エッチ体験談が11,000話を突破しました。

普通の主婦から人妻ホステスへ

PR

Hな主婦さんから投稿頂いた「普通の主婦から人妻ホステスへ」。

一昨年の夏までは、私は27才の普通の専業主婦で、33才の主人と小学1年の女の子の3人のアパート暮らしでした。
一昨年の秋に家をローンで購入しました。主人は普通のサラリーマンなので、そろそろ私も昨年には仕事を探し働くつもりでした。

話しは変わり、私の家の前に43才で、自営業をしていらっしゃる小西さんと言う男性が1人住んでいます。

小西さんは、奥さんを数年前に交通事故で亡くし、1人娘も結婚して遠方に住んでいらっしゃるとか。

小西さんは、男前で、がっちりした身体で、とても優しく、私達に色々な気配りをして下さる方です。

私の娘も、すぐに、なついて可愛いがってもらっています。

昨年の春のことです。朝、家の回りを掃き掃除してたら、小西さんが声をかけてきました。

「奥さん、良かったら僕の経営してる、お店の見学して見ませんか ? 」
「そう言えば、小西さんは何の仕事ですか ? 」
「スナックを5店舗とマンション経営をしています 。お店には出ませんけどね 」

「凄いですね ! それで、ポルシェに乗っていらっしゃるのですね。金持ちとは噂には聞きましたけど 」
「大したことではありませんよ ! 」

どんな感じのお店かな ?と興味があったし、仕事も見つからず暇だったので。

「是非、見せて下さい ! 」と言いました。

出かける準備をして小西さんのポルシェに乗り20分位したらお店の駐車場に着き、お店の中に案内されました。

お店は50人位のお客さんが入れる広さで、落ち着いた灯りで、思っていたより明るい室内でした。カラオケ用のステージまでありました。

ロングソファーに座らされて、カクテルを出されました。

「昼前だけど、このカクテルは酔いませんから、奥さん飲んで下さい 。味に自信ありますから ! 」

言われるままに一口、飲んでみると凄く美味しくて爽やかな気分になりました。全部を飲み干すと、もう一杯お代わりを出されました。

あまりの美味しさに3杯飲んでしまいました。
すると身体全体が火照り、頭の思考力がなくなると同時に、とても良い気分になりました。

隣に座った小西さんがキスをしてくると同時にセーターを巻き上げ、ブラジャーの上から胸を揉み始めました。

「奥さん、美人でいい身体してますね ! それに凄く若く見えますよ ! 」

私は意識が薄れた中にも。

「小西さん、ダメです。止めて下さい ! 」
「奥さん、いいじゃないですか。二人で楽しみましょうよ ! 」

小西さんの舌が口の中に入ってきました。
口内の歯、歯茎、舌等、隅々まで舐めてきたうえに、口うつしでジュースまで飲まされました。

ほろ酔い良い気分で、頭の中が真っ白な私も舌を絡めてしまいました。

スカートの中に手を入れられ、パンティの上から擦られました。

「奥さん、随分と濡れているね ! 気持ちいいんでしょう ? 」
「あ、汗です ! あ~ あ~ 」
「嘘ついても判りますよ ! アエギ声が出てたじゃないですか。防音の部屋だから大きな声を出しても大丈夫ですから 」

パンティを下げられ、指がクリトリスを擦りました。

「あ、あ~ あ、 いい~ あ、あ~ 」と大きな声を出してしまいました。
「やっぱり感じてますね。もっと大きなアエギ声を出しても大丈夫ですよ ! 我慢しないで下さい ね 」

指が中まで入りGスポットを擦りました。

「あ、あ~ん ! いぃ~い ! 気持ちいい~ 」と、もっと大きなアエギ声を出してしまいました。

小西さんは自分のズボンとパンツを一気に脱ぎ、ちん◯を私に見せました。

亀頭に何か入っているのが判りました。噂に聞いた真珠入りと思いました。

テーブルに両手を着かされバックにされて、セーターとスカートは上に捲し上げられたまま、ブラジャーはホックを外され、パンティは脱がされて、ちん◯が入ってきて、ゆっくりストロークされました。

真珠が壁やクリトリスを擦り、何とも言えない気持ち良さに。

「あ~ 凄い ! 気持ちいい~ こんなちん◯、初めて ! いい~ 気持ちいい~ 」
「ほら、気持ちいいだろ ! 奥さん 」
「いい~ ちん、ちん◯が、いい~ あ~ いい~ 」

胸を揉まれながら、ストロークが速くなってきました。

「あ~ ダメ~ 壊れちゃう~ いい~ 気持ちいぃ~ 熱い~ あはぁ~ い、いぃ~ 」
「旦那さんのより、いいだろ ! 真珠入りのちん◯わ ! 」
「主人のとは全然違うわ ! 凄い、凄い ! このちん◯、癖になりそう ! あぁ~ 気持ちいぃ~ いく、いく~ ! 」

最後は中田氏されました。
これを機会に小西さんと肉体関係が始まりました。

1ヶ月過ぎた頃、小西さんに「僕の店で働いてもらうよ。旦那さんには話しつけるから」と言われました。

主人から「小西さんの店で働くそうだな 。頑張って ! 」と一言だけ言われました。何となく主人の顔が赤く腫れてるような気がしました。

私はホステスとして夜、5時間働く事になりました。時給2000円で月、20日勤務の契約です。

店では薄い白かピンクのブラウスと白かピンクのミニスカートを着るようになっていました。下着は黒、赤、紫の色を着用。服が透けて下着が見えました。ブラウスのボタンは2つ、3つ外して、胸の谷間が見えるようにしなければなりません。

化粧も厚化粧になり、ネイルも、するようになり、煙草も吸うようになりました。
平気で客とHな会話も、するようになりました。

働き始めて2ヶ月も過ぎると、美人で巨乳な人妻ホステスとして人気者になりNo.1ホステスになり、時給も5000円となりました。

他の若いホステスを指名していた客も、私を指名する客が増えてきました。お店のスタッフは私が小西さんの女と気づいているから何も言えないどころか、私が命令する立場になっていました。

この前も、若いホステスに「貴女は客が少ないから、得意のお客さんとデートしなさい ! 嫌なら辞めていいよ ! 」と言ってやりました。

店長から、そのホステスがお店が終わってからデートしたことを聞きました。

私の月収は主人の給料より多くなりました。
時給は、まだまだ上がるし。夜の仕事が、こんなに楽しいとは知りませんでした。

身体は、いつも小西さんの身体を求めていました。平日の昼間の小西さんとセックスするのが嬉しくて、たまりませんでした。小西さんが保有するマンションで殆どしていました。

金は沢山儲かり、小西さんとのセックスは最高だし。人生、最高の時だと感じていました。

最近、小西さんからプロポーズを受けました。今現在は返答待ちに、わざとしています。
心中は、既に決まっています。

金持ちで、セックスが上手な男性の方が良いのに決まっています。

あ ! そろそろ、ピルを飲用するのは止め、赤ちゃんを作ろうと思っています。

18+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR