エッチ体験談が12,000話を突破しました。

判らない女心

PR

ダメ男さんから投稿頂いた「判らない女心」。

俺は31才になる石田と言います。妻と子供1人がいましたが昨年に若い男に寝取られ、今はバツイチです。
話しは5年前の26才の頃の事です。少し心苦しい話ですけど書いてみました。

当時、独身でスキューバダイビングが好きな俺は一人でマニラ経由の◯◯島へ6泊7日で行きました。

◯◯島に着いて2日後、スキューバダイビングからホテルへ戻ると、日本から佐藤さんと言う新婚夫婦が来てました。

ホテルで仲良しになり、お互いに自己紹介をしました。旦那は、同じくスキューバダイビングが好きで、ハネムーン先をここに選んだそうです。

ただ2人は、◯◯島では現地の皆なが、日本語が通じると思い間違いをしたみたいです。
俺は日本語も現地語も喋れましたので通訳をしてあげました。

偶然にも同じ県で隣の市に住む方でした。

旦那は29才の医者です。見た目は30代後半に見えました。奥さんの瞳さんは21才で、かなりの美人でプロポーションも抜群です。いわゆる8頭身美人でモデルみたいです。

正直、不釣り合いな夫婦だと思いました。

次の日、夫婦はスキューバダイビングに行きたいのでホテルのフロントに予約したいと言うことで、俺が通訳してあげました。(gusto ko puputa・・・)と言った感じです。

ホテル側から、奥さんを連れて行くのは危険だから止めた方が良いと言われました。

理由は2週間前に、日本から来た夫婦の奥さんがレイプされた事件が有ったとの事です。過去にも数件有ったみたいです。

その事を夫婦に伝えると、旦那だけ行く事になり奥さんはホテルのプールで待つ事としました。

旦那には日本語の話せるガイドとガードマンが付くように頼んであげました。

俺は、その日は、のんびりとホテルのプールでビールでも飲みながら過ごすつもりでいました。

プールサイドのチェアーに寝転びビールを飲んでいると、側のチェアーに黄色のビキニ姿の奥さんが腰かけて話しかけて来ました。俺は信用されたみたい。

奥さんを見ると何とも言えない身体です。髪は栗毛色のサーファーガールのようにロング。豊満な胸(多分、Gカップ)は、はち切れんばかり。無駄なく絞られた腰。パンティが破れそうな大きな尻。スラリと長い脚。思わずちん◯が勃起しそうになりましたが我慢しました(笑)。それに加え美人です。男なら誰でもセックスしたいと思うでしょう。

不釣り合いな夫婦と感じたので、奥さんに2人が結婚に至る経緯を聞いたら、奥さんは旦那の激しいアプローチと医者と言う肩書きの魅力に負けプロポーズを受けた事が判りました。もしかして後悔しているのか ?とも感じました。

その日の昼食をレストランでビールを飲みながら一緒にしました。奥さんは俺との会話が楽しいみたいです。レストランは水着のまま入れました。
他の男達も奥さんを見ます。

奥さんはアルコールに弱いみたいで、ほろ酔いになったみたいです。

その時、俺の心に悪魔が囁きました。チャンスだ !奥さんを自分の女にしろ !

ほろ酔い気分の奥さんの肩を抱え、自分の部屋へ連れて行きベッドに寝かせました。

キスをしました。ほろ酔いですが、意識はしっかりしてて抵抗されました。
「ダメよ ダメ ! 瞳には主人がいるのよ こんな事ダメよ !」

両手を片手で頭上に押さえつけ、片手で顎を押さえ無理矢理キスをしました。

さすがに口は閉じたままでディープ キスは無理でした。

水着のブラを取り外すと、形のよい豊満なオッパイが弾けるように。
ピンク色の乳首を舐めたり噛んだりし、片手で揉みほぐすには大きめのオッパイです。ゴム毬のような固さのオッパイです。何と I カップです。普通、この大きさなら垂れてるが、一切垂れてなく張りが有りました。

奥さんは「止めて ! こんな事 、本当にダメだったら !」と涙声で叫びます。

俺は無視して水着のパンティを脱がせました。
両足を力で開けクンニを始めました。

「お願いだから止めて ! 主人に言わないから」
「奥さん、言ってもいいよ !奥さんが誘ったと言うから。 何なら入り口のドアを開けようか ? ホテルのボーイに見られるけど。」
「それは止めて !」

クリを舐めまわし、指を入れ掻き回しました。Gスポットを責めました。
奥さんは感じてきたみたいで、抵抗する力も無くなり、反論する言葉も出なくなりました。

マン◯からは、ジュースが溢れ流れてきました。
締まり良さそうなピンク色のマン◯です。毛の手入れしたのか形良く揃っていました。おそらく処女に近いと思います。

奥さんの鼻息は荒くなり。
「うぅ~ あぁ~ 」と喘ぎ声が聞こえ始めました。
俺も海パンを脱ぐと威勢よく勃起したチン◯が飛び出してきました。

奥さんにフェラさせようと口元に当てましたが口を頑なに開きません。

仕方ないので、両足を開げて持ち上げ、いわゆる、まんぐり返しの姿勢で、ゆっくり挿入しました。大きなチン◯を入れるには狭いマン◯ですが、十分、濡れてますから痛がりません。

「奥さん、見てごらん ! チン◯が入っているの見えるだろ」
「イヤだ イヤ !」
「奥さん、嫌だと言いながらマン◯、凄く濡れているよ !」
「瞳には主人がいるのに ~ あぁ~ !」

ピストンを早くすると。
「あぁ~ ダメ~ いぃ~ !」と喘ぎ声を連発する共に身体を自身が感じるように動かします。

色々なスタイルで責めまくりると、喘ぎ声が止まりません。カルピス3発を中に発射しました。
最後は、得意の駅弁で責めました。

「あぁ~ 大きなチン◯が奥深く突きささってる~ 凄く、凄くいい~ 初めて こんな気持ちいいの ! いく いく ~!」と叫びながらぐったりとなり、しばらく俺に抱かれていました。

それから自分の部屋へ戻って行きました。
夕食時、レストランで旦那から「石田さんのお陰で楽しくダイビングが出来ました。ありがとう ございました」
「いえ、お役立てて良かったです。奥さんも、のんびりとプールサイドでトロピカル ジュースを飲んでいるのを見かけました」
奥さんは微笑み無言で会釈しました。

次の日も、バカ旦那は奥さんを残しスキューバダイビングへ。
奥さんは、ホットパンツにノーブラにTシャツ姿で俺の部屋に来ました。

俺は3日間、スキューバダイビングをキャンセルして奥さんと激しいセックスをしました。

もう奥さんは自分から積極的なセックスです。ディープ キス、フェラやパイずりもしてくれました。勿論、経験が無いので教え込みました。

「奥さん、旦那に悪いと思わないの ? ハネムーンに来たんだろ 」
「主人なんて、どうでもいいわ。 あぁ~もっと感じさせて ! 気持ちいい~ ! あ~ん はぁ はぁ あぁ~ いく~ ! 」
「奥さん、淑女なふりして本当は淫乱だなぁ」
「瞳、こんな激しいのが好きだったの ! あぁ~ん~ 」
「旦那とのセックスは ?」
「ただ、入れるだけのセックスよ。 あぁ~気持ちいい~ 」

奥さんからは罪悪感は消え、飢えたメスのよう喘ぎ、ヨガり、全身を動かし感じ取るセックスでした。旦那は俺達が、こんな関係になっているとは知る余地も有りません。

一足早く日本に戻って仕事に頑張りました。
3週間後、奥さんから「会いたい」との電話がありました。待ち合わせの場所に向かうとブルーのミニ ワンピース姿の奥さんが立っていました。

近くのラブホテルに入ると。
「瞳、生理がこないの ! 赤ちゃん出来たかも? きっと貴方とのハネムーン ベビーよ !」
俺は少し驚きましたが、お互いの身体を求め合いました。週一の頻度で会いました。

それから半年後、奥さんは旦那と離婚して、時をえて、俺と再婚しました。

瞳は普通の会社員の俺だけど幸せだと言ってくれてます

これだけのナイスな妻が浮気しないかと心配する反面、他人に寝取らせてみたい気持ちも生まれてきました。
気のせいか、瞳のマン◯が、少し緩くなったような気がします ?

瞳はフェラをしながら「やっぱり、瞳の人生パートナーになる人は、職種なんて関係ないわ。大きなチン◯で、テクニックの上手い人がいい~」と微笑を浮かべながら、いつも言っていました。この微笑みの訳は ? と気になっていましたが、今になって判りました。

8+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR