エッチ体験談が12,000話を突破しました。

中学高校時代の私は伯父と伯母の性奴隷でした

PR

ユキオさんから投稿頂いた「中学高校時代の私は伯父と伯母の性奴隷でした」。

小学6年の終わりころに両親を事故で亡くした私は、子供がいない伯父夫婦に預けられて、高校を出るまで育ちました。
預けられた時、伯母は40歳、伯父は44歳でした。
その伯父夫婦は変態で、伯父も伯母も少年を愛する性的嗜好がありました。

中学に入って、幾分落ち着きを取り戻した私は、伯母の見ている前で伯父にペニスを扱かれ、初めて精通をしました。
性に疎い私は、何をされているかよく理解していませんでしたが、恥かしい行為をされていることは理解していました。
この後、伯父と伯母の夫婦の営みに参加させられ、初めてセックスを見ました。
そして、伯母で童貞を失い、伯父にアナルを開発されてアナルヴァージンを失いました。
私は、ペニスを伯母に、アナルを伯父に囚われて、中高の6年間を過ごしました。

伯父と伯母にされる性行為は、中学生の私でさえアブノーマルな変態行為だと感じていました。
でも、伯母という女性とのセックスは快感だったし、伯父にアナルを犯される被虐でさえ快感と思えてくるようになっていきました。
伯父とのセックスだけでは満足しない伯母は、私の若いペニスに夢中でした。
不妊の伯母のヴァギナには、伯父のザーメンが注がれていますが、その後、私のザーメンを2発注がれます。
いつもはそこで終わるのですが、月に2、3度、伯母は満足できない時があって、そうなると大変です。
伯父は二回戦はきついので、私が三回戦に挑まされます。
ペニスとタマと根元の三か所を締めるリングが三つ繋がったものを装着され、強烈に締め上げられます。
血流が阻害され、強制的に勃起させられます。
私に跨って伯母が腰を激しく振り、私はマグロ状態ですが、伯父はその様子を見ながらビールを飲み始めます。
伯母は、狂ったように腰を振り、
「ユキオちゃん、まだよ。まだ出しちゃダメよ。」
と腰を前後左右、上下に動かしてヒイヒイしています。
リングで締め付けられていても、射精はしてしまいますので、伯母のヴァギナに漏らして叱られます。

伯母が生理の時は、伯父にアナルを犯されます。
まず、伯母にディルドで勃起させられ、解れたアナルに伯父のペニスが入れられます。
伯父にアナルを犯されながら、伯母に亀頭責めをされるのです。
伯父が私のアナルに射精するまで、私は亀頭責めからのペニス扱きで3回くらい射精させられ、その精液をローション代わりに射精後にも亀頭責めを受け、切ない男の潮噴きをさせられます。
たまに、伯母がいないときに伯父にアナルを犯され、トコロテンすることもありました。
男の潮噴きやトコロテンをする男子中学生って、珍しいと思います。

伯父が出張で伯母が生理の時はかなり悲惨で、四つん這いになった私のアナルを、伯母にディルドでジュボジュボ音を立てるほど犯されます。
しかも私のペニスには、例のリングが三つ繋がったものでペニスとタマと根元をガッチリ締め付けられます。
伯母にアナルを犯されながら、私は激しく勃起したペニスを揺らして悶えます。
ディルドで開いた私のアナルに、ゴルフボールくらいのアナルボールが数個挿入され、ゆっくりと引き出されます。
アナルボールって、ゆっくりと引き抜かれるとき、最も直径の大きな部分がアナルを通過する瞬間、もの凄い快感が身体を突き抜けます。
思わず、ヒィーッ!と叫んでしまいます。
あまりの快感に、触れられてもいないペニスからダラダラとザーメンが漏れ出します。
伯母は、アナルを犯されて射精する男子中学生のm締めな姿を、冷ややかな笑みで見つめます。

中三になった時、伯母にコックリング付きアナルプラグを装着されました。
コックリングはペニスを締め付け血流を阻害し、勃起を持続させます。
アナルプラグは、前立腺を刺激して勃起を促します。
それが繋がっていて、連動するのですからたまりません。
伯母は、コックリング付きアナルプラグでビンビンいなった私のペニスに跨がります。
「あああ~~子供チンボ最高~~」
と叫びながら、私のザーメンを搾り取ります。

高校になっても私は伯母と伯父から辱めを受けていました。
高校を卒業する頃になると私の身体も大人になり、伯父と伯母から解放されて、上京して住み込みで職に就きました。
住み込みの宿舎では、先輩たちにアナルを輪姦され、50代の寮母さんのセックスの相手をさせられました。
社会に出ても何ら変わらないどころか、先輩たちに犯されて感じて、
「お前、初めてじゃねえな?毎日ケツマンコに種付けしてやっからよ。」
と言われて、毎日アナルにザーメンを注がれていました。

そんな私は、22歳の時にある女性に見込まれて住み込みの仕事を辞めました。
その女性は11歳年上の33歳で、とても綺麗な方でした。
私は、その女性の性奴夫として、その女性と婚姻して子供を作り、夜はその女性が主宰するマゾショーの舞台に立っていました。
大勢の女性客の前で緊縛され、アナルを犯され、ペニスを虐げられながらザーメンをビュビュっと噴き出す姿を晒して収入を得ていました。
ゲイビデオへの出演もしていて、ニューハーフ女王様の生ペニスでアナルを犯されながら、亀頭責めで喘がされて何度もザーメンを漏らし、男潮を噴かされるマゾ調教シリーズは、海外から無修正版が配信され、ヒットしました。

今は結婚して25年、田舎に引っこんで、かつて伯父と伯母が住んでいた家に住み、スーパーの店員をして暮らしています。
私も47歳になり、穏やかな生活をしています。
58歳の妻はもう私の下半身を虐げることもなく、週に数回、ノーマルなセックスをして過ごしています。
時折、施設で暮らす伯父と伯母の様子を見に行っています。
この家に戻って7年、先日、昔使っていた古いコックリングを見つけました。
なんだか、懐かしくなって、下半身を虐げられてマゾ隣り果てた少年時代の事を書き記してみました。

8+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR