エッチ体験談が11,000話を突破しました。

合コンに来た子持ちの人妻

PR

性奴隷さんから投稿頂いた「合コンに来た子持ちの人妻」。

人数合わせで参加した合コンに、知り合いの人妻が参加してた。
小柄で可愛い感じで胸もデカい。
その人妻も俺に気付いて、何故か「隣においでよ」と言われて、誘われるままに隣に座った。

俺には店内の暖房が暑く感じたので上着を脱いでソファーに置く。
酒が運ばれてきて合コン開始。
皆んな飲むペースが早くて、人妻さんもあっという間に酔ったみたいだ。
酔った人妻さんは何だか色っぽくて、何故か俺の膝の上に座ってきた。
「上着貸して?」
俺は脱いだ上着を人妻さんにわたすと、人妻さんはそれを前から掛けて「温か~い」と喜んでる。

で、少ししたら人妻さんが後ろ手に俺のチンポを触り始めた。
上着を掛けたのは、この動きを隠す為だったようだ。
「悪戯しちゃダメですよ」
俺は耳元で囁くが、人妻さんはチンポを触るのを止めない。
やられっぱなしは悔しいから、俺も人妻さんのスカートの中に手を入れて下着越しにマンコを触る。
他にもメンバーが居るのに、俺と人妻さんは互いの性器を隠れて触り続けた。
人妻さんの下着はすぐにビショビショになり、息も乱し始めた。
すると、人妻さんは器用に俺のズボンのチャックを後ろ手のまま下ろしてチンポを出す。

そして座り直すフリをして下着越しに素股を始めた。
俺は愛撫する手を止め、下着をずらして直にチンポを擦り付ける。
ヌチャヌチャと聞こえそうなほどに濡れたマンコは熱を帯びてる。
少し体勢を変えて、擦り付ける角度を変えた。
何度か角度を変えて擦り付けると、上手いことマンコに入った。
皆んなの前で人妻さんとこっそりセックスする。
奥をグリグリとしてあげると人妻さんは更に息を乱して腰をくねらせる。

もっと派手に動きたいのに動けないもどかしさも偶には良いもんだ。
暫くは楽しめたが遂に人妻さんがイキ、マンコがキュウっと締まる。
と同時に俺も限界になり、人妻さんの耳元で囁く。
「すみません、もう出そうです」
「良いですよ」
思いがけない人妻さんの一言に、俺は嬉しくなって人妻さんをギュッと抱きしめて奥で射精した。

人妻さんは大人しく俺の精子を受け入れてくれる。
中で出し切った後、人妻さんの下着を戻してマンコと下着の間でチンポを挟んで擦り、残りを吐き出す。
スッキリしてチンポをしまい、人妻さんの耳元でお礼を言う。
「気持ち良かったですよ、ありがとうございます」
「私もです、ありがとうございます」
人妻さんも小さな声でお礼を返してくれた。
「あと、私今日危険日なんですよ」
と爆弾も落とされた。

17+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR