エッチ体験談が11,000話を突破しました。

友情が性欲に負けてしまって、

PR

りょうさんから投稿頂いた「友情が性欲に負けてしまって、」。

俺とaはたまに2人で食事したり、ドライブしたりお互いの相談をのったりするし、まぁ俗に言う友達という関係でした。

俺にも彼女がいます。
aにも彼氏がいます。

お互いの彼氏、彼女の話であったり、たまにシモの話をしたりしてました。

まぁ、なんでも話せる相手ではありましたね!

そのとある時、彼女と大喧嘩してしまい、すげーむしゃくしゃした日がありました。

その時にaに連絡したら家に来て話を聞いてくれると。

ちなみに俺の彼女の事もaは知ってるしらaの彼氏も俺もしってるし、4人で遊ぶ事もあるし、aはほんと昔からの知り合いでした。

家に来てくれて話を聞いてくれてました。

その時の、aの服装が胸元が結構空いてるというか谷間が見える感じで、しかもソファに2人で座ってるので、俺の真横について話を聞いてるからもう正直ブラまで見える。

俺「今日やけにセクシーやなー」

a「どう?かわいいでしょ?」

俺「確かにそれなりに大きいだろうと思ってたけど、何カップあるん?」

a「Eだよー!てかそんなとこ見てたのー?えっちー!」

俺「だって今日なんか胸元すげー空いとるから見えてしまったからー!」

a「どう?ムラムラした?」

俺「いやいやしとらんわ」

こんな返事しながら、今まで友達と思ってたし、お互い彼氏彼女いたし、意識してなかったけど、こんなに近くでまじまじと見てしまったから正直、ムラムラというかドキドキしてしまった。

a「うそだー、勃起した?」

とか笑いながら俺のズボンのちんちんの所を掴みました。

俺「なーに触ってんだよー、たってませんでしたー!」

a「なーんだ!勃起したかと思ったー?w」

俺「そんなん触るなら揉むぞ!」

a「触れるもんなら触ってみろよー」

とか言うもんだから

俺「あー言ったなー?」

a「キャー、逃げろー」

とかいいながら部屋を走り回ってました。

そんな会話をしてふざけてたら彼女との喧嘩の事も忘れたかのように、笑って落ち着きました。

俺「aありがとう!なんかこんなふざけてたら彼女との喧嘩のことどうでもよくなったわー!」

a「それならよかったー!2人とも仲良くしてほしいし、また私の彼氏も含めて遊んでほしいしさー!」

むしゃくしゃした気持ちも収まり、またソファに座り、だらだらと話してたらまた胸元が見えてしまった。

うーんイカンと思いながらもついつい視線がそっちに。

今まで意識しなかったのが不思議な位。

するとaが

「あーまた私の胸見てるでしょー!」

俺「いやいや!見てないって!」

必死?w

a「いやいや気づいてるんだから!」

俺「いやー今までそんな意識してなかったけど、そんな胸元開いとったら本能ですよー笑」

と開き直って言ったは

a「あー最低!!!あんたには○○がいるでしょー!」

○○は彼女の事です。

俺「ただみただけやん!さっき触れるもんなら触ってみろよーとかいってたくせにー!」

a「触る度胸もないくせに~」

と挑発してきて

ちとイラッとした俺は

俺「は?いいよ触りたいもんは触りたいから 」

といいながらaを押し倒すように覆いかぶさり服の上から触りました。

a「え、、ごめんごめんちとふざけすぎた」

といいながら手で俺を離そうと抵抗してたけど、ガチで嫌がってる感じもしなかったので、勝手にそう思ってただけかもしれないけど

もうここまできたら人格変わったように服も捲りあげてaの胸を揉みました。

a「ねぇ、ごめんて、」

俺「触る度胸もないし」
と意味のわからない返事をして

ブラも無理に上から下に捲って、何年もの付き合いだったけど、初めて見るaのおっぱいをまじまじと見てしまった。

俺「aの、おっぱいまじ綺麗。胸元見てた時から思ってたけど、まじきれいだな。」

a「ほらやっぱり見てたじゃん、ねぇまじでこれ以上はだめだって」

俺「挑発したのはaだよ、俺だって男だからね!」

a「だからごめんてー」

でも、もう生乳揉んでたら

a「うん、、ん、」

と息が、、

俺ももう興奮してしまい止まりません。

おっぱいもみながら抵抗する手をどかし、乳首を、舐めました。

a「ん、んん、あ、」

正直aは可愛いし。スタイルいいし、なぜ今まで意識しなかったのだろうという位で、友達、親友と、思ってたからなのか、

壁を超えたらもう、抑えられませんでした。

俺「ごめん、こんな綺麗な体見てしまったし。もう我慢できないや、でも挑発したのは、aだからな」

と人のせい見たいな、発言をしてしまったけど

それを聞いたaは、何も言わず抵抗してた力を、一気に抜き、好きにしてと言わんばかりの力が抜けた状態になりました。

ブラを取り、夢中でもみながら乳首もなめてたら
a「あっ、ん、気持ち、いい」

と声を出してました。

そこから自然と下に手が行き、パンティの上からなぞると濡れてました。

すぐ中に手をいれてクリを弄ってたら

ビクビクしながら感じてるaを、見て

かわいい。と思いながら

指をまんこにいれてクチュクチュと音たてながら激しくしたら

a「あっ、そんなに激しくしたら、だめ」

そんな言葉を無視しておっぱいなめながら指を激しく動かしてたら

体を浮かしてa「あああ、だめだって、あっイクッッ」

といいながらビクンビクン震えてました。

正直指でイカせた事なかったから嬉しかった。
もう全裸にして、俺も自分から服を脱ぎました。

初めて見せる俺のちんこがしかもギンギンに立ってました?w

それを見たaは

「まじでギンギンじゃん」

俺「そりゃaの体見て興奮したからだよ」

といいながらイったあとでグッタリしてるaの前にちんこを持っていったら、まぁ自然の流れというか手で上下に動かしながら口を近づけていきました。

少し舌でペロペロとなめてから一気に咥えて上下に動き始めました。

俺「はぁぁー、」と力が抜ける。

てかまじ気持ちかった。

正直彼女のフェラよりも断然うまい。

さらにギンギンになったら

a「てか大きい」

と一言いってからまたフェラ再開

もうここまできたら入れたい

ジュポジュポとフェラしてくれるaを離して、

すぐに正常位でいれようとしました。

a「えっ、ゴムは?」

俺「ごめん、いま無いわ」

a「ゴムないなら、ダメだよ」

俺「ここまできたら入れたい」
といいながら入口でスリスリまんこに擦り付けてました。
a「あん、だめ、だよ、口でしてあげるから、」

俺「もう我慢できないよ」

といいながら入れてしまいました。

a「あああん、ダメだって、ああ」

といいながらちんこ入れられて感じてる

俺「ごめん、もう抑えれなくて、ああaの中気持ちいい」
といいながら激しく奥までついてたら

a「あっあっ生はだ、だめだって、あっ、気持ちいい」

だめといいながら抵抗もせず、感じて気持ちいいという言葉を聞いてしまったらもう止まりませんでした。

途中体位をバックに変える時も諦めたのか、ちゃんとお尻突き出してました。

バックでもパンパンとついてたら

a「奥にあたって気持ちいい、あっやばいって

アッ、イク」

といいながらビクンビクンと、震えてました。

対面座位を、変えてキスしたらちゃんと答えてくれてディープキスしまくりました。

最後に正常位でついてたらaのおっぱいがぷるんぷるん揺れてるの見てさらに興奮し、もう我慢できなくなり

俺「aイきそうだよ。」

a「中はダメだよ、外に出して」

俺「おっぱいに掛けていい?」

a「いいよ、いっぱい出して」

その言葉に後押しされるように興奮して

俺「まじ気持ちいい、ああイクよ」

といいながらギリギリで抜いておっぱいにぶちまけました。
そのあとaの、口にもっていったらお掃除フェラまでしてくれました。

2人でハァハァいいながらグッタリしてからシャワー浴びました。

2人でシャワーa「生はだめだよー、でも気持ちよかったしいいか!」

とか明るく言ってくれました!

そのあとお互いの、彼氏彼女には、秘密だよと誓い。その日は終わりました。

もう正直な感想

身体の相性抜群だと思いました。

気も合うから今まで一緒にいたけど、ここまでとは。

友達としたしまったという罪悪感もあったけど、これだけいい思いしてしまった。
次会った時もあの身体を、思い出してしまう。

もうオナネタになってました。

そのあと、彼女とも、仲直りし、aカップルと俺カップルで4人で遊んだりしていましたが、意識してしまうようになってしまいました。

なにもないように演じてますが。

そしてaとまた2人で会うことがありました。

迎えにいき、ドライブしながらいろんな話して、俺は意識が抜けない、またしたいという思いもあり、自然と自分の家に向かってました。

家に着いた途端aもなんとなくわかったのか、ずっと何も言わずにいました。

家に入るとソファに座り、沈黙が続き

俺が肩をそっと寄せました。

そして、キスをしようと近づけました。

aもすんなりと受け入れてくれて

最初からディープキスをし、もうこれはOKとみなして、胸を揉んでも抵抗もないので、

そのまま進みました。

友達から友達以上恋人未満という関係になってしまった瞬間でした。

お互い求め合うように全裸になり、クンニからフェラもしあい、また挿入しました。

a「また生でいれたでしょー。ちゃんと外にだしてね」

俺「ごめん、aの身体が忘れられなくてつい、家に連れてきちゃった」

a「家についた時なんとなくわかったよ。。」

正常位で腰振りながら、

俺「まじで相性よくない?俺まじ気持ちくてやばいよ」

a「あっあっ、うん、私も正直それは思ってた、あっだから家ついた時なんとなくわかったけど、何も言わなかった」

俺の彼女やaの彼氏に悪いと思いながらも、もう本能に負けてしまった。

バックして、騎乗位して

a「あっ、やばい気持ちいい、あっイク」

といいながら俺の上で崩れるようにイきました。

俺ももう我慢できないので、正常位にして
aのぷるんぷるん揺れるおっぱいを見ながら

俺「a。もうすぐイきそうだよ」

a「いっぱいだして」

俺「あっあっああaイクよ」

またギリギリで抜いておっぱいに掛けました。

そしてまたお掃除フェラしてもらいました。

もう癖になりました。

一緒にシャワーあびて

また、ビンビンになってしまい、そのままaがしゃがんでフェラしてくれて

俺「ああ気持ちいい、このまま出してもいい?」

a「いいよ」

俺「aイクよ」

といいaの、口の中でドクンドクンと発射してしまいました。

aはゴクンと飲んでくれました。

シャワーからあがって

またお互いの彼氏、彼女には内緒だよと誓い。

家まで送りました。

もう、普通の友達には戻れないかもしれません。

でも、体の相性は大事だとおもいました。

42+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR