エッチ体験談が11,000話を突破しました。

隣の同級生

PR

sinnchannさんから投稿頂いた「隣の同級生」。

もう、60年近く前、S学5年生の時、その日の昼休み同じクラスの当時1番仲良くしていたA男から、A男の近所に住む同じクラスの光子の話を聞かされた。彼女と彼女の隣の家の1学年上のB男が、B男の家の納屋の中でお医者さんごっこをしていたところを偶然見てしまったとの話でした。B男は、下半身を出して光子の上に載って腰を動かしていたそうです。

A男は、おれも、あんな風に嵌めっこしたいと言って、光子に俺にもやらせろと言ったらやらせてくれるかな、などといったのを俺はいまでもおぼいています。そのことを俺は、午後の5時間目になっても頭から離れませんでした。午後の授業は、その日担任のY先生が出張とかで自習になっていたので、クラスのみんなは、自習といっても、やることがないので、隣の席のものと、小さい声で話をするものが大部分で、おれも隣の和子と、話をしていたのですが、俺は、A男の話が、頭から離れず、和子に「な、和子今日、放課後、うちへ帰ってから、何か用ある。」と、聞くと「べつに何もないけど、なんで?」俺は、「じゃーさ、彼女の耳に手を添えて「あのさ、うちへ帰ってから、お医者さんごっこやらない?」といったのです。

すると、彼女は、少し、沈黙した後、「だって、そんなこと、、、、」と言ってまた、沈黙したのです。俺はもう、1度、言ってしまった以上もう、後戻りは、できないので、必死でした。「絶対に誰にも言わないからな、な、」というと「だって、そんなこと私、」と言ってまた黙ってしまいました。「だから、絶対だれにも言わないし、俺と和子の2人だけの秘密にするから、ね、」というと「でも、そんなこと、どこでするの?」俺は、こころのなかでーやったー和子がOKしたと、おもったのです。その日俺は、放課後、となりのクラスの近所の同級生から遊びに誘われないように、6時限目が終わると、だれよりも早く学校を飛び出し、うちへ帰ると、すぐ、となりの家の生垣の隙間を、くぐって、和子の家へ行ったのです。和子は、おれの家の隣です。

ですから小さいころから、一緒に遊んだ幼馴染だったのです。だから、S学1年生の時に彼女の家の蔵の中で1度だけですが、お医者さんごっこをしたことがあったのです。お医者さんごっこといっても、ただ、彼女のパンツを下ろし性器をいじっただけのかわいらしいものでした。ですが俺は、そのことが頭にあって、彼女に、A男の話を、聞いたときに、すぐに、和子のことを、おもいうかべていたのです。和子の両親は、当時2人とも近くの工場に働きにいっていたので、和子は1人っこだし、うちには、だれもいないことをおれは、しっていました。勝手知ったる和子のうちですから俺は、和子の家にかってに、入り込んで、和子のかえりを待っていました。和子は、俺が家で、待って何分もしないうちにかえって気ました。

俺と和子はもう。何をするか決まっていましたから、2人で、畳に上がると」奥座敷に行き、その北側の部屋、和子が普段寝室にしている部屋に入り、襖を閉めました。和子は、黙ってそこに横になったのです。俺は、和子のスカートを脱がせ、パンツに手をかけゆっくりとぬがせたのです。和子の股間が丸見えに名たのです。和子は恥ずかしかったのか、「しんちゃん、なんかすー、すー、する。」と、俺の顔を見上げてきました。俺は、ただ黙って、和子の股間をさすったり、いじったり、して割れ目を、押し広げてそこに、人差し指を挿入したりと散々いじくりまわした後、ズボンとパンツを脱ぐと和子のうえに覆いかぶさって「和子、嵌めてもいいだろう?」というと「わたし、怖い、だって嵌めっこなんてしたことないし」「大丈夫だよ、だって、嵌めっこすると気持ちいいんだってよ。」「ほんと?」「ほんとだよ、だから、ね、」「本当に,痛くないよね、」

その日から俺と和子は、機会を見つけては、お医者さんごっこをするようになったのです。それは、おれもそうなんですが、和子も挿入することで、快感をえていたのだとおもっています。和子は、1人っこですのでいまでも、結婚して、婿さんを迎えうちにいます。俺は、和子が結婚するまでは、そうゆう関係をしていましたが、結婚してからは、そうゆうことはしていません。

2+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR