エッチ体験談が11,000話を突破しました。

看護婦さんとの昔話♪

PR

としおさんから投稿頂いた「看護婦さんとの昔話♪」。

20年以上前のお話です。暇つぶしに投稿してみます。

登場人物
おいら  ♂ 当時20歳
看護婦A ♀ 当時25歳

地元を離れて地方大学に行っていた私、当時高校時代から付き合っていた彼女が居てGW時には彼女が地方まで遊びにきてラブラブでしたが、2か月後の夏休みに帰郷すると他に好きな人が出来ており、大失恋していました。
ですが、開き直って毎晩のようにクラブに出動し、ナンパするような毎日を過ごしていました。

そんなある日 ビーチでスキムボードで遊んでいたのですが、酔って遊んでいるので
波打ち際で転倒してしまい手首を骨折してしまい 早期回復を目指して入院して手術をすることになったときの話です。
(前置きが長くてすみません)

入院翌日が手術日
手術は、問題なく終わりました。
整形外科という事もあって、食事制限もなく快適に過ごしていました。
元気がありあまり、手術後三日目からトレーニングルームでトレーニングしていたんですが、
初めて見る看護婦Aさんがトレーニングルームまで探しに来てくれました。
要件は、検温と脈拍チェックだったんですけど、自転車をこいでいたので検温のみで病室に戻ったら、脈拍チェックにいくね と告げられました。

Aさんは 専門学校卒業後して看護婦になって5年ほどで看護婦さんの中では中堅というような立場だったようです。

次の日も検温に来てくれ、終わったとき一言

Aさん「おいら君 映画とか観に行くの?」

おいら「行きますよ~ 最近はあんまりみてないなぁ~」

Aさん「今度映画看にいこうよ」

おいら「いつでも誘ってくださーい」

的な会話だったと思います。
そのあとは、こそこそ廊下や病室でやりとりして、外泊の許可をもらい
昼から実家に帰り車をとって、18:30に上がるAさんを待ち早速合流
ただ、あんまり楽しそうな映画がなく、そのまま食事に行きました。
食事時は、何を話したかは覚えてないです。

ただ このまま帰るのもあれなんで、酔い覚ましに海辺の公園のベンチでおしゃべりをしにいきました。
そんな時、Aさんは私に密着しており、いいムードに

わたしは 向かいのホテルに行きたいって 素直にAさんに告げ
もちろん Aさんもオッケー 早速ホテルに行くことに

ホテルに着くなり、もうすぐに開戦!

年上の女性とのセックスは、私にはかなりの魅力的で
腰がぬけるほどフェラはうまく そして155センチでバスト88D
3回もやってしまいそのままいつのまにか寝てしまったいたのですが
夜中、ふと目が覚めるとAさんのフェラで息子はギンギン
また、それから2回 ホテル出る前も1回というような一晩でした。

それから1週間ほどで退院するまで、個室の病室に来るときは
ナース姿の上から、オッパイ触ったり お尻触ったりしていました。
なぜか 病院ではやらせてくれなかったのが 残念でした。。。。

ただ Aさんが年上で外科で男性慣れしている為なのか
今でいう肉食なのか 会っているときは 
運転中の私の息子を勃起させるし フェラはするし
精子は全部ごっくんするし 
Aさんの影響で今の私は、かなりセックス好きになったのかも!

っとまぁ 全然おもろくない話ですが
この時期くらいから 私はやりまくりの人生になったと思っています。

40歳を越えてもいまだ セックス大好きです。
玄人さん素人さん含め、1000人越えしております。

お付き合いありがとうございました!

5+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR