エッチ体験談が11,000話を突破しました。

ブスオンナ

PR

知能は永遠に幼稚園児さんから投稿頂いた「ブスオンナ」。

俺はc学一年生だった。
一学期の初夏のころ、昼休みのあとに体育の授業があるから、体操着で学校の中をウロウロしてたら、同級生のアカリが近くの階段をのぼっていくのが見えた。

アカリはs学生ん時から、たびたび同じクラスになったけど「子猿」と呼ばれてるチビなブスだ。

だけど階段の下から見上げた、体操着のアカリのお尻に何かムラムラ来て、俺、後ろから勢いよく走ってアカリを抱きあげた。

「えっ、どうしたの?」
アカリは俺に驚いてたけど、かまわずに俺は廊下のすみにある死角にアカリを連れていき、何も言わずに体操パンツと下着を一撃で脱がせた。

アカリの尻が現れた。俺、ソッコーでアカリの尻の割れ目をベロベロ舐めた。

「やだ…… そんなとこ舐めるなんて……」アカリはそう言いながらも、別に抵抗はしなかった。

   ▽

まあ、俺がアカリの尻を舐めるのに ためらいがなかったのは、s五年生のころから近所のアラ還のオバサンに、尻や股間を舐めさせられてたからだ。
その頃の俺はオバサンに汚いことさせられてる、ってことをはるかにしのぐエッチへの好奇心があった。

オバサンはある日言ったんだ。
「アンタ、じょうずに舐めるなぁ。女の子にそれやったったら喜ぶでぇ……」

オバサンはその後、引っ越ししちまったもんだから俺は舌をもて余してて、それがアカリの尻を見て一気に暴発したんだ。

   ▽

間もなく、昼休みが終わるチャイムが鳴って俺はアカリから離れた。

だけど、その日の放課後にアカリが俺のそばにやって来て言ったんだ。
「……あれ、気持ち良かったから、もう一回やってくれる?」

俺、誰もいなくなった教室で制服のアカリのパンツ脱がせて、机の上に寝かせてしばらく舐めてやった。
さっきは尻の割れ目だったけど、今度は前の割れ目を舐めてやった。
オバサンと違って、まだ毛がほとんど生えてないからすごく舐めやすかった。

やっぱり、アカリは前の割れ目が舐められて気持ち良かったらしく、脚をバタバタさせて悶えていた。
その脚を強く押さえつけて舐めると、ちょっとレイプ気分になってゾクゾクした。

   ▽

夏休みが近くなったころ、アカリが俺に
「ユウちゃんにも、あれをやってあげてほしい。」なんて言ってきたんだ。

ユウも同級生で「野ブタ」なんて呼ばれてる太目のブスだった。
ブスだけど俺としては、別の女子の割れ目が舐められるんだからラッキーだった。

放課後の教室で、なぜかアカリも立ち会ってユウのパンツを脱がせ、ぷっくりした割れ目を舐めてやった。
ユウの割れ目は舐めるにつれて、だんだん開いて来ていわゆる「生理の出口」がハッキリ現れてきた。

俺、それを見て急に抑えが効かなくなって、自分のズボンと下着をずらしてコチコチになってたチンポをグイッと押し込んだ。

「キャッ!」アカリが声をあげた。「セックスしてる…… ユウちゃんのアソコに、チンポが入ってる!」

俺はユウの身体の上にかぶさると、ユウの上着を脱がせた。そして初めて知った。ユウは太ってたんじゃなくて、おっぱいがずいぶん大きかったんだ。
チンポを割れ目に突き立てたままで、おっぱいをもんだり乳首をいじったりすると、ユウは口を押さえて声を殺しながら悶えた。
それを見てアカリが、ユウの乳首に唇を寄せて吸いはじめた。
俺も、もう一方の乳首を吸ってやった。
ユウが悶えていきなり脚をピンと伸ばしたので、俺のチンポが割れ目から抜けてそこで精液を吹き出してしまった。

……帰り道、俺はアカリに言った。
「ゴメンな。お前の目の前で他の女子とセックスして……」
「いいよ。」アカリは笑った。「私、いつでもしてもらえるもん。」

   ▽

そのあと、夏休みなんかがあったもんだからアカリやユウ、そして二人の紹介した女子の割れ目を舐めたりセックスしたりした。

みんなブスだったけどね。
俺が舌を出さなければエッチな体験するの、ずっと遅れただろうと思う。

でもさ、このこと思い出してふとc学の卒業アルバム開いて見ると、アカリもユウもその他の割れ目舐めた女子たちも、それほどブスってワケでもないんだよな。

単に俺が相手した女子だから、そう見えるのかな。

5+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR