最近サーバの調子が悪くてすみません。リニューアルしました。

女子大生時代に経験した非処女奥様の思い出

真実一路さんから投稿頂いた「女子大生時代に経験した非処女奥様の思い出」。

非処女奥様には、夫の知らない男との体液にまみれた思い出があるのです。
特に非処女奥様が女子大生だったなら、大学生の頃、男とセックスしまくっていたでしょう。
やっと成熟したばかりの身体を捩らせ、オマンコで男のペニスを咥え込んでいたのです。

自分の大学時代を思い出してみてください。
いかがですか?
暇も体力も精力も有り余った大学生のセックスは、とにかくヤリまくりだったでしょ?

性の快感を知った女子大生だった奥様と大学生の彼氏がアパートの一室で二人きり、この状態を思い浮かべてみてください。
興奮が高まった彼氏は、彼女を押し倒し、唇を重ねます。
少しずつ脱がされる彼女は、腰を浮かせてパンティを脱がされることに協力します。
彼女の乳房を両手で揉みしだき、オマンコを弄ると既にヌルヌル、彼氏はパンツを脱いでオマンコにペニスを捻じ込み、腰を動かしはじめます。
体勢を入替え、彼女は彼氏に跨り腰を振りながら、彼女は身体を少し捻って片手で彼氏のキンタマを握り、彼氏は彼女の乳房をしたから揉み上げます。
欲望に任せて、お互いの肉体を貪り合う若い大学生カップルの部屋には、若い雌と雄の淫らで強烈な匂いが立ち込めています。
腰の自由度が大きい騎乗位で感じまくった彼女は、繋がったまま彼氏の上にバッタリと倒れ、にキスをします。

暫くキスを楽しんだ彼女は、彼氏に下から突き上げられて再び腰を振り始めます。
彼女が腰を振るたび乳房が揺れ、ヨガリまくって仰け反って倒れそうになる彼女を彼氏が慌てて抱き寄せ、対面座位のような格好になり、思わず抱き合ってキスします。
そして彼女を四つん這いさせて、ヒクつくアナルを眺めながら彼氏はペニスを愛液で濡れたオマンコに差し込み、彼女の尻を両手で掴みながら腰を突きたてます。
突くたびにユラユラぶら下る乳房を彼氏は彼女に覆いかぶさるようにして後ろから揉みながら、腰を振ります。
思わず、喘ぎ声をあげてしまう彼女に興奮して、彼氏はひたすら腰を打ち付けます。

最後は正常位で、彼女の股を思い切り広げて、結合部を眺めながら彼氏はペニスを出し入れするのです。
まだピンク色の綺麗なオマンコのビラビラが、彼氏のペニスに絡みつきながらベロベロめくれ、彼氏がが腰を振るたびにグチュグチュと音をたてます。
若い男の性欲は凄まじく、仰け反る彼女のオマンコの奥にタップリと精液を流し込んでも、また勃起してきて、彼女は抜かずの2発を決められて白目を剥いてしまいます。

その若い大学生の彼氏の性欲の捌け口だった彼女こそ、女子大生だった若い頃の奥様だったのです。
毎日2回のセックス、休日は朝昼晩と3回のセックス、週に16回、夏休みや春休みを除けば40週で1年に640回、入学して半年で初体験をしたと仮定すると、卒業まで2,240回もセックスしたことになります。
それだけのセックスをこなせば、卒業する頃には奥様のオマンコのビラビラはすっかり伸びて、変色している事でしょう。
え?奥様を亜h締めて抱いた時、ビラビラがめくれて灰色がかった紫色だったって?そうでしょう、そうでしょう。
それが、女子大生の普通の生態なのですよ。

え?ウチのはちょっと赤っぽい紫のビラビラだったって?その奥様はモテモテで、毎年彼氏が変わってたんだと思います。
そういう女子大生の場合、経験人数は多い代わりに、出会いと別れを繰り返す分、彼氏1人当たりとのセックス回数が少なくなりがちですね。
きっと、新しい彼氏は梅雨時頃に確定するから、セックスは1年で30周くらいでしょうね。
新しい彼氏とヤリまくりになるまで時間がかかりますから、1年あたり300回くらい、4年間で
1,200回くらいのセックス回数でしょう。
セックスの回数は少ないですが、経験本数が多いから、こういう奥様の場合、色んな男性を経験していますから、テクニックは凄いでしょうね。

いずれにしても、女子大生を経験した奥様は、かなりの中古オマンコだということです。
バツイチに匹敵するほどオマンコは使い古されているといっていいでしょう。
あなたの奥様は非処女で、若い頃は女子大生でしたか?

1 COMMENT

匿名

はい。
私の妻は非処女で短大生でした。
メッチャ可愛いロリフェイスで、純情顔ですが、フェラは絶品だし、腰使いはAV女優並みのエロさでしたよ。

返信する

コメントを残す