エッチ体験談が12,000話を突破しました。

激烈にクサマンな元先輩OLと、ラブホのプールで放尿プレー!

PR

トモキさんから投稿頂いた「激烈にクサマンな元先輩OLと、ラブホのプールで放尿プレー!」。

27歳の時のある日の仕事帰りに前に勤めていた職場の先輩OL(以下加藤さん=仮名)とコンビニでばったり出会った。 

加藤さん「あれー、K(オレ)しばらくじゃないのー!元気ぃ?」
オレ「加藤さん。こちらこそお久しぶりす!」

加藤さんはオレが大学を卒業して新卒時に一番最初にお世話になった直属の上司でオレよりは5歳年上。
ややヒステリックだけど、あっさりとした性格で部下を大切にする面倒見の良い仕事はまあまあ出来る姉御肌。
ちょいと出っ歯でソバカス顔だがストレートな短めなセミロングの髪型に可愛いボーイッシュな顔立ちの女性。
若手男子の中に入ってエロトークもしばしば展開してくれたほどの気さくさを兼ね備えている。
加藤さんもその前の職場は辞めており、彼女の特技であったアクアビクスのコーチをしてると言う。

ちょっと立ち話をした後に加藤さんは「ねえK、ヒマだったら久々に飲みに行かない?」とお誘いを受けて居酒屋へ…。

酒の席では思い出話や今現在の職場の話で弾み、天然ボケなオレに次々と漫才みたいな突っ込みを入れる。
そうしてるうちにお互いに酔いも回って加藤さんから彼女できたかと聞かれて、いないんですよと答えると「まだなんだぁ~?寂しいね~!」と痛い質問と回答。
オレも「加藤さんこそ彼氏は?」と反撃に出ると「関係ないでしょ!大きなお世話!」とあしらわれて更に加藤さんは話を逸らして「毎晩右手のお世話かぁー…。Tも寂しいねぇ…。」と自分の事を棚に上げるように軽く詰り気味に顔を寄せた。
年上の、かつての上司としての取り繕いにしか見えない。
ちょっとイラッとしながらもオレはこりゃ男っ気ないことがバレバレだ(しかしチャンスだ!)と踏んでちょいとエロな彼女に「加藤さんだって指で自分慰めてるんじゃありませんの?」とちょっとからかうように返すとやりきれない、しかも苦虫を噛み潰したような表情でオレを睨むがそれでも空気はエロくなっていて加藤さんの口元も緩んでいたために、「加藤さん、今夜これからオレと遊びませんか?こんな水掛け論したって酒も不味くて埒があきませんよ!」と釘を刺した。
「Tもいつからそんなに強くなったのさぁー!生意気ねー!」と言いながらも折れたのか「わかったよ!遊ぼうかー…。」と勝ち気な女性の豹変ぶりを見せた。
可愛いな…。
心を割った加藤さんは8年程彼氏はおらず、対するオレも大学卒業後には彼女はいない始末だった。

年始の月曜日だったせいか、ラブホも選り取りみどりで、ボーナスも入った後だったこともあって加藤さんの好きな泳ぎに合わせてプール付きラブホにした。

ノリノリの加藤さんもオレも早速プールに行き、真っ裸。
加藤さんはちょっと小柄ながら仕事柄かけっこう肉付きが良くて、オッパイも特別に大きくは無いが手のひらサイズはあってやや大きめのまだ赤みの残る乳輪。
陰毛はありのままの手入れされていない縦長に黒々とやや濃い目に生えていた。

二人して同時にプールに飛び込んで泳ぎながらの追っかけっこ。
「加藤さん、捕まえたぞー!」と彼女のオッパイを背後からレイプするようにわしづかみ!
キャーキャーはしたなく金切り声を上げてはしゃぐ加藤さん。
プール内でびったりとベロチューしながら加藤さんの女体を凌辱した。
加藤さんも負けじと「この極悪オチンチンめー!」といきり立ったオレの肉棒をむんずと握りしめる。
潜ってまたディープキス!
やみくもにバグする自分だが、泳ぎのテクニックじゃ彼女に叶わない!
水中でゆらゆら揺れる彼女の毛深い陰毛も卑猥。

プールサイドに上がると加藤さんがフェラを申し出たので、いっそのこととばかりに公平にシックスナインをすることにした。

加藤さんのフェラはややがさつで、出っ歯なこともあって亀頭にちょくちょくと前歯が当たるが貪欲な吸引力だった。

一方加藤さんのアソコをクンニして、自然体なマン毛の感触は気持ち良かったがこれまた一言では表現できない激臭マンコ!
イカ臭いというか海藻が乾いて腐ったような猛烈にオレの鼻を突くもしかしたら膣ワキガかと疑いたくなる程のものではあったがかえってオレのカンフルになった。
そしてマン汁の味はしょっぱいどころかちょっと辛かった。

そんな加藤さんは明らかに長年男っ気の無いことを証明した形だ。

そうしてるうちに遅漏なオレも加藤さんの熱心な舌使いと、このマンコの激臭にそそられて、ようやく射精。
ゴクリと飲み込んではくれたが、大量に発射したために加藤さんも噎せながら、「ゴホッ!ゴホッ!もー、出すときくらい言ってよー!」とちょっとカリカリしてる。
「お味はどうでしたか?」と聞いたところ彼女は「苦いよ!」と何のにべもなく答えた。

次物足りないとばかりに、せっかくだから何か変態プレーをしたいと提案した。
「痛いのはイヤだよ!」と加藤さんはやや気の進まない感じだったので、ここはソフトに行こうとどうせプールだしというわけでこの場で放尿プレーを申し出た。
「もう、仕方ないねー!あ、それならさ、オシッコ掛けあっこしようよ!」と加藤さんも承諾。
ってなわけで「一斉のせい!」でオレも加藤さんも放尿!
加藤さんは女性ながらの立ちションを披露してくれた。
加藤さんは他人の前での放尿は生まれて初めてらしく、オレも女の立ちションは初めて見た!
オレは加藤さんのオッパイとアソコを目掛けて、加藤さんはオレのチンポを目掛けてそれぞれオシッコを飛ばすがさすがにこれは加藤さんは不利かなと思いしや、アクアビクスで鍛えた名器なのかかなり勢いよく放尿した。
まるで放水銃のようにストレートに飛ばし、コントロールも抜群でオレの肉棒に直撃した。
彼女の生暖かいオシッコがオレのを濡らす。
オレのも加藤さんを濡らしていた。
そして加藤さんはピントをずらしてオレの顔面にオシッコを掛けた。
「ワプッ!」とオレは一瞬怯んだがお返しとばかりに加藤さんの口元に狙いを定めてオシッコを直撃させた!
今度は「ブフッ!」と加藤さん。
お互い出しきって、汚れた身体で抱きあった。
ツーンと来るようなオシッコと精液の入り混じった匂いにまみれて再度キス!
「Tってタフだね!」とちょっと甘えるような口調でトローンとしたような形相で寄り添ってチンポを擦る加藤さん。
「加藤さんも度胸満点ですよ!」とオレもオッパイを揉みながら彼女に手マンをする。
指を挿入したところ、さすがにアクアビのコーチらしくギッチリとオレの人差し指を締め付けた。
なかなかの名器ぶりだ!

プールを出てシャワーを浴びながらお互いの身体を洗いっこする。
加藤さんのアソコに勢いよく熱湯シャワーを浴びせるとヨガリまくる。
泡立てて洗うも彼女の激烈なマン臭は消えることが無くってこれまた興奮するばかりのオレ。
ここでもまたお互いに身体を舐めあっこして彼女のお漏らしをもバッチリと拝見させて貰えた。

それからベッド!
ここからの最大の楽しみはやはり加藤さんの締まり抜群の名器!
挿入したら期待通りだった。
上半身をリラックスさせて開脚していてもオレの肉棒はしっかりと固定されてるではないか!
激しく彼女のGスポットを突くと、呼応するようにグイグイと締め付ける。
ちょっと痛いくらいでもオレもこれには快楽だった。
ちょうどこのホテルには膣圧計もあったので、計ってみると、平常では31㎜Hg、意識して最大限に締めたところ55㎜Hgと平均を明らかに上回っていた(日本人女性の膣圧はどうやら20~40㎜Hgらしい)。
そこで、調子に乗ったオレは先ず加藤さんにバナナプレーをしてもらったら、見事に切る事ができて、続いてはタバコを吸わせる事も出来た。
これでテンションが上がり、体位をそれぞれ変えてプラス四回の名器セックスに励んだ!

その後はセックスも変態プレーも相性が抜群のオレと加藤さんは密かにセフレになって、数年にわたりお互いの部屋やホテルなどで彼女の名器と強烈なマン臭を堪能しながら放尿プレーを合わせてバコバコとセックスしまくった。

終わり。

4+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR