エッチ体験談が12,000話を突破しました。

従妹元カノとの思い出ハメ撮りを葬り去って

PR

お兄ちゃんさんから投稿頂いた「従妹元カノとの思い出ハメ撮りを葬り去って」。

私は、大学の4年間を東京で過ごしました。
大学の1,2年は、大学の近所にある短大に通う同い年の短大生と付き合っていましたが、2年で卒業して実家に戻ってしまいました。
でも、大学3年になるとき、2歳年下の従妹の悦子も大学進学で上京してきて、同じ私鉄で3駅離れた沿線に住みました。

私は、メッチャ可愛い悦子が子供の頃から大好きでしたから、とても嬉しかったのですが、悦子も、私のことを大好きな「お兄ちゃん」として見ていました。
そんな従兄妹同士の二人ですから、毎日のように会っていました。

5月には、悦子が恥じらいながら素肌を晒し、
「お兄ちゃんに、処女あげる・・・」
と言ってきました。
「お、俺達、従兄妹だぞ・・・」
「従兄妹って、結婚できるでしょ?」
「法的にはそうだけど・・・」
「東京にいる時だけ・・・私、お兄ちゃんと恋人になりたい・・・昔みたいに、一緒にお風呂に入ろう・・・」
そう言う従妹の悦子と、10年ぶりくらいに一緒にお風呂に入りました。

従兄妹同士でお風呂に入っていた8歳の悦子の裸と、18歳の悦子の裸は全く違います。
可愛い悦子がこの10年間で成熟した身体を初めて晒した男が私です。
胸も膨らみ、弾力ある揉み心地を堪能し、恥ずかしそうに開いた足の間には、パックリ割れたオマンコが晒されました。
私に触られ、舐められ、そして私のペニスを悦子が舐め、
「外に出すから大丈夫だよ・・・」
と生のままペニスをズブズブと悦子のオマンコに挿し込み、グリッという感覚で処女膜を突き破りました。
従兄妹同士のセックス・・・親戚のお兄ちゃんに処女をあげた悦子・・・今まで、大好きだったけど可愛い妹なんだと言い聞かせてきたが、ついに一線を越えてしまいました。
初々しい18歳のオマンコ、痛々しい破瓜の証、悦子が流した涙は、破瓜の痛みか、一つになった喜びか、どちらだったのでしょう。

その後、何度も私に抱かれ、セックスの快楽を知っていった悦子は、愛する従兄のお兄ちゃんに愛撫され生ペニスをハメられ、オマンコをかき回され、そして、とても近い遺伝子を体中に浴びていました。
「お兄ちゃん・・・お兄ちゃん・・・」
近親相姦ではないけれど、ギリギリセーフの従兄妹相姦は俺が卒業するまでの期限付き、悦子にとって私とのセックスは、限りある愛情表現の一つだった。
悦子は自ら唇を求め、舌を絡ませ、私との交わりに肉欲を委ね、ヨガリ狂っていました。
成人しても女子高生のように可愛い悦子にセーラー服を着せて、コスプレデートからコスプレセックスまで、色々楽しみました。
二人で旅行にも行ったし、旅行先では非日常の環境で大いにハメ狂いました。

いよいよ私が大学を卒業して、地元に戻る日がやってきました。
愛し合う従兄妹の思い出に、最後、ハメ撮りをしました。
普及しだしたデジカメを2台固定して、リモコンで撮影しました。

メッチャ可愛い20歳の悦子が清純そうなセーラー服姿で写っています。
まずは、スカートをめくって、パンツをずらしてオマンコをチラ見せです。
ピッタリと閉じたオマンコを柔らかそうな茂みが覆っています。
私が登場して、清純そうなセーラー服の可愛い女の子のフェラ、そして、スカートとパンツを脱いでクンニ、そこから騎乗位で挿入します。
この時、横にあったカメラは私が手に持って、下から仰ぎ見るように悦子を撮影しています。
腰を突き出し、結合するペニスとオマンコを見せつけるようなショット、セーラー服のスカーフが舞う向こうにヨガる悦子の顔が写るショット、セーラー服の襟が背中から浮いて、激しすぎる腰使いを感じさせるショット、可愛い悦子がセーラー服姿でヨガる姿は驚愕の写真だと思います。
その後、正常位、後背位とこなし、セーラー服シリーズが終わります。

次はお風呂でお尻を見せたり、股を拡げたりしての見せ見せポーズは、その仕草も見た目も可愛くて、女子大生には見えません。
お風呂でフェラ、湯船に手を突いて後背位、水滴だらけの鏡に悦子の虚ろ場表情と、悦子のお尻を持って腰を突く私が写っていました。

次は裸のままベッドでクンニ、そしてフェラ、騎乗位、後背位、最後は正常位で愛し合う二るを横から、ペニスとオマンコの結合部を足元から映し、シーツを握る悦子胸に射精して終了です。
ハメ撮りなのですが、スケベさは少なく、とても愛を感じる写真でした。

この写真を見ると、これを撮影した後の別れを思い出して切なくなります。
東京駅まで見送りに来た悦子が、微笑みながら涙を流し、私を見送りました。
「お兄ちゃん・・・バイバイ・・・」
「悦子・・・さようなら・・・」
恋人から従兄妹に戻った二人は、その後、盆と正月に会っても身体を重ねることはありませんでした。

あのハメ撮りから20年が過ぎた今年、悦子の七回忌法要が営まれました。
14年前、私と同じ年に結婚した悦子は、8年間の結婚生活の末、夫と2人の子供を残して、34歳でこの世を去りました。
悦子の夫は、悦子の三回忌の時に悦子の両親から、悦子のことは乗り越えて、再婚して欲しいと言われ、一昨年、再婚したようです。
でも、悦子の七回忌には、二人の子供を連れてやってきました。
「この子たちにとっては、産みの母親ですから・・・」
そう言って、涙を流していました。

私は、悦子の七回忌には従兄として参列しましたが、本心は悦子の元彼として、遠い昔に愛し合った元カノの七回忌に臨んでいました。
20年前に撮影したハメ撮りは、悦子もCD-Rに保存して持っていました。
暗証番号を入れないと開きませんが、あの中身を見られるのは本意でないと思います。
どうか、結婚する時に悦子が自ら処分していて欲しいと願うばかりです。
私はそう願いながら、悦子の七回忌から戻ったら、あのCD-Rを粉々に粉砕しました。
悦子との思い出は、心の中にあれば十分ですから・・・

11+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR