エッチ体験談が12,000話を突破しました。

会社の同期の嫁に誘われて

PR

あきさんから投稿頂いた「会社の同期の嫁に誘われて」。

相手の美穂は同じ会社の後輩で5つ歳下で、旦那は俺の同期(職場結婚した)。

結婚してすぐに2人の子供を設けた。
産休から復帰すると、俺の部下として同じ部署に配属された。

もともと美穂とはよく話していたけど、仕事上の付き合い程度だった。
そのうち旦那のグチに付き合わされるようになっていた。
ある日、知らない番号からショートメールが送られてきた。
相手は美穂で「旦那の携帯から番号を盗んでメールした。会社じゃ話せない愚痴もあるんでメールしたい」的な内容だった。

3日ほど続けていた頃から、旦那が構ってくれないとか、経験が旦那1人だとか、怪しい内容に変わっていた。
4日目「正直言うと俺さんとエッチしたいです。」とメールが来て、続けて「3人目の妊娠が分かった。このまま旦那1人で終わるのは嫌。好きな俺さんとしたい。夫婦関係のためにもお願い!」みたいなメールがきた。
押し切られる形で(なんとか)話を聞くだけという約束で土曜の午前中に地元からちょっと離れた銀行の駐車場で会うことにした。
待ち合わせ場所に着くと、こっちの車に来てとメールが来て、美穂の車に乗りこんだ。

運転席の美穂を見た瞬間、胸を強調した谷間が見えるシャツに短めのスカートでムラッと来たが、気持ちを抑え込んだ。
意外と胸が大きくスタイルがよかったことに気づいた俺。
「ここじゃ人目につくから移動するね。とりあえずホテルに入ろう」と美穂は車を動かしてた。 まずいと思いながらも、ラブホに到着し部屋に入った。
次の瞬間、美穂からのディープキスで覚悟を決めた。
キスを受け入れ、俺は胸に触れた。
「あっ」とエロい声を聞くと、つぎは胸を揉んだ。 しばらく胸を愛撫したあと、スカートをめくると、水色でサテン生地のエロいパンティを履いていた。
俺「エロいの履いてるね」 美穂「今日のために買ったの」の言葉にギンギンになったのに気づいた。 ソファに座らせパンティを覗くと、アソコの部分だけ紺色に変わってて、もう染み出してるのが分かった。
もう止められず、シャツをめくりブラをズラすとDカップくらいの形のいい胸が出てきた。
夢中で舐め回し、右手は手マンで攻めているうちに、美穂が抱きついてきた。それでも続けていたらガクガク震えて、美穂はイッてしまった。 「もう入れて欲しい」のお願いにフェラも忘れ、パンティをずらして挿入。
ローションを塗ったようなグチョグチョ具合に5分も経たず限界が。
「妊娠してるから中出しでいいよ! 今日は好きなだけ出して」と耳元で言われた瞬間、こんなに出るのかって思うほど、美穂の中に放出した。 余韻を感じでいると「抜いて」と言われ、美穂から抜いたらすぐに口に含んでお掃除フェラをしてくれた。
「また硬くなるまで口から離さないから」の言葉にすぐにギンギンに!笑

この日だけで、美穂の中に3回放出した。

帰りの車中で「したくなったらいつでも呼びだしてね」と言われたが、同期の嫁だからさすがにね!

と思ったが、出産間近に1回、出産後に2回エッチした。 出産後は母乳飲ませてくれました。笑

俺のおかげか、今も幸せに夫婦やってます。

18+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR