エッチ体験談が12,000話を突破しました。

美しいバツイチ年上妻の魅力

PR

若夫さんから投稿頂いた「美しいバツイチ年上妻の魅力」。

結婚して15年の妻は48歳、高田万由子さんに似た知的な美形です。
私が一目惚れして、10回くらいしつこく告白して、やっと付き合ってもらいました。
なぜ妻は私の思いを断ったかと申しますと、私が妻に求愛した時、妻は32歳、私は21歳だったからです。

私は、光線を出たばかりの社会人1年生で、妻は、前夫がアルバイトの女子大生を妊娠させて離婚して3年でした。
妻の結婚歴は僅か2年、子供はいませんでした。

交際開始時、妻は私を子ども扱いされていました。
それもそのはずで、私は当時童貞、妻はバツイチどころか、あの器量の良さですから前夫の前にも彼氏がいたでしょう。
私は、美しい三十路の色気に、常に勃起状態で、
「ちょっと、いつも前を膨らませてるけど、見せつけてるの?」
「だって、綺麗だし、良い匂いするし・・・」
「セックス、したことあるの?」
私が首を横に振ると、
「童貞・・・私にくれるってこと?」

生まれて初めてラブホに入りました。
そこで見た生の女性の裸に興奮して、思い切り勃起したら、
「わあ・・・君、おっきいね・・・」
と言って、嬉しそうにバックからメジャーを取り出して測量されて、
「うーん、長さ17㎝は今までで最長ね・・・カリ周りは11.5㎝となかなかね。」
そう言われながら、愛撫の仕方を指導され、オッパイを揉んだり、乳首を舐めたり、初めて触れた女性の身体は、すごく柔らかくて気持ち良かったです。
その後、初めて生のオマンコを舐めました。
11歳年上のバツイチですから、セックス経験は豊富だから仕方ありませんが、オマンコのビラビラが赤っぽい紫色でした。
その後、初めてフェラを経験しましたが、あまりの気持ち良さに妻の口に精液を漏らしてしまいました。

一度ペニスを洗って、コンドームをしてオマンコに入れました。
「おめでとう。これで童貞を卒業したね。」
そう言われましたが、初めてのオマンコに興奮していました。
オマンコの中は、クニュクニュして、それが次第にニュルンニュルンとペニスを挟みつけるようになって、一度射精しているというのに、5分くらいで射精してしまいました。
「ごめんなさい・・・」
「洗ってきて、もう一回よ。」
結局この日は、フェラで1回、コンドーム付けて3回、計4回も射精しました。

妻とは、会うたびセックスしていました。
「もう少し我慢できると良いんだけどな。もっと鍛錬しないとだめね。明日も帰りに寄るからね。」
妻は私のアパートの合鍵を持ち、時間が早い時は帰りに寄って、7時半までに私が変えればセックスをして帰りました。
土日は朝からやってきて、セックスのお勉強でした。
そして、交際半年の頃、
「なんだか・・・いつの間にか、私の方があなたの若いオチンチンに夢中になってるみたい・・・セックスの練習なんて言って、1日に何回も出来る若いあなたを良いように味わってるみたい・・・これってイケナイことよね。ちょっと、考える時間ちょうだい。」
「だったら、結婚してくれませんか?」
「え?・・・」

最初、バツイチ11歳年上ということで反対されましたが、妻を見た両親はそのあまりの美しさに唖然としました。
交際1年で結婚、33歳の新婦と22歳の新郎の新婚初夜、妻がベッド上に正座して、
「本当に私で良かったの?11歳年上で・・・」
「もちろんですよ。自慢の美人妻です。」
そう言うと、ポロッと涙を流して、
「若い男の子を誑かしたって聞こえてきて・・・でも、君について行くね。君の赤ちゃんを産むから、そのつもりで抱いてね・・・」
夫婦になったことを噛み締めて、クンニにたっぷり時間をかけたら、愛液が内股までドロドロで、そこに、初めての生挿入、コンドーム無しの触れ合いはあまりにも気持ち良すぎて、あれほど上達したセックスのはずが、10分持たずに暴発してしまいました。

妻は私に抱き付き、離れようとしませんでした。
すると、妻のオマンコが蠕動し始め、私のペニスは再び勃起、そして抜かずの二発目は一回目より長持ちして15分ほど、そして、22歳の新郎ペニスは三度妻のオマンコの中で勃起させられ、今度は20分の長丁場で抜かずの三発目を決めました。
新婚初夜、美人妻の33歳の熟したオマンコに、22歳の若くて新鮮な種付けセックス三連発で、妻の子宮はタプタプ状態でした。

翌日から出かけた新婚旅行のハワイでも、オーシャンビューの部屋で朝っぱらから朝起ち種付けセックス、昼間はツアーで観光して夜は種付け三連発を決めていました。
抜かずの三発って凄い量で、妻からペニスを抜いたら白い液体が大量にドロリと溢れました。
この新婚旅行中、抜かずの散髪を決めている最中、妻が全身を痙攣させながら逝きました。
妻が逝く姿を見たのは、それが最初でした。

妻は34歳で長女を、36歳で長男を生みました。
現在、長女は中2、長男は小6、幸せいっぱいの4人家族です。
妻は48歳で高田万由子さんに似た知的美人で、お色気が物凄くて相変わらず私は毎日勃起してしまいます。
私はまだ37歳で現役バリバリなので、妻を毎晩求めます。
「もう、50歳も見えてきたおばちゃんなのに、毎晩求められてるなんて・・・」
と言いながら股を開く妻のオマンコは、若い私がヤリまくったせいでビラビラが真っ黒になってしまいました。

二度の出産では妻に手で扱いてもらっていましたが、それ以外ではほとんど毎晩セックスしてきました。
私が30代になって、セックスは1日1回になりましたが、20代の頃は1日1回じゃ済まず、1日3回はしていました。
だから、もう妻とは4千回以上、5千回くらいのセックスを重ねていると思います。
きっとこれから、妻が50代になろうと60代になろうと、セックスは続くと思います。
やがて妻が閉経したら、毎晩中に出せる日が来るでしょう。
私は今から、その日をとても楽しみにしています。

18+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR