エッチ体験談が12,000話を突破しました。

妖艶美人妻の巧すぎるセックスに憂う

PR

ヘタレ夫さんから投稿頂いた「妖艶美人妻の巧すぎるセックスに憂う」。

30歳の時に仕事上で知り合った嫁さんは、メッチャ美人でハッと息を呑みました。
お色気ムンムンの妖艶美人、同い年くらいかな?あれ?結婚指輪してないけど独身?なんて想像してたら、26歳の独身でした。
仕事しているうちに意気投合、すっかり打ち解けてイイ感じになり、仕事が完結して打ち上げに飲みに行った夜、流れでホテルで男女の関係になりました。

妻の男あしらいの上手い事といったら呆れるほどでした。
陰茎へのタッチは亀頭中心で射精させずに気持ちヨガらせるテクは一級品、フェラの舌使いもしかり、濃い赤色の陰唇と剥き出しの真っ赤な陰核、卑猥な腰使い、これはかなりの経験者だと思いました。

2年交際して結婚、近所でも噂の美人妻と結婚した途端、嫁さんの過去の性体験がやたら気になり始めました。
結婚して1年の頃、子作りセックスで嫁さんが騎乗位で腰を振って、射精を焦らしに焦らす高等テクに私が喘がされた挙句、騎乗位のまま、焦らされ続けた大量の精液を搾り取られてグロッキーになった後、嫁さんに、
「セックス、巧いよなあ。経験多いんだろ?」
つい、言ってしまいました。
「どうせ中古嫁ですよ。お見込みのとおり、元彼とエッチして喘いだわよ。精液飲まされたことも中に出されたこともあるわよ。26歳まで普通に恋愛してたら、3~4人経験しててもおかしくないでしょ。」
と怒られてしまいました。
26歳までに~4人・・・きっと4人だろうなと思いました。

今、妊娠8ヶ月の妻は、
「ほら、チンチン出しなさい。溜まってるでしょ。」
パクッと咥えて超絶技巧の舌使い、ドピュドピュ射精した精液を、そのままゴックンしてくれます。
「精液飲まされたことも中に出されたこともあるわよ・・・」これって、精液飲まされたんじゃなくて、普通に飲んでたんじゃないかなあ・・・と思いました。
嫁さん、凄い美人だから・・・仕方がないと分かっていますが、いざ手に入れてしまうとやっぱり滅入ってしまうヘタレな私です。

23+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR