エッチ体験談が12,000話を突破しました。

同僚の奥さん

PR

眺めがいい場所さんから投稿頂いた「同僚の奥さん」。

もう10年以上前の話になりますが、結婚した仲のいい会社同僚のところによく晩ご飯を食べに行ってました。その頃は、まだ私も独身で、美味しい家庭料理のありがたさといつも優しく私の分まで用意してくれる奥さんへ感謝していました。また、同僚を羨ましく感じ私も結婚するのであればこのような女性とと憧れも含めて思っていました。

グラマーな色白、大柄な女性で、お話好き。いかにもいい奥さんという感じでした。
それから2年後、私は結婚することが決まり紹介がてらにその同僚の家を訪問しました。
奥さんは、自慢の手料理を私たちのために作ってくれていて、食事中も大変喜んで、これから妻になる女性に対して、恥ずかしいぐらい私をほめてくれていました。

程なく、同僚がうちの近くのマンションを買ったこともあり、頻繁に家族ぐるみで一緒に飲みに行くなどお付き合いが始りましたが、私の海外転勤が決まり、交流が途絶えてしまいました。
海外いても年賀状のやり取りをしていましたが、海外4年目の年賀状は遅れて届きそこには奥さんの名前がありませんでした。
帰国の歓迎会もあり、そこで同僚に離婚のことは聞きましたが、詳しく話したくない感じも悟って理由は聞きませんでした。

とある休みの日に私は銭湯へ行くことにしました。元々、家に風呂があっても銭湯へ行きたい性分でしたが、海外生活がそれに拍車をかけていました。特にこの日のように夏の暑い日は銭湯でゆっくり汗を流して、生ビールを飲むのが贅沢の1番でした。
歩いて行っても湯冷めもないこともいいところでした。
その道中に事件は起きました。

あるマンションの前にあの同僚の奥さん(元奥さんなので、ここからは彼女とします。)がいて、目が合いました。そう言えば、このマンションは同僚が買ったマンションで、なぜという反応もあり、近づき話しかけました。
やはり彼女で、どうも離婚の際に財産分与でマンションは彼女のものになったとのことでした。
久しぶりに見た彼女は、あの明るさが薄れてたと感じるものの、間違いなく彼女でした。

挨拶と少しの会話のところで、彼女からここじゃ暑いので中で話しませんかの定案があり、自然と促されるようにマンションに入りました。入り口と部屋までの移動途中、洗面器と石鹸を持った場違いな格好を誰かに見られてはないかと挙動不審だったと思います。ふと首に巻いたタオルに気づき、サッと外しては洗面器に入れ、隠そうとするつもりか洗面器ごと抱え込むように持って歩いていました。当然ですが、急な展開に興奮して鼻のムズムズするもののあまり考えられる状態でありませんでした。

やっとの思いという感じで部屋に到着して、綺麗に片付けられた部屋に通され座っていると冷たい麦茶が出てきました。変わらない家庭的な彼女に少し落ち着きをもらった感じでしたが、あいつはなんでこんないい女性と別れたのかと共感できない感情も改めて出てきました。他愛のない話をしながら、同僚の浮気が原因で別れたこと。今はパートをしながら1人でこのマンションに暮らしていることなど状況が分かって来ました。

そんな話をしながらもたまに微笑んだ顔をするのが、いとおしくさみしさを感じました。
ふと彼女が、私の持っている洗面道具に目をやり、「ごめんなさい。お風呂に行く途中だったんでしょ」と今更ながら話題を変え、続けて「よかったら、うちで入っていきます?」とおしとやかな口調で内容は大胆に
話しました。いやらしいことを想像しながらも何一つ行動の出来ない自分にもどかしさを感じながら、「お願いします。出来たら一緒にどうでしょう。」と飛び越えた返答をしてしまいました。

彼女は、下を向いて風呂場へ向かい栓と蓋をしている音がして、戻ってきました。
少し間が開いて、私の方から「すみません。変なことを言ってしまってと」弁解するも身体は彼女の近くにすり寄っていました。
斜め後ろから肩を抱きしめ、もう一方の手で髪を撫でながら顔を引き寄せ唇にキスをしましす。引き寄せるのに少し抵抗がを感じたものの、キスをした後は、無防備に口を開けてきました。舌を絡ませながら、お互いに出来る限り入り込めるように大きく口を開けていました。彼女と正面に座位する形になり、ブラウスのボタンを外し、大きな胸の谷間が見えます。ボタンを全て外したところで、彼女は自分からブラウスを脱ぎだいぶ前から分かっていたであろういきり立っているものを短パンの上から触って来ます。

私は、肉質のある身体からブラジャーを外し大きなおっぱいが出てきました。乳輪は少し大きめでしたがピンク色で、立っているためかしっかりとした乳首が印象的でさらに興奮をかき立てましす。(ブラジャータグには、G)
濃厚な接吻と必死におっぱいをかき混ぜながら、片手を下へ移した時にお湯の入る音声がなり、お互いことが始まってから初めて目を合わせました。2人で立って服を脱がしあい、彼女を前にしてお風呂場に向かいましたが、途中お尻から指を入れ イヤんと声を出すもずぶ濡れ状態でした。

そんな汁を風呂湯やシャワーで流されるのももったいないと感じのか興奮に任せて、風呂の蓋も開けずに彼女に両手を風呂に当てさせ両足を開けた状態で、お尻から顔を突っ込みヌルッとした汁を舐めあげました。
当然彼女は、「汚いからやめて」と言いつつも気持ち良さからもさらに漏れて来ます。

「汚たなくたって、今からお風呂なんだからいいじゃないか」股越しに返答しながら念入りに舐めていくと彼女の脚がガクガクしながらも舌がクリに差し掛かったところで、大きな「あーっ!」という奇声にもにか声で1度目を果てた。彼女がへたり込んだところにお風呂のお湯をかけ、泡で身体全体を洗ってあげ、途中から彼女が私を立たせた状態で洗ってくれたところで、私のものを口で向かい入れてくれた。ご無沙汰だったあそこはすぐに精意をもよおしたが、すぐに抜いて彼女を立ちバックの状態にして、久々なのであろうきつめであたたかかった。

両手で巨大な胸をもみながら腰を振り、彼女は、あぁーいくいくいくあぁーと大声を出しながら彼女も腰を小刻みに振っていた。
情けないほどの速さで出そうになり、中出し出来ないととっさに抜き彼女のお尻や背中にぶちまけた。

2人で湯船に浸かり、最後はお互いに綺麗に全身を私の持っていた石鹸で洗いあいながら、シャワーを浴びて出たが、出てからも布団の上で愛しあった。ずーっと寂しくてこれが欲しかったのっと、のたうちまうように何度も行ってました。
この後、一年ほど関係は続くのですが、彼女は地元に帰り結婚しました。

20+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR