最近サーバの調子が悪くてすみません。リニューアルしました。

妻というのはありがたい存在だと思った夜

銀婚夫婦さんから投稿頂いた「妻というのはありがたい存在だと思った夜」。

私52歳、妻49歳、結婚して25年の銀婚式を迎え、子供達から温泉旅行をプレゼントされた。
夫婦水入らずで過ごすひと時、妻というのは実にありがたい存在だとつくづく感じた。
裸になって、女として極めて恥辱の体勢で女性器を露出し、夫の性欲を一身に浴びて姦淫の嬌態を晒し、夫を喜ばせるのが妻だ。

逆に言えば、私には勿体ないほどの女の夫である自分が誇らしいともいえる。

「あなた・・・25年間、幸せでしたよ。」
「25年間、色々と世話になって、ありがとう。」
と言って抱きしめた。
妻の良い匂いにほだされて、つい、乳房を揉んでしまった。
「あなた・・・もう、するの?」
「後にするか・・・そう何回も出来ないしな。」
「そうしましょう。お布団で、いっぱい可愛がってね・・・」
俺の一目惚れで始まった妻との歴史を思い出していた。

元カノと別れた24歳の頃、恥ずかしながらあるAV女優に夢中になっていた。
「星野ひかる」というとっても清純そうで、未成年位しか見えない女の子で、当時、紺兄可愛い女の子がAVで痴態を晒すことが信じられなかった。
その「星野ひかる」はたった1年でAVを引退してしまったのだが、その時、25歳の私は「星野ひかる」に瓜二つの美少女と通勤電車で遭遇したのだ。
それが後の妻だ。
何度も偶然を装い、毎朝、妻の隣に乗って通勤した。
密かに跡をつけ、良く行くコンビニで待ち伏せしたり、そしてついに帰りの電車を待つ妻に会うことができた。
声をかけるチャンスと思って近づくと、
「良く、お会いしますよね。でも、帰りの電車は初めてですね。」
と妻の方から声をかけてきた。
立ち話をして、当時はまだ携帯電話は一般的ではなかったから、名刺の裏にアパートの電話番号を書いて、
「今度、お食事でもしませんか?連絡ください。」
と言って渡した。

あまり期待はしなかったけど、金曜日に電話があって、土曜の午後に会うことになった。
当時、まだ完全週休二日制ではなく、土曜日は午前中は仕事があったから、土曜の午後デートは一般的だった。
当に、妻の年齢は短大を出て2年目の22歳、
「いやあ、あんまり可愛いから未成年に見えるよ。」
と言ったら、
「もしかして、好きなAV女優似てるとかでデートに誘ったんですか?」
と言われて心を抉られたが、
「AV女優にこんな可愛い女の子が出てるんですか?俺、AVって見ないんだ。いや、正直、見てみたいけど、どうしても借りるの恥ずかしくて・・・」
と言ってごまかし、その夜、全てのAV関連の物を処分した。
聞けば、元彼が「星野ひかる」のファンで、元彼の部屋からVHSや写真集が出てきて大喧嘩になって、半年前に別れたんだそうだ。
危ない危ない・・・と胸を撫で下ろした。

その1か月後、初めて結ばれた。
「初めてじゃなくて、ごめんなさい。」
と言われたが「星野ひかる」にソックリの22歳の女の子を抱ける嬉しさで、非処女だなんてどうでもよかった。
第一、高校時代の同級生で17歳の元カノと、大学時代の短大生で19歳の元カノしか処女はいなかったから、いくら清純そうで可愛くても、20歳過ぎた女の子に処女は期待していなかった。
バブルの頃は、そんな時代だった。
妻は着痩せするようで、思ったよりも肉感的で、非処女とは言っても女性器は綺麗だった。
でも、性の開発は終えていて、恥ずかしがりながらも素直に股を開いてクンニさせてくれたし、フェラも唇と舌の使い分けが上手だったし、クリだけでなく中でも感じていた。
未成年顔を喘がせて、若妻並みの反応を見せた。
ジュクジュク音を立てる愛液、揺れる乳房、色っぽい啼き声、さっきまでの可愛いハマトラにベレー帽の清純な乙女とのギャップに萌えた。

一度関係ができると、妻の方が積極的になり、グイグイ来た。
生理が来ると手コキで抜いてくれたし、生理が終わるとセックうすぉおねだりしてきた。
とにかく、清純そうな乙女が淫らに変化する過程がたまらなかった。
休日のファッションは、清らかな生娘にしか見えないのだ。

結婚したら更に大胆になり、女としては極めてふしだらとも思える恰好もいとわなくなり、私を興奮させるために取る手段がとても淫婦でした。
「恥ずかしいけど、貴女が悦ぶなら何でもする。それがお嫁さんの務めだもん。」
M字開脚で女性器を指をVにして広げて見せたり、後背位スタイルで女性器を拡げて見せたり、私の妻となってからの淫らさは見た目を裏切っててヤバいくらいでした。

その妻も49歳、布団の上で浴衣を開けてM字開脚して、すっかりドドメ色になった女性器を指でV字にして拡げて、
「あなた・・・私の恥ずかしいおマメちゃん、いっぱい舐めて・・・」
妻の好きなクリ吸いクンニから、銀婚の営みが始まった。
夫婦として25年間、飽きもせず抱いてきた妻は、49歳になっても可愛いかった。
フェラも絶品で、ともすれば抜かれてしまいそうだ。
49歳になっても清純そうな顔して、でも、飛び切り淫らなひと時を提供してくれる妻に感謝した夜だった。
旅館に妻の嬌声が響き渡った。
廊下にも漏れているかもしれなかったが、この夜は、妻は我慢することなく、遠慮なく喘ぎ声を上げていた。
妻の身体が私の精液でまみれると、嬉しそうに乳房に塗り込んでいた。

裸で女性器を丸晒しにして、妊娠するかもしれない生性交を許し、快楽に悶絶する嬌態を晒すなど、夫以外にはさせないのが女だ。
銀婚旅行で、純情そうな妻の痴態を楽しめることに感謝した。
これからも、妻を抱き続けていけたら幸せだと思った。

2 COMMENTS

サイトウ

いいなーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥、夫婦が相思相愛なのは、実に素晴らしいことだろうね❤️❗️。しかも、好きなAV女優にそっくりな女性と、知り合えて、付き合い、結婚して、夫婦になってね❗️❓️。本当にすごくうらやましいですね❤️❗️。これからも夫婦仲良くたくさんラブラブセックスを楽しんで幸せになって暮らしてほしいですね❤️♥♥♥♥♥♥♥♥❗️。
【銀婚式おめでとうございます、いつまでもお幸せにね。】

返信する

コメントを残す