エッチ体験談が11,000話を突破しました。

女子C学生ハメ撮り動画の裏事情

PR

禁忌さんから投稿頂いた「女子中学生ハメ撮り動画の裏事情」。

まだ幼い美少女は当時C学2年生、I3歳でした。
画面では、セーラー服を着た美少女のおさげ髪が美しく煌めいています。
純朴そうな雰囲気とおさげの髪型が垢抜けないけれど、なかなかの美形で、おとなしそうな女の子です。

顔は間違いなく美形ですが地味めで、おさげ髪だからなのかもしれませんが、セーラー服がとても似合う昭和な感じの可愛さです。

そんなセーラー服姿がとても似合う、大人しそうな美少女が半裸になっていきます。
セーラー服は決して脱ぎませんが、スカートとパンツ、そして上は下着は着けておらず、セーラー服のみの恰好になります。
色白のキメの細かい美肌に、キュッと締まったウエスト、ツンと上を向いた柔らかそうな美乳のスレンダーなC学生のロリボディが堪能できます。
可愛い純朴系の女子中学生が、自分でオマンコをクパァと拡げて見せます。

ここで、四十がらみの男が登場して、まあ幼いI3歳の身体の隅々まで、電動淫具で愛撫され、それでも無邪気に微笑む美少女は、差し出されたペニスに拙いフェラを繰り出します。
そして、幼い股を開かれて、男にクンニされて思わず反応、そして、信じられない台詞を吐きます。
「ああん・・・そこは弱いのだめぇ・・・お父さん、そこは許してぇ・・・」
明らかに、既に性の快感を知った反応を見せる美少女中学生は、実の父と性行為を行っていたのだ。

まだ幼いオマンコをこじ開けて言いのペニスが突貫すれば、可愛いおさげ髪のセーラー服C学生は、悦びの嗚咽へと導かれていった。
既に性の開発を終えた身体は、やがて父の生ペニスで快楽に溺れていきました。
肌蹴たセーラー服から美乳が見え隠れする見た目の幼さと、快楽を知った身体が性の疼きを癒そうと身を捩るギャップに萌えました。
C学生で刻み込まれた快楽に、清純そうな身体が堕ちていきました。

この動画は、今から15年前に撮影されたハメ撮り動画です。
モデルの女子C学生は現在28歳、二児の母で私の妻です。
そして、この動画を撮影したのは、当時21歳だった私です。

今から16年前、母子家庭だった20歳の私は、当時41歳だった実母と相姦関係にありました。
同じく、父子家庭だったと当時12歳の妻は、当時41歳だった実父と相姦関係にありました。
私の母と妻の父は、小中学校の同級生でバツイチ、再会して意気投合、男女の関係になると、お互い隠していた親子相姦を暴露、父娘母息子が入り乱れて相姦する再婚家庭へと発展したのです。

その後、義理の兄妹に恋心が芽生え、いつまでも近親相姦はしていられないと、妻が高校卒業後は、私と妻が家を出て同棲、2年後に結婚したのです。
今でも時々、昔の近親相姦動画を見ます。
もちろん、私と母が激しく交わる動画や、父と母が交わる動画、大学生だった私と女子C学生だった妻が交わる動画もありますが、一番興奮するのが妻と父親のセーラー服相姦です。
大学生の私とC学生の妻の交わりは、既にその頃から交わりに深い愛が感じられて、卑猥さに欠けるのです。
やはり、父娘、母息子の相姦は淫らですが、やっぱり、セーラー服少女とその父親の交わりは最も卑猥で禁忌感があります。

「俺とお父さんのチンポ、どっちが良い?」
「あ、ああ、お兄ちゃんのチンチンの方が硬くて気持ちいいよ~~」
「でも、お父さんのチンポに処女膜破られたんだもんな。C1になったばっかりのI2歳の処女膜をな・・・」
「ああん、言わないで・・・お兄ちゃんだって、C2から10年以上もお母さんとエッチしてたんでしょ。ああ、あああ~~」
近親相姦を言い合いながら、激しく燃える元義兄妹の夫婦です。
こんな夫婦って、珍しいですよね。

10+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR