最近サーバの調子が悪くてすみません。リニューアルしました。

妻の過去と現在

マサルさんから投稿頂いた「妻の過去と現在」。

現在進行形の話です。
私50歳、妻も同じ年です。
妻は、会社社長の次女として生まれ何不自由なく暮らしてきた、いわゆるお嬢さんです。
中学校の同級生で、とても可愛くてよく話題にあがっていました。

私はと言うとスポーツ漬けで毎日汗を流し、浮いた話の一つもありませんでした。

25歳の時に同窓会で再開し、「当時は好きだったの。」と一言で交際が始まりました。
初めての夜
彼女は電気を消してなどと恥ずかしがっていましたが処女ではありませんでした。

結婚して、すぐ子供も生まれ以来20年ごく普通の家庭を築き上げてきました。
20年もたつと夜の生活もマンネリ化し、お互いにイメージを膨らませて言葉遊びを楽しんでいました。
彼女の大学時代の話をさせて、いつもより興奮を味わっていました。ですが明るいところでは決して裸にならず、いつも真っ暗闇でしか愛し合えませんでした。

ある日お互いに体を弄りながら「今までに何人とした?」と問いかけると、喘ぎ声だけ大きくなりました。ますますクリトリスを強く弄っていると「100人位…。」と喘ぎながら言いました。強く弄りながら「本当?」と聞くと「もっとよ」
・・・
電気をつけてみても嫌とは言いませんでした。
ベッドの横に座らせ一つ一つ聞いてみました。
「どんな男と付き合ってきたんだい?」
「大学に行って初めての夏に声掛けられて、最初は優しかったの。次第に私を他の男に抱かせるようになって・・・」

「でも、あなたが好き!」
「それから」
「数百人位 彼、お金もらってたみたい。」
「売ジャン それって」
「でもその時はそいつを愛していたから苦でもなかった・・・」
「でも、これが一番好き!」と言って萎えたものを口に含みました。
今までにないテクニックですぐに勃起して点を向きました。
彼女がこんな技を持っているなんて知りませんでした。

1 COMMENT

コメントを残す