エッチ体験談が11,000話を突破しました。

さようならが上手にできなかった真理

PR

後悔男さんから投稿頂いた「さようならが上手にできなかった真理」。

23歳から26歳までの3年間付き合っていた元カノの真理は、3歳年下のホンワカした少し不思議ちゃんな女の子でした。
一見処女っぽかったけど、20歳の真理は男を知ってて少しガッカリしました。
ホンワカした不思議ちゃんだけど、セックスすると豹変して、腰を回して、乳を揺らしてヨガリまくりました。

可愛い顔してて、オマンコも綺麗なのに、元彼に効率よく上手に仕込まれたのでしょう。

真理とセックスしていると、オマンコの動きが最高で、最後の一滴まで絞り取られる感覚で、全身が痺れるように気持ち良いのです。
射精中に根元から亀頭まで扱くようにオマンコが蠕動するから、射精中は気絶するほどの快感なのです。
射精中の扱きって結構な刺激だから、それをオマンコで実現してるところが凄いです。
それに、ホンワカ不思議ちゃんが可愛い顔でエロエロセックス、私に跨ってヨガリまくるその姿をしたから仰ぎ見るのは最高でした。

真理の前に付き合った元カノに、そんなオマンコの持ち主はいませんでしたし、妻もそんなオマンコではありません。
私は真理と結婚すると思っていましたし、真理もそう思っていたでしょう。
真理がラブホ街を男と歩いているのを見かけて、疑心暗鬼になってしまった私は、思わず真理に当たってしまったのです。
「あの男は誰だ?ラブホ街で何してた?・・・」
会社の人と、たまたま通りかかっただけという真理の言葉を信じられずよからぬ妄想に捕われて、疑心暗鬼に拍車がかかってしまいました。
「ラブホ街の路地から出てきたわけじゃないのに・・・信じてもらえないんだね・・・悲しいよ・・・こんな終わり方・・・」
真理の最後の言葉でした。

暫く悶々として過ごし、半月くらいして、真理が手を振って去っていくバスを追いかける夢を見て、謝ろうと思いました。
でも、メルアドも電話も繋がらなくなり、真理のアパートを訪ねたけれど、引っ越しまでしていました。
ホンワカ不思議ちゃんでしたが、意志は固い女の子でしたから、そこまで意思表示された以上、職場を訪ねることはしませんでした。
お別れを言わないまま、終わってしまいました。

元カノの中で、唯一今でも私の心の片隅でひっそりと体育座りしている元カノが真理です。
別れ方が悪すぎて、一方的に傷つけてしまいました。
さようならを上手にできなかったから、いつまでも悔やみ続けて忘れられないのでしょうね。
別れた時、真理は23歳、今は34歳になっています。
思い出す真理は23のままのホンワカ不思議ちゃん、たまに出会った頃の20歳の顔で夢に出てきたりするのです。
34歳の真理に会うと、夢に出てこなくなるでしょうか。
真理はどこで何をしているのでしょうか。
結局、謝ることさえできずに、さようならも言えずに別れた真理、今は幸せになっていて欲しいと思います。

18+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR