エッチ体験談が11,000話を突破しました。

嫁の友達とやっちまった

PR

拳四郎さんから投稿頂いた「嫁の友達とやっちまった~」。

嫁の友達「仕事仲間」仮名(由美)としておこう。
以前から由美の事は良く知っていたし、家にも何度か遊びに来て、酒も一緒に飲んで夫婦生活やエッチな話もした事のある間柄だ。
ある時、嫁がまだ買い物から帰ってないのに、約束の時間より由美はかなり早く来たので、先に家に上がってもらい一緒に嫁の帰りを待っていたときの事である。

夏の暑い夕方の事、既に俺はシャワーも済ませて、薄手のパンツとシャツの上にサムウェーを着て、扇風機の風に当たりながら由美と話をしていた。
あまりの暑さと言うより、由美の反応を見たかったのでサムウェーを脱ぎ、直接扇風機の風に当たりながら話を続けた。
俺の履いているパンツは、光の当たる加減で中が丸見えになるような薄さで、今思えばあの時チンポが丸見えだったのかなと思う。

由美の目線が俺の下半身にあるのは何となく分かっていたが、まさか丸見えだとは思ってなかった。
俺の不注意である…計画的ですけどね…。笑
以前飲んだ時に旦那とは何年もSEXはしていないと聞いていたので、久し振りに俺のパンツの奥に隠れて、透けてはっきりと見えるチンポの輪郭に心身共に歯止めが効かなくなったのだろう…。

いきなり俺の股間に手が伸びてきて、強くチンポを握り69の形となり、股間に顔を埋めて来た。
俺のパンツに由美のファンデーションがベッタリ付き、パンツを強引に一気に下げられた。
両手で金玉とチンポの根本を持ち、口の奥深くにチンポを吸い込む様にバキュームフェラをし、頭を上下させながら勃起させようとしゃぶりついてる。
俺は由美を拒む訳もなく、由美のフェラに合わせて自然と腰を動かし、チンポを舐め回す舌使いと、バキューム、チンポを擦り上げる手使いの気持ち良さを暫し楽しんだ。

時計を見ると、嫁が帰ってくる迄にはまだ少し時間がある。
あまり時間は掛けられないが由美のオメコに入れてやる事にした。
既に由美の髪の毛はぐちゃぐちゃで、汗で顔に髪の毛がへばり付き、口紅は取れ俺のチンポに口紅がべっとり付いている。
なんていやらしい光景なんだらうと思いながら、由美の尻を持ち上げ一気にバックからパンツをズリ下げた。

夏の薄着でスカートの中は、下着だけの状態なので、指一本で簡単に下半身は丸裸状態。
火照で濡れていると言うより、オメコはグジュグジュに茶黒光りし、桃にかぶりついたら汁が垂れるように、オメコの中から愛液が止めどなく湧き上がって来て、びしょ濡れ状態で今か今かと待ち望んでいるようにピクピクしている、愛撫など全く必要なく、由美の尻を跨ぐようにお尻の上からチンポを軽くオメコにあてがっただけで、オメコの方から吸い込むように吸い寄せられて、チンポを飲み込んでくれた。

暫く旦那や男に抱かれて無かった事もあるのだろう…心地良い適度な締りと、由美の流れ落ちる愛液により、何の抵抗もなく滑らかにチンポはオメコの奥深く飲まれて行った。
ゆっくり挿入、浅く深く繰り返し出し入れし、グジュグジュ音がなり、時には力強く打ち付け、チンポを擦り付けるように回転させると、ほんの数分で床に崩れ落ちるように息絶え絶えに痙攣し、フローリングにうつ伏せ状態にへばり付くように倒れ込んだ。

俺はまだいってないので、そのまま重なった状態で、なおも由美のバックから幽体離脱のように重なり、腰を送り込み全ての精液を由美の尻の上に噴出し撒き散らしながら、由美の横に上向きで寝転んだ。
由美の頬にはフローリングの跡が付き、陰部から流れ落ちた汗と愛液によりフローリングがべっとり汚れ、汗で顔がぐちゃぐちゃになっていたが、由美は俺のチンポを丁寧になめながら美味しそうに後処理をしてくれた。

余り時間が無いので、急いで身支度をさせ、汗や精液まみれのフローリングを綺麗に掃除し、汗を抑えるために扇風機を強風にしながら、二人で何食わぬ顔で、嫁の帰りを待ちながら、由美のスカートの中に手を入れ、足の付け根付近やパンツの上から撫ぜまわし、暫く由美の反応を楽しんでいたが、スカートの中は蒸し風呂状態で女の臭いをプンプンさせて、嫁が気付かないか心配になるぐらい部屋が臭っているように思えた。

我慢できないのか、由美も俺のパンツの中に手を入れ、チンポを鷲掴みにし、しごいてくれている。
俺のチンポも再勃起して、ギンギンになりまた由美のオメコにまた入れたくなったが、嫁が帰ってくるので辛いが我慢するしかなかった。
勿論、その後も何度か密会して楽しませて貰ったが、あまり長くは続かなかった。

19+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR