エッチ体験談が11,000話を突破しました。

煙草と他人妻

PR

不良男さんから投稿頂いた「煙草と他人妻」。

いつも、この体験談を楽しく見ていました。
真実かな?と疑いの文章も有りますけど、世の中、自分が実際に経験すると、真実なんだなぁ
と思いました。
俺が昨年から現在にかけ体験した事を書いて投稿してみました。

事の始まりは、昨年の3月初め頃です。当時、俺は◯◯2年生で、学校では他の生徒や先生からも恐れられていました。名前は千葉 直人。

小学、高学年の頃からボディービルで鍛え上げ、身体は、俗に言うマッチョで、空手を習っていたから喧嘩も強く、上級生を怪我をさせて停学になった事も有ります。

その日は、午前で授業が終わったので同級生のA男、1学年下のB子、同じく香里。香里は俺の女です。4人で廃墟の建物の中で、煙草を吸っていました。

すると、婦◯に見つかりました。
「貴方達、煙草は駄目でしょう ! あれ、香里さんじゃないの ! 貴女まで、こんな事をするとは思ってもいなかったわ。」

俺達は「2度と、しませんから許して下さい。」と両手を合わせてお願いしました。
「貴方達は未来が有るから、今回は見逃すけど
2度としては駄目よ」と言い去って行きました。

「あぶなかったなぁ !。あの婦◯、優しくて、いい女だなぁ ! エロいな !身体も良さそうだし」と言うと、香里が「私の家の斜め前に一昨年から住んでいるよ。仕事は、見ての通り、婦◯だよ」

中々の美人でスタイルも抜群の女と直感しました。

次の日、学校に行くと教頭に4人、教頭室に呼び出され、喫煙がバレてて処分を受けました。
俺は退学、他の3人は、5日間の停学でした。

正直、ショックでした。婦◯に対しての憎しみが湧いてきました。

香里が春休みに入ったので呼び出し、ラブホルへ行きました。ホテルで激しくセックスを終えると、香里から婦◯について詳しく聞き出しました。

香里は「あの婦◯の名前は、綾子24才、8才年上の旦那がいるよ。外資系の銀行マン。子供はいない。旦那は釣りが大好きで土曜日は必ず釣りに出掛けてるよ。でも、挨拶程度と日常の会話しかした事ないし、家には入った事ないわ。」

「香里、あの婦◯と仲良しになり、家の様子を教えろ !」
「判ったわ ! もしかして、やっちゃうの ?」
「あぁ、そうだ。性の奴隷にしてやる !」
「おもしろいね ! 私も手伝うわ !」

それから10日過ぎ、香里から電話が有りました。香里とラブホテルへ行きました。セックスの後、打ち合わせをしました。

次の土曜日、旦那は釣りに出掛け夕方まで、帰宅しない事も判りました。香里も婦◯の家で10時から会話する約束をしてました。

「家に行って20分過ぎたら、トイレに行くと奥さん言い、玄関の鍵を解除しておけ !開けたらLINEで教えろ !」と指示しました。

土曜日が、やって来ました。
俺は10時10分には、香里の家近くまで来ました。10分位、待ってるとLINEに(開けた)と連絡が来ました。

こっそり、婦◯の玄関を開けると2人の笑い声が聞こえました。部屋の中は、香里から聞いていたのでイメージは湧いてます。

リビングにいるみたいで、ドアを開けると二人がソファーに向かい合い座っていました。

「キャー ! 貴方は何なの? 勝手に家に上がり込んで!」
「うるさい !俺の事を覚えているな !お前のお陰で退学になった ! 」
「えぇ、意味判らないわ ! 」

ここからは「婦◯」の事を奥さんと書きます。

その時の奥さんの格好は、下着の上にニットのピンクのワンピース姿です。
俺は、奥さんをソファーに押し倒し、首からワンピースを足の方へ一気に引っ張り脱がしました。ピンク色のブラと揃いのパンティでした。
豊かな胸に括れた腰、大きな尻が魅力的です。

「キャー ! バカな事しないで !」と叫ぶと、両手で胸を隠しました。

「香里さん、お願い ! 止めさせて !」
「綾子さん、いいじゃないの ! 気持ちいい事をしてもらいなよ !」
「香里さん、何を言っているの ? こんな事したら、人生終わりよ、助けて!」

俺は奥さんの唇にキスをしょうとしましたが、顔を左右に振り抵抗します。
俺の両手で顔を強く押さえキスをしました。
足をバタバタして抵抗します。足を絡ませ動けなくしました。

「奥さん、口を開けてくれる !」
「嫌だ ! 止めて !」と叫んで口を開けた時に舌を素早く入れ、口内の全てを舐め回したり、俺のヨダレを口の中に入れてやりました。」

「香里 、ばっちり撮影しておけよ !
「まかせて ! 綾子さん、いい記念になるね(笑)」

長いキスを終えると、パンティを剥ぎ取り、両足を開脚けさせ、マン◯に顔を埋めて舐め回します。

「許してください ! 本当に止めて~ ! お願いします !」
「奥さんのマン◯、おいしいよ」とクリトリスを舐めました。
「クゥ~ あぁ~ ダメ~ ! 止めて~ ! あぁ~」
「綾子さん、感じているじゃん !喘ぎ声が聞こえるよ」と香里が囃し立てます。

「そんな事ないわ ! あぁ~ 止めて !」

指をマン◯の中に入れ掻き回します。愛液が垂れてきます。
Gスポットを激しく擦ると、ピュ ピュ !と潮を吹かします。

香里がまた「綾子さん、潮を吹いてるじゃん ! この家、煙草を吸っていい ?」
「吸ってもいいから、助けて ! 何でも言う事、聞くから ~。あぁ~ん あぁ~ん !」

「今度は奥さんの番だ !」と言うと素早く全裸に俺はなり、反り上がってる長いイチモツを口へと当てました。

奥さんは最後の抵抗して口を開けません。
香里が奥さんの鼻を摘まみ、奥さんの口辺りに煙草の煙を吹き付けました。息苦しくなったみたいで口を一瞬、開けました。

すかさず、ちん◯を口の中に入れてやりました。入れて上下とピストンします。

奥さんは「ゴホ ゴホ 、ウェ ウェ !」とむせながらヨダレを垂らしました。
香里が「直人のちん◯、美味しいでしょう !
言う事、聞かないと判るよね?」と凄みます。

「綾子さん、玉から竿も舌で舐めないとダメよ! 判ったら返事しなさい !」と香里が更に凄みます。
「わかひました 」と奥さんは答えます。

「グチョ 、グチョ プゥハ プゥハ、ングゥ ングゥ、ハァ ハァ」と嫌らしい音と声が聞こえます。奥さんは一心不乱にフェラをしてます。

香里が「直人、そろそろちん◯を奥さんのマン◯に入れてあげたら !」と言うので、俺は奥さんのブラのホックを外しブラを取り上げました。

形のいいオッパイを揉んだり、乳首を舌で、ころごしたり、豊満なオッパイに、ちん◯を挟み、パイズリをさせます。
「あぁ~ あぁ~ん 」と声が継続して口からこぼれます。

大きな胸の谷間に顔を擦りつけながら、正常位でマン◯に、ゆっくりと挿入していきました。

「あぁ~ ! 止めて !ダメよ ! 壊れちゃう~ !」
少しずつピストンのスピードをあげると
「あぁ~ ダメ ! 感じてきちゃう~! うぅ~ん! あぁ~ ん !」

香里が「綾子さん、感じまくってる ! 本当は旦那以外のちん◯が欲しかったんだ(笑)」と耳元でささやきます。香里は淫語を浴びせると、女は、ますます感じると知っているからです。

「凄い、凄い~ ! 凄い大きなちん◯が入ってる~ ! あぁ~ いい~ ! いっちゃう ! 頭が変になりそう~ !」
高速ピストンで責めます。

「あぁ~ ダメ~ 死んじゃう~ ! き、気持ちいい~ !」
「奥さん、旦那のセックスと、どちらが良い ?」
「あぁ~ん ! そんな事、ひえないわ。あぁ~ うぅ~ ん。ハァハァ いい~ ! 」
「言わないと抜くよ !」
「いや~ ん 意地悪 ~ ! 抜ひちゃダメ~ ! 千葉君の方が数倍も気持ちひ~いわ !」
「ちん◯は、どう ?」
「旦那なのなんて比べものに、ならないひぃ~ !
旦那のは子供のみたひぃだわ~ ! こんな長く、太く、固い~ ちん◯は初めてよ ~! あぁ~ 奥深く入ってる~ ! 太くて固いのが入ってる~ ! 子宮が壊れちゃう~! いく、いくっ !」と俺の背中に手をかけ、ピク ピク と小さな痙攣をしています。俺は奥さんの顔面に発射しました。

少しフェラさせて、今度はバックで責めました。
「パン パン パン ! グニャ グニャ」と音が鳴り響きます。
奥さんは「あぁ~ 凄い、凄く気持ちいい~ !」と喘ぎ続けます。
しばらくバックで責めると、奥さんを抱き上げて駅弁スタイルで責めました。

「あぁ~ 気持ちいい~ ! こんなセックス初めてよ ! あぁ~ん ! いく いく !」

2人共に絶頂に達して、2度、口の中に溢れんばかりに発射しました。
「奥さん、ゴックンしなよ !」
奥さんは
口の中の液を飲みほすと奥さんは、ぐったりとなりました。

今日は、ここまでにしました。奥さんのスマホの電話番号とLINEのIDを手に入れて、香里とラブホテルへ行きスッキリするまでセックスを楽しみました。

それからは、奥さんと連絡を取り合い、都合の良い時に奥さんを犯し続けました。場所はラブホテルか奥さん家です。奥さんの家の方が燃え上がりました。

お風呂、キッチン、寝室、リビング、玄関、ダイニング等と場所を変え、スタイルも色々と変えて、やりまくりました。1日に5発前後は、外出しで発射しました。時間に余裕が有れば10発近くは発射しました。妊娠だけは避けたいから口で受け止めさせるか、身体にかけていました。

日に日に、奥さんは淫らで、悪い奥さんと変わりって行くのが目に見えて判りました。セックスの時も、今まで以上に卑猥な言葉を発するようになりましたし、アナルも開発してやりました。

初めてのセックスが終わった時は、一人語のように「あなた、バカな私を許してください。」と泣きながら懺悔してましたが、今は、罪悪感の欠片すら有りません。無論、旦那の事も頭の中には有りません。

服装や下着も俺の好みに変えて会いました。
下着もスケスケしか身にまといません。
それも白とかは、子供ぽいのは着けません。半カップ ブラとかフロント ホック ブラ、紐ブラ、紐パンティ等のアダルト下着を着ます。

家でのセックス時は、キャミソールやベビードールとかのセクシー下着を身にまとい、玄関の所で迎えてくれます。ジーンズやロングスカートは履きません。ミニスカートや膝上丈の両サイドの太腿やパンティが見える、スリットスカートやタイトスカートです。

俺と一緒に煙草も吸う様になりました。
「煙草が、こんなに美味しいとは、知らなかったわ ! ねぇ、また買って来てね 。」

奥さんに「仕事の制服でセックスしてみたい !」と頼みましたが「制服は持ち出し禁止なの !」と断れました。

でも、俺の為に通販でミニスカ ポリスのコスチュームを購入して着てくれました。ネイビー色でトップス、ミニスカート、帽子で5000円位だそうです。
なら、遠慮なくビリビリに引き裂く事に。

ビリビリと音をたて、裂きながら裸にする時は、引き裂き音に反応するように「あぁ、感じちゃう !レイプされちゃう !ちん◯が欲しくなっちゃう~ !」と声を出していました。

化粧も濃くなり、唇も俺の好みの真赤、紫色と色んな色に変えます。アイシャドウも濃くなりました。胸下まで有った、長い黒髪を肩まで切り、髪も栗色に染めました。
旦那や職場の人に問われると「気分転換よ」と返答してるそうです。

家やラブホテルで、セックス中に旦那から電話が掛かってきた事も何度か有ります。
旦那は奥さんが話す時に息遣いが荒いから 「どうした。息遣いが荒いけど ?」
奥さんは「今、ジョギングして帰ったばかりなの ! 悪人を追いかけるのに鍛えておかないと」と返事してました。ラブホテルの時は、テレビから流れる声を旦那に聞かせ「今、テレビ見ています」と言って安心させていました。誤魔化すのも慣れてきてました。

勿論、そんな旦那との、電話のやり取り後は一段と感じて「あぁ~ いい いい !マン◯の奥まで入ってる~ ! 気持ちいい~ ! 千葉君のちん◯でないとダメ~ ! もっと奥まで突いて~ ! 入ってる、入ってる~ 太いちん◯が ! いく いく~ ! いっていい~ ? もう無理~ !」と喘ぎまくり、身体を自ら激しく動かします。
奥さんは自分から身体を求めるようになっています。

セックス始まり時には必ず「千葉君の厚い胸と凄いちん◯が欲しかった !」と言いながら、俺の全身を舐め回して69の姿勢から始まるようにもなりました。

旦那とのセックスについて聞くと。
「旦那とは、気持ち良くないから、殆どしなくなったわ ! 小さいもの !」

「何故、結婚したの?」
「友達が、高級取りだから良いよ !と言うからしたの。
でも、やはり大切なのは気持ちいいセックスと思うようになったの ! 千葉君のお陰よ !」

夏になるとお互いに名前で「綾子、直人」と呼び合っていました。

日々はあっと言う間、秋も終わろうとしていました。

仕返しの為の調教でしたが、俺は、いつの間にか綾子を好きになっていました。綾子も、俺が好きなったみたいです。

12月になったら、綾子からLINEで(お腹に、赤ちゃんが出来たの。間違いなく、直人の子供よ)と送信してきました。

2回位、酒が回った上、綾子がセックスの終る頃「中に出して ! 私を孕まして~ ! いく~っ !」と喘ぎ叫んだので、中出しをした記憶が有ります。

俺は(明日、家に行くから仕事を休んで !)と返信しました。

翌日、綾子の家のリビングで「旦那と離婚して、俺と一緒になろう !」と言いました。
「私は貴方より7才も年上のおばさんよ ! いいの ?」
「気にしない ! 世の中、そんな人は沢山いる ! 俺とじゃ 嫌か?」
「そんな事、ないわ ! 直人を愛してるわ ! 」
「来年に結婚しよう ! いいね ?」
「もちろんよ 、うれしい~ !」
お腹に気をつけてお互いの身体を求め合いました。

その後、旦那と離婚の話しをしたが、旦那が「別れたくない !」と言うから、今年の1月に調停離婚で、離婚が成立しました。

俺は、寿司屋で見習いとして働き、綾子は今も、婦◯の仕事を続けています。昨日の朝も、交◯の前に立ち、小学生に「おはよう !」と笑顔で挨拶をしてました。

俺に気づいて、手を振ってきました。俺は投げキスを返しました。
今は俺の実家で、一緒に生活しています。

学校に煙草の件を連絡したのは、綾子の先輩、婦◯(既婚者)だと、後から判りました。
もちろん、その女は狂う程のセックス奴隷にしてやりました。今は、体調を崩し仕事を辞めたそうです。

まさか、俺が他人の妻を奪い、結婚するとは思ってもいませんでした。

レールに例えると、左は、元綾子夫婦、右は俺。
平行線で、決して交わる事はないと思っていました。でも、レールも切り替えポイントに来ると交わり、変わるのだと俺は思いました。・・・

8+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR