エッチ体験談が11,000話を突破しました。

最高の風俗嬢と会って風俗卒業

PR

卒業生さんから投稿頂いた「最高の風俗嬢と会って風俗卒業」。

俺は48歳で妻帯者です。
元々淡白な妻とは、育児の延長から、いつの間にかレスになり、数年前から月に、0~3回デリヘルを利用していました。

俺の町Bにはデリヘルが無いので、A市とC市のラブホに行って呼びます。

俺の町はA市とC市のちょうど中間です。
どちらも家から車で1時間前後くらいです。
A市とC市はバイパスでつながっていて、中間のB町の旧道にも数軒ラブホはあります。
俺は家から20分で行けるB町のラブホに来てくれると時間的にありがたいのだが、どの店でも、B町交通費(1~3千円)派遣可能と料金表記はありますが、人気店は、時間がかかり女の子の回転が悪くなるので、あまり好まれません。
俺は往復時間を考えれば交通費を払ってもきて欲しいがB町と言うと、すいませんと断られた。
嬢に直接言ってもやはり返事は重い。
その中で1人の嬢さんがOKしてくれた。

その嬢さんの店は、まあまあの人気店で、若手よりアラサー、アラフォーが多く、大人の女性の店って売り文句です。
俺には、ちょうどいい年代の女が多いです。
OKしてくれたのは、最近俺に本○を許してくれたマナさんだった。
マナさんは、HPでは30歳です。
ヘンリー塚本監督作品に出てきそうな、ムチムチして美人とか可愛いってより、大きな瞳とぽってりした唇がなんともエロい女です。
直談判すると、予約で90分以上でラストならB町に行っても良いと言われた。

数週間後、マナさんを予約してB町だと言うとすいませんとオペにいわれたが、本人に確認してくれと言うと、折り返し電話がきてOKになった。

マナさんが受付終了時間から1時間半くらいまでなら来れると言っていた。
俺は受付終了時間の1時間前から90分で予約した。

ホテルに着いて店に電話すると、マナさんはすぐに来た。
その日は暇だったから早めに来て待っていたらしい。

マナさんの出勤は週1~3回で昼から夕方まで、5~6時間です
理由はわからないが出勤すれば金土日とか日月火とか必ず日曜日がからむ。
平日遊びに出にくい俺にはありがたい。
客のオーダー時間に関係なく3人入れば帰ると言っていた。

マナさんは、口数も少なく大人しかった。
某掲示板では
「デブス」
「つまんねぇ」
「マグロ女」
「ババアのくせに無し」
と、叩かれていたが、俺はプレイで極端な小芝居されるより、マナさんの時々見せる素の反応が好きだった。
解禁後は、積極的でチンポを離さなかった。
某掲示板に書いた奴らは、思いをはたせなかったか、セコいお気に隠しだと思った。

二回戦を終わり
ピロートーク
ラストじゃなきゃB町ダメなの?と聞くと、マナさんの家は○○町で帰り道だから、ラストだと自走で楽だと言った。
○○町はB町とC市の中間です
でもA市の店に料金をこれから持って行くんでしょ?と、聞けば、自走だと交通費はもらえるし、料金は次回事務所にもっていくからこのまま帰る方がおトクだと言った。
俺は、少し考えた。
「このつぎ60分でラストで呼んで、店に内緒でマナさんに店の90分料金払うから、マナさんが帰る時間までいてくれる?」
マナさんは良いよと言った。
戸建タイプのホテルから一緒に出ると俺の車の前にリッターカーがドンと横付けしてあった。
「これマナさんの?」
「そうだよ。ウチの店の子B町のホテル来ないでしょ?」
マナさんの店だけじゃ無く他の店も嫌がるので、デリ客も少なくホテルも空いています。

数週間後日曜日
マナさんをまた指名した。
もちろんB町で。
オペは覚えていた。
あっさりOKしてくれた。

トントン!
ドアを開くと
「あぁ~指名ありがとうございますぅ~」
さあさあと部屋に入れた。
「じゃあこれで良いね?」
90分料金と交通費を渡すと、インコール
「もしもし、マナです。はい60分○○○○○円頂きました。…はい」
スマホをしまうと、
「さあ、お風呂いきましょ!」
サクサク服を脱ぎ出し、手首のシュシュでストレートの真っ黒な髪をパパッと結った。

マナさんは、顔もエロいですが身体もエロいです。
スリムな女性がタイプの人はデブって言うかもしれませんが、ムチムチしてオッパイやお尻も大きめですが張りが有りほぼ垂れていません。
乳首が少し黒くて大きいですが、そこがまたエロいです。
抱き心地最高です。
何度も見てるのに、ムクムクと勃起してきます。
俺もすぐに裸になって一緒に風呂へ。

「Aさん身体洗いますねぇ~うわぁ!もう凄いねw」
「マナさん色っぽいからだよ!他の子じゃあ始めからこんなに勃たないの!」
「へぇ~?ホントかなぁ?」
身体を洗い合い湯船で少しイチャついてベッドへ。
マナさんは、照明全開派です。
バスタオルを外してたたみ、すぐに抱きついてDKから始まる。
それからチンポをシゴいて上半身を舐め尽くされます。
舌は下半身に進み俺の足の間に入って股間をベロベロ。
俺はアナル無理なので、舐めなくて良いと言うとマナさんもNGでした。
パイズリフェラもしてくれます。
69をお願いすると、枕元のライトでマナさんの股間が丸見えになります。
マナさんのマンコは、縮れた厚いビラビラが発達して子供の耳ぐらい大きいです。
色も濃い目です。
少しグロ系マンコですがエロい身体にしっくりくるw
厚いビラビラの合流地点に少しだけ小さなクリトリスが飛び出ています。
クリトリスは小さいですが、長い?と言うかちょうど指でつまめる長さです。
陰毛が薄いのでほぼ未処理です
ビラビラの周りにも薄ら生えています。
マナさんはクリトリスが弱点です。
皮ごと軽く吸って、舌先で本体を上下に刺激するとすぐにビクビクします。
マン汁があふれて大きなビラビラを伝ってクリトリスまで流れてきます。
ビラビラを左右に開くと中はピンクでパクパク動く膣口からマン汁がトロトロ出てきます。
オシッコの穴を舌先を尖らせて集中的にチロチロすると、
「あぁ~なんか変!あっ!ダメ!漏れそうぅ~」
ぴくっ!
ちょっと、潮かオシッコを漏らした。
もう充分マナさんの股間を攻めて何度もビクビクした。
「マナさん…付けて」
マナさんは、コンドームをフェラしながらかぶせてくれます。
付け終わるとゆっくり仰向けになりました。
正常位でグロいビラビラの間にチンポを入れた。
「あぁ~マナさん最高ー!」
「Aさん気持ちイィ~!」
パンパン腰を振ってから手を引いてマナさんを起こしDKしながら対面座位。
俺が仰向けになって騎乗位。
マナさんはガニ股でドスンドスンと上下運動。
腰を振りながら緩んだシュシュを外して髪を結い直す仕草がエロすぎ!
股間を見れば薄い陰毛からはみ出るグロいビラビラに白いマン汁だらけのチンポの出入りが丸見えだ。
「あぁ~気持ちいい気持ちいい~!」
マナさんは騎乗位が好きです。
自分からイクまでガンガン腰を打ち付けます。
「あぁ~逝きそうぅ~~イクぅー!」
俺に倒れビクビクした。
膣がキューっと伸縮します。
「ハァ~マナさん凄い締まるぅ~」
マナさんを抱きしめて横に転がって最後は正常位でコンドームからあふれるほど沢山精液を出した。
ゆっくり離れると、まだ息が荒いのにマナさんはコンドームを外してお掃除フェラしてくれます。
「あぁ~マナさん…ありがとう…気持ち良い…」
しぼみかけたチンポの裏筋を指で軽くシゴいて尿道に残った精液を絞り出しながら、射精したばかりで敏感な亀頭を上目遣いでチューチュー吸います。
気持ち良すぎて腰がガクガクしました。

「ピピ!ピピ!ピピ!」
マナさんのスマホのアラームが鳴った。
「ごめんなさい。一応終わったって店に電話しないといけないの。」
マナさんは精液をゴクと飲んで口のヨダレを手でぬぐうとスマホを持った。
「もしもしマナです、はい終わりました。はい、お疲れさまです」
マナさんはスマホを置くと、ウガイしにいって、何も無かったようにすぐチンポにしゃぶりついた。
「あっ!ちょっと!あぁ~マナさん…」
チンポをしごきながら、エロい目つきで
「えっ?これからだよウフフ…ングング…Aさんが言ったんだよ。帰る時間までいてって…ングング」
乳首と袋をさわさわしながらスローなノーハンドフェラ。
ムクムクとチンポが復活し出した。
マナさんを起こし対面座位の体勢で正面から抱き合って、DKしながらお互いの股間を刺激しあった。
マナさんは、時々腰を突き出して、マンコに半分くらい生チンを入れてくれた。
「あっ!マナさん入ってるかもw」
「あっ!ごめんなさいウフフ」
俺が奥まで入れようとすると
「付けてなきゃダーメw」
「えぇ~入れたのマナさんでしょw」
「ちょっとすべったのw」
「もっと滑っても良いよw…最後は、ちゃんと付けるから少し入れていい?」
「約束だよ。中に出したらお店に言っちゃうからねw」
マナさんは生チンポを掴んでマンコに当てて腰を突き出して受け入れた。
クネクネと射精しない程度のスピードで腰を振り始めた。
「あぁ~いい~ングング」
対面座位で俺の背中を撫で回し、舌のザラザラを擦りあった。
ゆっくりマナさんを押し倒して、同じゆっくりペースで腰を振り続け、射精しそうになったら、チンポを抜いてクンニや手マンやDK。
また挿入してスローペースで腰を振り。
ネチネチマッタリSEXした。
少しヤバくなって、チンポを抜いてクリトリスをチューチュー。
「ウゥ~またいっちゃうぅ~」
マナさんも何回も逝って全身敏感になってます。
俺はコンドームを着けた。
約束は守る。
「もう我慢出来ないよ!マナさん!」
マナさんの腰骨をつかみガンガン腰を振った。
「うぅ~~Aさんすごいぃ~イクゥ~イクゥ~アゥッ!アゥッ!~すごいぃ~」
俺の腕に跡がつくほどの力でつかんだ。
「出すよぉぉぉ~!ウッ!ウッ!ウッ!…」
チンポを抜いて離れようとすると、俺を引っ張ってだきついた。
「ハァハァハァ…少しこうしていよ…」
マナさんのバクバクした鼓動が俺の胸板に伝わった。
マナさんのバクバクがおさまり俺は隣りに仰向けになった。
マナさんは起き上がり、チンポからコンドームを外して、しぼんだチンポを口に含んでチューチュー精液を吸い出してくれた。
「ありがとう…マナさん…ハァァ…気持ち良すぎて腰抜そうw」
マナさんは、ウガイしてまだ添い寝してきた。
時計を見たらマナさんが言った時間は過ぎていた。
「マナさん、時間いいの?」
「もう30分くらい大丈夫だよ。」
「エッ?」
B町からなら家がすぐだから大丈夫だと言った。
せっかくの好意だが、おじさん(俺)のチンポは、連続2回が限界です。
イチャついてゆっくり風呂に入って帰った。
結局、店の1時間の他に2時間マナさんと過ごした。
連絡先を交換して店外も考えたが、いちいちそんな事しなくても出勤日に電話すればマナさんは必ずきてくれる。
プチ店外で充分です。
マナさんにもう少しお礼すると言ったら、Aさんいっぱい呼んでくれてるからこれでいいですと言った。

マナさんの他にも解禁嬢は数人知っていたが、元々エロいマナさんが1番好きだったし、B町に来てくれた事で、他の嬢を呼ぶ事は無かった。
お恥ずかしい話ですが、マナさんを満足させようとバイ○グラも入手しましたw
パワーアップしてマナさんをガンガン突くと何度も全身ビクビクして、ふとももの筋肉が震えるように痙攣しました。
多分、薬飲んでるのバレてただろうなw

だが、楽しい日々は案外早く終わった。

マナさんとB町で会う様になって4か月。
淫靡な時間が終わってピロートークの時、
「私、今月いっぱいで辞める…」
「えぇー急だね?」
今月いっぱいと言っても今日は最終週の日曜日。
実質今日でお別れ。
マナさんは、寂しそうな顔で沈黙した。

色々聞きたかったが、所詮風俗嬢。
早い嬢なら数ヶ月で辞める業界だ。
「えぇ~そうなの残念だけどしょうがないね…」
さらっと流した。
マナさんは、事情は言わなかったが、デビューして2年頑張って辞めると決めて頑張ったと言った。
ズルズル風俗に染まってしまう女も沢山いるのに、えらい!
辞めて欲しく無かったが、
「もう会えないね…色々頑張ってね…」
「ごめんなさい…いっぱい呼んでくれてありがと…私Aさん大好きだからちゃんと辞めるって言いいたかったの…」
「もう時間だね?シャワー行こう!」
マナさんの手を引いて風呂に入った。
別れ際
「じゃあ…バイバイだね…ありがとマナさん」
「ありがとうAさん…さよなら」

マナさんがいなくなって、以前の様にA市やC市に行って解禁嬢と数人あったが、俺の中では顔も身体もエロさも、マナさんが1番だった。
ついマナさんと比べてしまう。
今更、地雷やハズレは懲り懲りです。
新規開拓する気力もわかず、A市やC市に行くのも、おっくうになって、4、5か月でデリに行かなくなった。
あれほど見ていた風俗サイトや掲示板もブックマークから削除した。

行かなくなって1年以上たちました。
もう風俗に行く事は多分w?無いと思います

終わり

20+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR