なマンコしてるな~、美味しそうだ」

顔を近付けてマンコを舐める。

感じ易いのか、すぐに愛液でビショビショになった。

「クンニ上手すぎだよ~、何でそんなに上手いのよ~」

「真由のマンコ美味いな~今までで1番美味いぞ」

「待って待って!それ以上されたらイっちゃう!」

「イッて良いぞ」

「ダメダメダメー!イク!イッ…!」

潮まで吹いて姪がイク。

息を荒げて洗面台に伏せてグッタリしてる。

俺は立ち上がり姪の尻を掴んでチンポをマンコに挿入した。

「ああっ!入ってる!入ってるってば!」

「くっ…締まりが良過ぎてすぐにイッちやいそうだ…」

「ダメだってばー!抜いてー!」

「抜けるわけないだろ?こんな極上マンコ」

「わかってんの?これ近親相姦だよ?」

「だから何だ?お前だって俺のチンポで気持ち良くなってるだろ?」

「良過ぎてダメになりそうだから言ってるのよー!」

「ダメになれば良いじゃないか、責任は取ってやるよ」

「もー、ちゃんと責任取ってよ!」

姪もその気になったので遠慮せずに腰を振る。

何度も潮を吹き床はビショビショだ。

「何回も潮吹いて、そんなに俺のチンポが気に入ったか?」

「このチンポ凄いの~、ヤバい所まで届いてるの~」

「そうかそうか…だったらしっかりと俺のチンポを覚えさせないとな」

「もう無理~またイク~」

「おう、何度でもイケ!」

イキっぱなしで理性が飛んだ姪は、自ら腰をクネらせ始めた。

「おっ?遂に自分から腰を使い始めたな?精子が欲しいのか?」

「出して~、中にいっぱい注いで~」

「まったく…叔父の精子で孕みたがるとは…エロく育って俺は嬉しいぞ」

「早く来て~!精子欲しい~!」

「お望み通り中に出してやるからな!しっかり孕めよ!」

全力で突いて子宮に精子を流し込む。

「あはぁ…熱い精子来た~」

「くっ…まだまだ出そうだ…」

「凄いよ~いっぱい出てる~」

なかなか止まらない射精。

こんなに出たのは初めてだ。

「ふう…こんなに出るとはな…身体の相性が良いのかな?」

「お腹いっぱい…」

チンポを抜くと大量に精子が流れ出してきた。

ダラダラとマンコから床に垂れる精子。

姪はピクピクして動かない。

「ほら、早くシャワー浴びないと風邪ひくぞ?」

姪を抱き寄せて一緒に風呂場に入る。

「力入らないよ~、叔父さんが洗って?」

「甘えん坊だな…シャワー熱くないか?」

「大丈夫」

「そんなに抱き付いたら洗えないだろ?」

「やだ…離れたくない…」

「仕方ない子だな…」

手にボディソープを付けて姪の身体を撫で回す。

「はぁぁん…ヌルヌルして気持ち良い…」

「おっぱいも大きくなったな」

「乳首ばかり弄っちゃダメぇ」

「こんなに硬くして…気持ち良いのか?」

「またチンポ欲しくなっちゃうよぉ」

「欲しいなら自分で入れてみな?」

「ん…入れちゃうもん」

ヌルリとマンコにチンポを飲み込み、腰をクネらせてキスをしてくる。

「彼氏と別れて俺と付き合うか?」

「そうする…もう彼氏の短小チンポじゃ満足出来ない」

「皆んなには内緒な?」

「言えないよ~」

「そうだな、さて…そろそろ出そうだ」

「また中に頂戴」

「当たり前だろ?」

再び中出しをして、満杯になったマンコから精子が逆流して溢れ出す。

「せっかくシャワー浴びたのにまた汚れちゃったな」

「これはこのままで良いの!叔父さんの匂いを私のマンコに染み込ませるんだから」

精子を垂れ流しながら風呂場から出て身体を拭く。

俺のドロドロになったチンポは姪がフェラで綺麗にしてくれた。

「叔父さんも今日はもうチンポ洗っちゃダメだからね!私の匂い付けるんだから!」

「わかったよ」

身支度整えて食事に出掛けた。

腹が満ちたら性欲も復活して、再びアパートの姪の部屋に戻り泊まり込みでセックス。

お互いに身体はキスマークだらけになった。

26+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR