エッチ体験談が12,000話を突破しました。

嫁の母親の正体

PR

健ちゃんさんから投稿頂いた「嫁の母親の正体」。

俺は安藤 25才で板前をしてます。女房、香里21才と1才の娘がいます。
2年前に結婚しました。その頃の話しです。

香里とは、香里が高校生の時に海水浴場でナンパして、交際が始まりました。

勿論、香里は処女を俺にくれ、高校を卒業したら結婚する約束もしました。

やがて、卒業し春に香里の両親に挨拶に行きました。
俺「お嬢さんの香里と結婚させてください 」
義父「本人同士が好きならいいよ 」
義母「安藤さん、何の仕事ですか ? 」

俺「コンビニで働いています 」
義母「それでは、家族を養うの無理だから、結婚は無理だし、娘と別れてください ! 」

香里の父親は大企業の課長をしているから、母親のプライドが許さなかったみたいでした。

香里は「母親が許してくれないと無理よ 。何とか説得、頑張ってよ 」と涙ながら言いました。母親さえ許してくれると結婚出来ると思った俺は、あることを実行しました。

ある月曜日、香里は友達と卒業記念旅行に行き、義妹は高校へ行っています。
母親が1人でいる香里の家へ向かいました。

家に着くと母親が玄関に出てきました。ブラウスにロングスカートの格好です。

母親「香里なら旅行で、いないわよ ! 」

俺は母親の首に手を回して引きずるようにリビングのソファーに倒しました。

「安藤君、何するの ? 止めてよ! 」
「お義母さん、今から気持ち良くしてやる! 」

母親が着ていたブラウスを引き裂き、黒のブラジャーからは、豊満な胸の谷間が見えました。

香里の母親は40才ですが、誰が見ても5才以上は、若く見えますし、顔は香里に似て美人で、若々しい身体のナイスプロポーションでした。

「安藤君、止めて ! 馬鹿なことしないで ! 」

母親の唇を奪いながら、左手で豊満な胸を揉み、右手はスカートの中に入れて、パンティを脱がしマン◯を擦り続けました。

「本当に止めて ! 大声を出すわよ ! 」
「別にいいけど、恥をかくのはお義母さんだよ ! お義父さんと離婚になるよ ! 」

この言葉とクリを擦り続けたせいか、お義母さんの口から。

「あ~ 駄目よ~ 私はすぐに感じる身体なの~ あ~ い~ 」と声がこぼれるのが耳に入りました。

俺はマン◯の中に指を入れて、Gスポット辺りを擦り、マン◯は、愛液でビショビショに濡れてきました。

「安藤君、駄目よ~ あぁ~ん 気持ちいい~ そこは もの凄く 感じちゃう~ あぁ~ いぃ~ 」
「お義母さん、二人だけだから、大声で喘いで、大丈夫だから 」
「あ、あ~ い、い~ あぁ~ん 」

お義母さんが凄く感じていることが判ると、素早くズボンとパンツを脱ぎ捨て、自慢のチン◯を見せつけ、手で触れさせました。

「な、何なの お、大きい ! 」
「お義母さん、咥えてよ ! 」

お義母さんの後頭部を手で押さえるように口に近づけると、眼を閉じて咥え、前後に口を動かしました。

「どうです ? お義父さんより大きいだろ ? 眼を開けて、俺を見てフェラしてよ ! 」

お義母さんは眼を開けて、俺を見ながら。

「う、う。 主人より倍はあるわね、大きいわ~ 」
「お義母さんも、大きいのが好きだろう ? 香里は俺のチン◯大好きだよ ! 」
「私も大きいのが大好きよ~ 」

しばらく、フェラさせると二人共に、服を脱がせ合い全裸になりました。
俺の乳首を舐めながら、チン◯を、しごきました。

「ほら、安藤君のチン◯、更に大きく、固くなかったわ ! 」
「お義母さん、テクニック上手いけど? お義父さんしか知らないのでは ? 香里が言ってたよ ! 」

「家族の前では、淑女のふりよ。結婚前は十数人、結婚後も数人と浮気したわ ! 」

「お義父さんのフェラしてるの ? 」
「したことないわ !主人は私がバージンで、うぶな女と思って結婚したわ (笑) 」

「悪い、お義母さんだなぁ ! 」
「そんなことより、見たことも無い、大きいチン◯を早く入れて欲しいわ ! 我慢出来ない ! 」

お義母さんは、片足をソファーに乗せ、キスをしながら向かい合って立ち、チン◯を自らの手で、マン◯に挿入しました。

「安藤君、 す、凄い~ いい~ 気持ちいいわ~ 凄く大きいのが入ってる~ あぁ~ 」
「お義母さんのマン◯もいいです。子供を二人産で、十数人とセックスしたとは思えない締まりだよ ! 」

「あぁ~ チン◯が奥まで~ いい~ 香里が羨ましい~ 私も毎日、欲しいわ ! 」
「今日からは、お義母さんもチン◯を入れてあげますよ! お義母さんも、 いい身体してますよ ! 」

「本当に ? いい~ あぁ~ 」

こうして母親と肉体関係を結びました。
都合の良い時を見計らい、お義母さんとセックスして、俺の言うことを何でも聞く女に調教しました。

ある時は、リビングのカーテンを開けて両手をガラス窓に着かせてバックで責め、ある時は家に勝手に上がり、お義父さんと電話していたお義母さんの前にチン◯を差し出して、咥えさせながら電話をさせました。

「お義母さん、娘の彼氏とセックスして、香里に悪いと思わないの ? ! 」
「仕方ないわ ! 安藤君のセックス、凄いんだもの 」

「お義母さん、俺とのセックス、そんなに気持ちいいの ? 」
「あぁ~ 凄く気持ちいいわ~ こんなに気持ちいいセックス、初めてよ~ いい~ 」

「香里と別れたら、出来ないよ ! 結婚させてください ! 」
「判ったから、私も可愛いがって ! あぁ~ん 」

お義母さんは、娘との結婚も許してくれ、数ヶ月後には、香里と結婚しました。

この時、お義母さんとの関係を止めようと思い、お義母さんに言いましたが反対されて、自ら誘惑する格好をして、セックスを求めてきました。

香里の父親の世話で、板前の仕事にも着きました。

お義母さんも今は43才になりましたが、以前より若く見えるようになりました。今まで履かなかったミニスカートを履くようになりました。化粧とかも変わりました。

香里や義妹も、お義母さんが、更に若返ったので、びっくりしています。

お義母さんはピルを飲み、俺との肉体関係は、誰にも気づかれないように今も続いています。

ただ2週間前に、お義母さんと二人で昼食してる時に、流し台で吐き戻したのが気になりました。
お義母さんは、風邪をひいたみたいと言っていましたが・・・・・

16+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR