エッチ体験談が11,000話を突破しました。

叔父さん

PR

彩奈さんから投稿頂いた「叔父さん」。

叔父さんにエッチされました。
私は25歳OLしてます。
去年の元旦に父親の実家に親戚が集まった時です。

祖父母に私と両親に叔父さん夫婦と叔母さん夫婦の9人で食事をしてました。
お酒に弱い私は酔ってしまったので祖父母にすすめられ食事してる部屋の隣の部屋にあるコタツで寝てました。

襖が開いて誰かが部屋に入って来る気配で目が覚めました。
「泰史さん大丈夫?彩奈の隣で少し休んでるといいよ」
母の声がしました。
「あぁそうするわ」
叔父さんの声がして叔父さんはコタツに入って寝たようでした。

叔父さんも酔ったんだ!と思いました。
なにも気にしないで私も寝てしまってました。
どれくらい寝たのか分かりませんが胸を触られてる感じがして起きました。
目を開けると私のセーターは首まで上げられブラも同様になっていて叔父さんが胸を揉んでるのです。
「叔父さん?なに?えっ?」
状況が分かりませんでしたが慌てて胸を隠しました。
「彩奈おきたのか」
叔父さんから離れようとすると
「アカン動いたら!隣に気づかれるぞ!」
普通なら気づかれて助けて欲しいのにこんな状態が親や叔父さんの奥さんに知られるのが嫌で叔父さんの言うことに従ってしまったのです。

「叔父さん止めて」
小声でお願いしましたが
「オッパイだけ少し触らせてくれよ!頼むからさ!」
あまりにしつこく触ろうとして胸を隠してる手のすき間から手を差し込もうとしてきてました。
「本当に止めて。そんなことしたら見えるよー恥ずかしいのに」
私の言うことなど無視でした。
必死に邪魔してたけど上手くすき間から入った指に乳首を触られ始めコリコリと摘んだりされたのです。
もう諦めるしかないのかな?
少し触らせたら終わるのかな?と思ったので胸をガードするのを緩めたのです。

すると叔父さんに簡単に胸を見られました。
「彩奈も感じたのか」
ガードを緩めたことで叔父さんは勘違いしたようでした。
否定はしたけど聞いてなくて叔父さんは胸を舐めなり揉んだりと好き勝手を私の胸を触り続けるのです。
幼い頃から知ってる叔父さんに胸を見られるだけでなくて触られたり吸われたり恥ずかしいし襖1枚しか隔ててない向こうの家族に気づかれてはヤバいと思うし
緊張感でいっぱいでとりあえず襖が開かないか不安でした。

襖が開いてもすぐには見えないように近くを置いてあった私のコートを叔父さんの上にかけることにしました。
コートに隠れた叔父さんはすぐには終わってくれなくて
「叔父さんもうやめよ」
私が言ってもズッと続けるんです。
もともと胸が感じやすいほうなので気持ちよくなってしまって私も困ってました。
微かに漏れそうな声を我慢するのが限界になりそうな時でした。
叔父さんがフレアロングスカートの中に手を入れて大事な部分を触ろうとしてきたのです。
そこはダメだとは思ってたけど感じてしまってた私は大した抵抗は出来ませんでした。
足を閉じてたつもりでも叔父さんは下着の上から上手く敏感になった部分を触るのです。

叔父さんに胸もアソコも刺激され自然と足も開いてしまったのです。
叔父さんはパンストの中から下着の中まで触ってついに大事な部分にまで指を這わせてきたのです。
叔父さんの指が敏感な部分に触れると身体がピクッとしてしまうほど感じてしまってました。
元カレと別れ久しぶりに人に触られ感じてしまった私はもう叔父さんに触られてることなどどうでもよくなっていてとりあえず逝かせて欲しくなってました。

叔父さんは私の気持ちを見透かしているかのようにコートから顔を出して
「彩奈もう逝きたい?」と聞いてくるのです。
私は首を振って否定はしたものの叔父さんに軽く触られるとピクッとしてしまったので
「本当は逝きたいんだろ?」と聞かれると頷いてしまったのです。
叔父さんは私を抱き寄せると私に硬くなってる股間を触らせました。
少しためらったけど握ってしまったのです。
すると叔父さんの指がコリコリと触ってきて思わず漏れそうな声を我慢するのに耐えながらも叔父さんのアソコを触りながら簡単に逝っちゃいました。

一度逝っても叔父さんは止めてくれなくて触り続けてきたので耐えられずに動いてしまってコタツが襖に当たってしまい音がしたので慌てて叔父さんが私から離れたました。
「どうかしたの?」
母が襖を開け顔を出し聞いてきました。
「ごめーん!足当たっちゃた」
私が起きる素振りをして答えたのです。
「そうー起きたのならこっちに来てもいいよ」
母はそう言うと襖を閉めました。
すぐ叔父さんも座ってズボンの前を開け大きくなったのを出して
私に近寄ってきて
「ほら!舐めてくれ」
肩を抱かれ叔父さんのアレの近くに顔を近づけられました。
「叔父さんダメダメダメだってー」
小さく言ったけど叔父さんは強引に握らされて仕方なく口の中に入れました。
でも一度叔父さんのを舐めてしまうと私も止まらなくなって頑張って舐めてました。
「おぉ気持ちいい。たまらん」
叔父さんは頭を撫でながら気持ち良さそうで少し嬉しく思いました。
「彩奈もうたまらん!やらしてくれよ」

私もしたいとは思ったけど隣の部屋が気になるので
「お母さんに気付かれるからダメだよ」
答えて叔父さんのを舐めてました。
「おい!彩奈行くぞ」
私に舐めるのを止めさせると腕を引っ張り部屋から出て玄関から外にまで出ると農機具が置いてある倉庫に連れて行かれると私をトラクターに手をつかせスカートを
めくられ下着を脱がされました。

私も叔父さんを受け入れやすくするように足を開くと叔父さんに入れられました。
激しく動く叔父さんに私は感じまくってました。
声を必死に我慢しても出てしまって倉庫の外に漏れないか心配なのに喘いでしまってました。
2度程逝ってしまった時です。
「出るぞ!あっ出る」
叔父さんが叫ぶので
「中は止めてー」
と言ったのにガッチリと腰を持たれ逃げることも出来なくて叔父さんに中に出されました。

地面に座る私にアソコを舐めさせ
「誰にも言うなよ」と言って倉庫から出て行きました。
慌ててトイレで叔父さんの精子を拭き取りました。
叔父さんは祖父らの部屋に戻っていたので私はコタツの部屋に入りました。
感じてしまったので叔父さんの顔を見るのか恥ずかしかったからでした。
二度と叔父さんとは会わないでいたいです。

6+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR