エッチ体験談が12,000話を突破しました。

犯されたくて。

PR

友美さんから投稿頂いた「犯されたくて。」。

「犯されたい…」
こんな事を思うなんて変態しかないと分かっていたので誰にも言えないでいました。
でも本当にレイプされたい訳ではありません。ただM気質なだけだったのですが。

数年前に私は
レイプ願望を持つ人達が集まるサイトを知りました。
その頃は結婚して4年で3歳の子供がいました。
旦那も夜勤が多い為、子どもを寝かせ
眠れない夜などには私は旦那に隠れてレイプ願望サイトを観覧してました。

そのサイトには願望達成告白体験が投稿されていました。
投稿されてるのを読めば読むほど私の願望も膨らむばかりで産後レスの夫婦関係で不満気味の私は疼いては自分で慰めてたのです。

告白以外にも願望を持つ者同士が出会えるようになってました。
おそらく出会い系サイトですが女性は無料なうえにメール交換をするだけでお金が貰えたので興味本位で登録してみました。
登録するだけで10数人から連絡がありました。

少しのお小遣いが貰えてうれしいのとレイプ願望のある男性とメールして彼らの願望を聞いてるのが楽しくて旦那に気づかれないように数人とメールをしてました。
皆さん出会いを求めて来ましたが会う気の無かった私は皆さんの要求をはぐらかせてました。
なかなか会えないとわかるとメールが来なくなる人がほとんどでした。
会う気がないと分かってるのに住む地域が遠くないという理由だけでメールを続けてくれる人がいました。

名前はNさん
私より少し年上の34歳独身だと聞いてます。
数カ月もメールが続いてるとなんでも話しをする仲になってました。
初めの頃は性に対しても旦那にも行ってないことまで話してました。
もちろんオナニーすることも。

でもメールする期間が長くなると他愛もないメールが増えました。
そんな時の会話中でNさんがサイトに私とのメールの為に相当な額を払ってるのを知りました。
会う気もない私にお金を使わせてもうNさんならLINE友達ぐらいならいいかな?と私からNさんにLINEで話そうと持ち掛けました。
私の中でNさんは特別な存在になりつつあった気がします。

梅雨の季節で蒸し暑い日でした。
その日は旦那は夜勤で夕方から暇でいつものようにNさんと何気なくLINEしてました。
でも突然Nさんに言われたのです。
「そろそろ犯させてくれませんか?」
今までメールしてもLINEしても
エッチな話題など最近しなかったのに。
「もしダメならLINEするのも止めます。」
「顔も知らない友美さんだけど俺たまらないんです。」
「マジメな奥さんなのに○○君のママで奥手な友美さんなのに犯され願望があってオナニーまでしてると思うとヤリたいんです。」
「いつも友美さんを想像してオナニーしてました。会いたいです。会えないなら諦めます。」

初めてNさんの気持ちを知りました。
今まで他愛もない話をしてたのは私への配慮だったのでしょう。
あんなサイトで知り合ったんだもんね。
男の人なら普通の気持ちですよね。
何も期待に応えられない私相手によく1年近く続いたと思いました。

私は突然Nさんとの仲が終わると思うと複雑でした。
「Nさんとの仲が終わるなんて。淋しいです。でも犯させてと言われても困ります。」
私の気持ちを素直に言いました。
「ダメですか。もう諦めます。今までありがとう。」
とだけ言われた瞬間に私の気持ちに覚悟が出来ました。

見ず知らずの人に犯されたい願望を持ち続け
実際にはされたくないけどNさんにならいいかも!と思いました。
「さよならは嫌です。私でよければ犯してください。」
言ってしまったけど後悔はありませんでした。
「本当に?ありがとう!俺も終わりたくないです。」
「今からでも犯したいです!いい?」
Nさんの誘いに従いました。

あまりに急な事の流れに戸惑いながらも
旦那には悪いと思いましたが
私の気持ちも止まりません。
今から私はLINEでは話してるけど
顔も声も知らないNさんに犯されに行く為に
家を出て子供を実家に預け
指定された場所に向かいました。
そう遠くない町の球場に隣接されている
テニス場の脇道にある自動販売機の前に
立つように言われました。
あまり行かない場所でしたので
少し迷いましたがなんとか見つけました。

市道から少し下がった場所で
暗く自動販売機の灯りだけが
目立ってました。
市道に車を止め歩いて行きました。
雨はあがってましたが自動販売機までは
薄い道でした。
テニスコートの入り口は
フェンスで鍵もされていて
入り口の横に自動販売機が2台あって
テニスコート入り口の反対側は
道の向こうは山を削った崖でした。
時間は少し過ぎてたけど
私の車以外は無かったので
まだNさんは来てないと思いました。
テニスコートの前に立ってると
いくらLINEで気心知れてるとはいえ
今からどうなるのか不安で
蒸し暑い夜なのに少し震えてました。
5分ぐらい待ってると車が市道の方から
こちらに向かって来て私の前に止まりました。
Nさん?
緊張が一気に込み上げてきました。
違ったら深夜にこんな所に立ってると
変に思われると思い運転席から視線を
外してました。
運転席のドアが開く音がすると
私に向かって走って来ました。
「きやぁっ」
恐怖のあまり声が出なく座り込んでました。
「おい!さっさと立てよ!」
大きな声で威してきたのです。
恐怖で立てないのに
Nさんらしき人に強引に立たされ
逆らえませんでした。
「いやっNさんなの?」
何も答えてくれなくて私をテニスコートの
フェンスに後ろから押しつけ両腕を後ろに回すと何かで手首を拘束すると次はアイマスクを付けられ視界まで奪われました。
「お願い!Nさんなの?答えて!」
恐怖しかなくて本当にNさんなのか
不安でした。
「静かにしろよ!」
ついに口にまでテープを貼られました。
私はフェンスに押しつけられ
身動きも取れなくていると
Nさんらしき人はスカートを捲り
下着を脱がすこともしないで
堅くなってるアレを押し付けられました。
まだ濡れてもいないのに
押し付けられるのは恐怖でした。
逃げようとしても力強く押さえつけてきて
何度も何度も押しつけて
入らないことにイライラしたのか
「足開けよ!犯されたいくせに!」
足で私の足が開くようにされたので
少し足が開いてしまったのです。
それでも入らなくて入り口近くを
突かれ痛みばかりでした。
入らなくて諦めたのか
今度は私の向きを変え背中をフェンスに
押さえつけTシャツを胸の上まで上げると
ブラから胸を出されました。
野外で胸を出されるなんて
恥ずかしくて死にそうです。
決して大きくない
どちらかと言えば貧乳なのに
「ええ胸してるな!」
Nさんはお世辞まで言ってくれました。
Nさんの舌や指で
敏感な胸を責められ続け感じていました。
私は下着に手を差し入れ濡れてることを
気づかれたときは恥ずかしいくて
思わず足を閉じました。
「エロい女や!濡れてるぞ!」
Nさんは触っていやらしい音をさせ
言うのです。
恥ずかしくて必死に首を振りました。
「もう犯されたくてしかたないだろ!」
私をまたフェンスに押しつけ後ろから
入れようとしてきました。
先ほどと違って濡れてる私のアソコは
今にも入れられそうでした。
(イヤっ入っちゃうよー私犯される)
と思った瞬間
ヌルっとNさんのを受け入れてしまったのです。
熱く旦那より太く感じるアレの圧迫感に
驚きました。
Nさんは手首の縛りを外して
私の腰を引っ張るので私はフェンスに
掴まると激しく腰を振るのです。
レスで久しぶりの性交に私は
恥ずかしいほど感じてました。
「気持ちいいか?犯されてるのに濡らしてるぞ」
など色々言いながらも突いてましたが
私が逝きそうになった時に
慌てて私から抜くと私の口に貼ってあった
テープを剥がしました。
突然の事で何も分からないでいると
唇の周りに生暖かい物を掛けられたので
Nさんが逝ったのがわかりました。
「おい舐めろよ」
私は座り手探りでNさんのを探し掴んで
口に含み綺麗に舐めてあげました。
Nさんのは私の口の中で再び硬くなりました。
「今度はお前を気持ちよくしてやるよ」
そう言うと私から離れ車から
ティッシュを持ってきて精子を拭き取ると
私を立たせフェンスに張りつけるように
両手を縛ると
下着と胸を晒されました。
すると
カシャ!カシャ!
と撮影してる音がしました。
「やめて。撮らないで」
アイマスクはしてるけど
恥ずかしい姿を撮影されるなんて
もし知り合いや旦那にでも見られたらと思うと
怖かったのです。
私の言う事など無視してさらに
足を開かされると
両方の足首をフェンスに縛られたのです。
「やめて。恥ずかしいよ。はずして。」
でもNさんはアイマスクを外して
「こんな姿、誰かに見られたら犯されるぞ!」
そう言うとポケットから出した物を
私に見せました。
卵ぐらいの大きさ形で黒い物です。
何か分からないけど怪しい物とは
気づきます。
「それなんですか?嫌らしいことしないで。」
何をされるのか不安でした。
Nさんは玩具のスイッチを入れると
ブゥーンと激しく動き始めたのです。
それを下着の中に入れようとするので
腰を動かし抵抗はしたけど身動きが出来ない
ので無駄でした。
激しく振動する玩具を先ほど逝きかけ
敏感になってるクリトリスに
押し当てるようにして下着の中に置いたのです。
「いゃぁー取ってください」
激しい刺激に驚きました。
「逝くまでそのままだよ」
クリトリスへの刺激で喘ぐ私を
ただスマホで撮影しながら見つめてるのです。
Nさんに見つめられ撮影までされ恥ずかしいので逝きそうなのを耐えてたけど
我慢の限界がきて
逝ってしまったのです。
逝ってもクリトリスへの刺激が終わらないので
「お願いー早く取ってー取ってー変になっちゃう」
必死にお願いすると私の下着から玩具を
取ってくれてついでに足や手の拘束も
外してくれました。
立つのがやっとの私の肩を抱き
Nさんは私を車まで歩かせ
ドアを開けると私の服を脱がせてきました。
脱がされた服を車の中に放り込み
あっという間に全裸にした私を
車に手をつかせて
先ほどみたいに後ろから入れてきたのです。
気持ち良すぎて前に倒れそうになったのを
腰を掴んで阻止されると
ゆっくりゆっくり出し入れされました。
クチュクチュ
嫌らしい音が響き渡り
恥ずかしく変になりそうなのに
さらに感じてしまって
恥ずかしいのに逝ってしまって
もう立てなくなりました。
「逝ったのかー嫌らしいね」
座りそうになると
私を車の後部席に押し込み
正常位で入れられました。
Nさんが逝くまで何度も何度も
逝ってしまった私で
最後にはNさんのを身体の中で
受け止めるのを許してしまったのです。
「逝くぞー中に逝くぞー」
Nさんの動きが激しく声が出せないけど
「だして。」
となんとか言いました。
Nさんが出すのを身体で感じながら
私も一緒に逝くことができました。

Nさんはすぐ私から離れると
「気持ちよかっただろ!早く降りろよ!」
私を無理矢理車から降ろすと
下着と服を私に渡して自分は
パンツとズボンを履くと車に乗り込み
逃げるように走り出したのです。
全裸で一人残された私は服だけを
慌てて着て車まで走って戻りました。

車に乗り少しして落ち着いてくると
涙が止まらなくなってました。
レイププレイとはいえ
あんなに恥ずかしい目にあって
中にまで許してしまって
旦那にも悪く思うし
なんて馬鹿なんだろ。
と後悔ばかりでした。

家に帰るとNさんからのLINEが
送られてました。
「今日ありがとう!気持ちよかったね!またしょうよ!」
私はすぐには返信できませんでした。
翌朝にもNさんからLINEがありました。
あの時の写真と
私の免許証の写真が貼られてたのです。
私の気づかないうちに免許証を見られた
ようでした。
「友美さんまたできるよね?」
私には逆らえません。
あの日から私はNさんの玩具になりました。
Nさんが私に飽きるまで
旦那には悪いとは思いながらも
いろんな人にレイプされ続けました。
もう今ではNさんとは
会えなくなりましたが
あのプレイが忘れられません。
もしNさんがここを見て
私に気づいてくれれば
会いたいと思ってます。
また私を好きに使ってください。

9+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR