エッチ体験談が12,000話を突破しました。

私は人妻CA

PR

CAさんから投稿頂いた「私は人妻CA」。

初めまして、某航空会社のCAをしています。26才の 真琴です。3年前に同じ会社のパイロットと結婚しました。主人は8才年上です。

子供は中々出来ません。私に原因があるかも ?
実は主人は結婚前に他の先輩CAを妊娠させて、おろさせて別れたことが有ります。そのCAは会社を辞めました。

主人はあの娘が、一方的に僕に惚れただけで愛しているのは真琴だと言いました。

本題の昨年の3月頃にあった出来事を簡単に書き込みます。

その日は、成田からロスへのフライトでした。
私はエコノミーのお客様の担当で食事や飲み物のサービスを運んでいました。

コーヒーを運んでいる時に飛行機が少し揺れ、男性のお客様のズボンに少し掛かってしまいました。

普通、凄く怒るお客様が多いのですが、その男性は逆に「この位、気にしないで下さい。揺れたのだから貴方に責任は有りません 」と優しい言葉をくれました。

その男性は見た目、25才前後でジャニ系の顔でカジュアルな格好で優しそうな方でした。

私は自分が独身かのように正直、心がトキメキました。
機内の業務中も、その男性と顔が合うと、にこやか微笑みを向けてくれました。

私も、その男性の存在を意識するようになり笑顔を送りました。

約10時間のフライトを終え、業務を終えると一度、ホテルで休息を取りました。

その後、ホテルのバーへ、カクテルを飲みに入りカウンターで飲んでいると機内のお客様と偶然にも出会いました。宿泊するホテルが同じでした。

その場で、もう一度、謝りました。男性は「あの事は忘れて下さい」と言ってくれました。

飲みながら、お互いの自己紹介をしました。その時、私はひとつだけ口に出せなかった事が有りました。それは既婚者で、あることです。

男性は「CAの中で貴女が一番美人で、スタイルも良いと思いました」と言ってくれました。
私も「貴方が一番、素敵なお客様と思いました」と言ってしまいました。

男性は、私を独身だと思っているみたいでした。
指輪はフライトの時は外して、家で保管していました。

男性は、25才の独身で原田 誠司さんと言う名前で、会社務めの方で有休を取りロス観光に来たと言われました。

原田さんは「ロスは初めてですが、英語が喋れるので一人で来たが、やはりツアーで来れば良かった」と苦笑いしていました。

私は「明日はフライト休みなので、ディズニーランドでも案内しましょうか ? 」と言うと。

「本当ですか ? 嬉しいですね」と喜んでくれました。

機内でのお詫びも有りますが、独身の気分になった自分がいたのと、原田さんのオーラに引かれたのかも知れません。

翌日は予定通りディズニーランドに原田さんを案内しました。
日本のディズニーランドみたいに混んではいません。幾つかのアトラクションを楽しみました。

マウンテンのアトラクションで乗り物に乗り、下降する時「キャー ! 」と原田さんに抱きついてしまいました。
その時「真琴、好きだよ ! 」と一瞬、軽いキスをされました。

時間が経過するに連れ、手を繋ぐようになり、肩
を寄せ合あうようになりました。「真琴、誠司」と名前で呼び合うようにもなりました。

私には浮気してると、いう感覚がマヒしていましたし、独身なのだと自分勝手に暗示をかけたのかも知れません。

ホテルに戻るとシャワーをして服を白のワンピースに着替えて、下着はピンク色の透けたのを着けました。何かを期待していたかも ?

レストランで一緒に夕食を取りました。ワインで乾杯をして、バーで飲みました。少し酔いしれました。

誠司は、私を抱き支えるように、私の部屋に連れて行ってくれました。
その時、キスをされました。私は抵抗なく、甘い、甘いキスを受け入れました。

軽いキスから舌を絡めるディープ キスへと変わりました。

ディープ キスをしなから服の上から片方の胸を揉まれました。
胸はEカップなので、多少は自信が有りました。

私も酔いが手伝いしたのか、誠司の首に両腕を廻しディープ キスに陶酔しました。

誠司は私のワンピースを優しく脱がせパンティとブラジャーだけにしました。

私も誠司の希望通り、ブリーフ以外を脱がしてあげました。ブリーフをチラ見すると大きなテントのように張っていました。

私を抱き上げベッドに寝かせました。覆い被さりディープ キスの続きをしてきました。
頭の中からは主人が消え、独身気分でした。

「真琴、綺麗だよ ! 」と言ってくれ、口の中を甘い舌で舐め廻してくれました。
私も「誠司 、好きよ ! 」と言ってしまい、彼の口の中に舌を入れ舐め廻しました。

誠司は、気付かないようにブラジャーのホックを外していました。ディープ キスをされながら胸を直接揉まれたり乳首を摘まれたりしました。
乳首も吸われました。

私は「あ、あ、 い、い~ 」と喘ぎ声を漏らしていました。

私もブリーフの中に手を入れ◯んぽをシコっていました。主人より遥かに大きな◯んぽでした。

69の姿勢になり、お互いにパンティとブリーフを脱がし誠司は私のマンホールをピチャ、ピチャと音をたて舐め廻してくれました。

私も大きな◯んぽを口で、チュパ、チュパと音をたてるようにフェラーリしました。

「真琴、フェラーリ上手いけど誰に教わた ?」
私は主人とは言えないので「昔の彼氏からよ ! 」と答えました。

マンホールの中に指を入れられ掻き回されると感じ過ぎて「あぁ~ん ! 気持ちいいよ~ そこ、感じちゃう~ あ、あ~ いぃ~ 」と大きな喘ぎ声を出してしまいました。

「真琴、凄く潮、吹いてるねぇ~ 気持ちいいかい ? 」
私が潮を吹くなんて初めてでした。

「あぁ~ん 恥ずかしいわ~ でも気持ちいい~ 気持ちいい~ もう、いきそう~ ! 」
「まだ、ダメだよ ! ◯んぽで、いかないと ! 」と誠司が優しく囁きました。

頭がぼーとしてきた時に。
誠司が「真琴、◯んぽ、入れていい ? 」
「いいわよ 。優しく入れてね! 」と言いました。

マンホールにゆっくりと◯んぽが入ってきました。大きな◯んぽなので、最初は少し痛みを感じましたが、すぐ気持ち良く感じました。
「あぁ。いい~ まだ全部、入れないで~ あぁ~」と声を出しました。

主人なら全部入れられても、こんなに感じませんでした。

「痛くないかい ? 抜こうか ? 」
「気持ちいいから抜かないで~! あぁ~ いい~」

ゆっくりと◯んぽを動かしてくれました。

動かしながらディープ キスをしてくれます。胸も揉まれました。

「あ、あぁ~ 気持ちいい~ もっと入れてみて !」

誠司は全てを入れて動きが早くなりました。
ベッドの軋む音、マンホールと◯んぽが擦れる音がリズミカルに耳に入りました。
暫くすると。

私は「あぁ~ 奥まで、入ってる~ 壊れちゃう~ 凄く気持ちいい~ いく、いく~」

誠司も「僕もいくよ~ 口に出すよ !」

私は大きな口を開け、カルピスを受け入れました。溢れないように飲みました。

またフェラーリをすると、◯んぽは元気になり色んなスタイルでsexをしました。

誠司が部屋から出る時に、電話番号を交換して、日本で会う約束をしました。

フライトが休みでお互いの都合が良ければ、愛車で誠司の住む街まで会いに行き、ラブホテルで密会を重ねました。私の家には誘いませんでした。
既婚者とバレるからです。

そんな私に神様が罰を与えたのです。私は誠司との赤ちゃんを身籠ってしまいました。私は赤ちゃんをおろし、既婚者である事を正直に話して別れようと考えました。

誠司に正直に私が既婚者である事、誠司の赤ちゃんを妊娠した事を正直に全てを話しました。

誠司は「旦那と別れて、僕と一緒になってくれ」と言いました。

誠司は僕の家族に紹介したいとも言い、スマホで家族写真を見せてくれました。

その中に写っていた姉と言う人が、主人が妊娠させ、棄てた元CAでした。女性として、主人に怒りを感じました。

今、考えると誠司はCAの業務をよく知っていました。

私は決めました ! 新しい青空に飛び立とうと ! ・・・・・

16+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR