エッチ体験談が11,000話を突破しました。

膣が記憶に残している陰茎の感触とは

PR

羈縻さんから投稿頂いた「膣が記憶に残している陰茎の感触とは」。

私は、一度別れた元カノと3年ぶりに再会して結婚しました。
現在結婚して8年、私は36歳、妻は33歳、子供は2人います。
女性の膣には、元彼の陰茎の感覚が残っているようです。

私は、別れて3年の元カノと再会し、可愛くて大好きで未練があったので本気で口説いて、お互い、ちょっとアルコールも入っていたこともあって、良い流れでラブホに行ったのです。
3年ぶりに一つになったら、
「はあぁ・・・懐かしい・・・私、やっぱりあなたのオチンチンが一番合う・・・」
と言いました。
私は嬉しかった半面「私、やっぱりあなたのオチンチンが・・・」の件に、私と別れた後、私と違う「オチンチン」を経験したんだなという嫉妬を感じました。

最初の出会いは私24歳、妻21歳で約1年間交際しましたが、些細な事でケンカ別れしてしまいました。
後に、あんなに可愛くていい娘だったのに、何であんな事で別れてしまったんだろうと後悔しながら、私は身近な女性と何となく交際していました。
最初の交際の時、妻にとって私は2人目の男性だったそうで、私と別れた後、妻は2人の男性と性行為を経験していました。
私と別れて3年後、私28歳、妻25歳で再会し、再び一つになって、妻は自分の膣と私の陰茎の相性の良さを再確認し、私は妻が大切な女性だったと再認識して、再会の夜にラブホを出たところでプロポーズ、半年後に結婚しました。

妻の膣が覚えていた私の陰茎の記憶は、形状による感触の記憶だそうです。
妻は19歳で初体験した男性しか知らず、2人目の男性となる私に抱かれて、私の陰茎と前彼の陰茎では明らかに感じ方に差があり、特に正常位と騎乗位のような向かい合わせの体位の時にそれが顕著だったそうです。
具体的には、カリの部分が膣壁を刺激する感触なのだそうです。

私と別れた後、3人目の彼氏に抱かれた時、どうにも物足りなさを感じたそうです。
3人目の彼氏は、純情そうな可愛さの妻が処女でなかったことが辛かったそうで、
「どうして僕と出会う前に・・・」
と言われて、半年で破局したそうです。

4人目の彼氏が最も大きな陰茎だったそうで、妻はそれまで経験したことが無い奥を突かれてかなり感じたそうです。
そんな新しい感覚の陰茎に新鮮な快感を覚えて、交際が1年近くになった頃、その彼氏が少しずつ本性を現し、妻を緊縛したいと言い出し、結果、女性の痴態を撮影して投稿するマニアだったことが分かって別れたそうです。

そして、私と再会して、4人目の彼氏よりは小さい私の陰茎がとても気持ち良くて、陰茎は大きければいいというものではないことに気付いたと言いました。
そして、その感覚は、3年前に私と過ごした楽しかった時間を蘇らせてくれたのだそうです。
再会して3年ぶりに妻を抱いた時、私は妻の膣の感触を特に記憶しておらず、それほど懐かしいとは思いませんでした。
ただ、抱き心地や髪の匂いがとても安らげました。

妻と色々話したのですが、女性の方が陰茎の記憶を覚えているようです。
男性は、女性の膣は緩いとかキツイとか深いとか浅いとか感じますが、特定の女性の膣の感覚を記憶にとどめていることは少ないような気がします。
女性の膣は、感じるゾーンがあって、そこに見事に擦れやすい形状の陰茎だと、他の陰茎に比べて記憶に刻まれるようです。
男性側は、陰茎の各部分でそれぞれ感じるので、その圧迫感は印象に残るかもしれませんが、特定するほど鮮やかな記憶はないのかもしれません。
それより、その女性の身体的特徴、つまり裸の記憶とか、抱いた感じとか、そちらの方が記憶に残りやすいです。

14+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR