エッチ体験談が11,000話を突破しました。

「J童会」という店で元ロリータ風俗嬢だった幼な妻と再婚した話し

PR

五十路オヤジさんから投稿頂いた「「児童会」という店で元ロリータ風俗嬢だった幼な妻と再婚した話し」。

バツイチ再婚の私は54歳、再婚して11年の妻はまだ31歳です。
妻はよく「箕輪はるか」と「吉高由里子」を足して二で割った感じと言われますが、見た目はかなり幼く見えます。
それもそのはずで、妻は19歳の時にロリータ風俗嬢でした。

「J童会」という店での妻は、赤いランドセルを背負って、ツインテールでアブナイ雰囲気でした。
しかも妻はその恰好が非常に似合っていて、まるで児童でした。
そんな児童のような女の子が手で扱いて抜いてくれるのですからタマリマセンでした。

妻があまりにも可愛いので、本気で口説いたら、
「おじさん、もし、私の借金を肩代わりしてくれたら、私、店辞めておじさんと付き合ってもいいよ。」
と言われて、借金の金額を尋ねたら50万円だったから、騙されてもいいやと思って出してあげました。
そしたら、騙されたどころか、そのまま私の元へ転がり込んできました。

見た目がほぼ児童の19歳の女の子が、可愛いパジャマ姿で私の布団に入ってきたのですから、ロリコンでなくても大興奮でしょう。
身長は150㎝を超えていそうですが、スレンダーなロリ体型、胸はBカップ、ナチュラル系の素朴な女の子の裸はまるで女子中学生でした。
風俗時代に脱毛したのか、まるで児童のようなパイパンワレメを遠慮なく舐めさせてもらいました。
甘い少女の匂いと味を堪能し、小さく狭い幼マンに43歳のチンポを挿し込める夢のような生活が始まりました。

個人的には、ランドセル児童より女子中学生の方が萌えるので、前の年まで娘が着ていた中学のセーラー服を着せて、娘の同級生の女の子を犯しているハメ撮り撮影もしました。
外はツルツル、中はグチュグチュ、見た目は女子中学生でも非処女の20歳ですから、欲しくて綺麗なワレメが開きます。
生チンポを挿し込むほどに、パイパンワレメから女子中学生とは思えぬほどドクドク愛液が溢れ出ます。
風俗時代に身に着けたのでしょう、まるで児童のようなピュアな仕草に勃起が止まりませんでした。

当時、某スポーツ推薦で娘が全寮制の高校へ行っていましたが、年末に帰省した時、妻を見て驚いていました。
当時妻は20歳になったばかりでしたが、高校1年の娘より幼く見えたのです。
私をロリコンの変態を見る目で見た娘に事情を話すと、
「一緒に住むなら、ちゃんと結婚して。彼女の親御さんが許してくれるなら、私も認めるから。いい?分かった?」
と言われました。

妻の生い立ちなどを知ったのはその時で、妻は母子家庭で育ち、高1の終わりころ、母親の恋人に犯されて処女喪失、その後も性暴力の憂き目に遭い妊娠して、そこで初めて母親がそれを知り、恋人を告発、妻は堕胎しました。
妻の母親はネグレクト気味だったようで、妻はあまり可愛がられて育っていなかったのです。
だから、私には父親のような愛情を求めたのでしょう。

妻は、かなり自暴自棄になって、高校を出たら家出、その時に付き合った男に騙され、ブルセラ風俗に売られてしまったのです。
妻はブルセラ風俗の「S徒会」よりも幼い「J童会」に配属され、借金を赤いランドセルでチンポ扱きの仕事で返済していたのです。
だから、父親のような年の男が妻との結婚を認めてもらおうと母親絵を訪ねたとき、
「好きにしてください。成人した娘が決める事ですから。」
と冷たく言われました。

こうして私は、妻と再婚したのです。
再婚してすぐの頃、妻はしばしば「A沢かな」さんというAV女優に間違えられました。
ググると、妻ソックリなロリな女の子がランドセル、セーラー服、ブレザー姿で犯されていました。
そのAVから切り出した画像は、妻とのロリータハメ撮りに大いに参考になりました。

冬のセーラー服の清楚な装い、夏のセーラー服の清純な装い、それらを穢すシチュエーションの多くを「愛沢かな」さんから学び、ハメ撮りに取り入れていました。
娘の中学のセーラー服も冬は紺色、夏は白色でした。
妻にそれを着せて、紺のセーラー服では三つ編みで麻縄緊縛、夏の白いセーラー服ではポニーテールで青いロープ緊縛、全裸にはツインテールで赤いロープ緊縛と色々参考にさせてもらって、SMハメ撮りもしました。

結婚して2年後、妻が22歳になった頃、
「私、赤ちゃんが欲しい・・・」
と言いました。
当時45歳の私は悩みましたが、妻がどうしても欲しいというし、22歳になってそろそろ女子中学生も厳しくなってきたので、娘のセーラー服の着納め戸ばかりに、セーラー服種付けハメ撮りをしました。

セーラー服女子中学生の身体を隅々までねぶり尽くし、パイパン幼マンにイキリ起ったオヤジチンポを奥深く捩じ込んで、濃厚精液を注ぎ込みました。
その見た目は、高校受験を控えた女子中学生のようで、まだ意識がハッキリして行動をコントロールできるうちは、
「あん、いやん、恥ずかしいよ~~。」
「中に出してやるから、赤ちゃん孕めよ。」
「やだ~~!中には出さないで。赤ちゃん出来ちゃう~~」
と女子中学生になりきっていましたが、中身は22歳の人妻なので、
「ああん、ああん、あああ~~逝く逝く逝くぅぅぅぅぅ」
とセーラー服が可愛い女子中学生顔でも、反応が大人になってしまいます。

ついに妻が妊娠、安定期を迎えた妻に娘の中学のセーラー服を着せて、妊婦ハメ撮りをしました。
お腹が大きいのでスカートは無しで、上だけセーラー服です。
愛しいパイパンマンコは妊婦のポッテリマンコ、そこにねっとりと挿入します。
女子中学生なのに孕まされた少女が、オヤジチンポにメスの本能を呼び覚まされて、曝け出してお色気タップリの喘ぎ声を響かせてしまうのです。
妊婦セックスはスローペース、ゆっくりなオヤジの腰使いのリズムに合わせるかのように、密かに腰を合わせる幼い愛しさが感じられます。
お腹の子をいたわるような女子中学生の小さな腰使いに、武者振いするほど興奮しながら、奥深く、オヤジ精液を注入してあげました。
これが、妻のセーラー服ハメ撮りのラストシーンです。

この時生まれた女の子は、現在小学2年生になっています。
31歳の妻は、年の離れたお姉さんのようで、母親には見えません。
今はもう、ハメ撮りはしていませんが、セックスは頻繁にしています。
54歳のオヤジチンポですが、可愛い妻のロリボディとロリ顔を見せられれば、嫌でも勃起します。
二回戦はきついですが、やる気になれば毎日やれます。
でも、妻の方が家事とPTAとの両立が大変なので、この頃は週3回程度ですが、この年でそれだけできるのも、可愛い妻がいるからだと思っています。

前妻が産んだ長女は、全寮制だった高校がある街の実業団に進み、一昨年、25歳で結婚、先月、初孫を出産して現在里帰り中で、妻が面倒を見ています。
間もなく、孫を連れて帰る日が近づいていて、ちょっと寂しいおじいちゃんです。

元ロリータ風俗嬢の妻と再婚して、これほどの幸せに囲まれるとは思っていませんでした。
ちょっと自慢したくて、投稿してみました。

24+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR