エッチ体験談が11,000話を突破しました。

気が付けば50歳…はじめてした時の話

PR

気が付けば50歳さんから投稿頂いた「」。

気が付けば50歳

はじめてした時の話

はじめては16歳高校一年の10月だったと思う。相手ははじめて付き合ったCという子
彼女とは高校受験のための夏期講習で出会った。背が小さくてかわいかったので休み時間とかによくからかったりして遊んでいた。

違う中学に通う子だった。俺はあまり意識していなかったのだが夏期講習の最終日に彼女のほうから
「住所教えて。不幸の手紙書くから!」と言われ住所を教えて文通が始まった。今はLINEの交換だろう。なんせ35年も前の話だ。
その時まであまり女として意識はしてなかった。彼女の家はお父さんが厳しいらしく電話で話すのもままならない状態だったが、ほどなくして付き合うことになった。
中3の秋 初めて俺のうちに彼女が遊びにきたときチューした。どちらもファーストキスだった。そこから受験もありなかなか会うことはできなかったが夏と同じ塾の冬期講習に行くことを約束した。
冬休み 違う学校でなかなか会うことはできなかったが、会うたびにキスはしていた。
 そして春 彼女はめでたく合格 俺 不合格 
入学までの休み中彼女がうちに来たときキスしながら何気なく胸に手をやり始めておっぱいを揉んだ。抵抗はなく息遣いが少し荒くなり ハァハァ と言っていた。そのままカーディガンとブラウスのボタンを外しブラをずらして乳首を口に含み舐めた。当時その先に行く勇気はなかった。
その頃はまだ 男子校 女子高が多く別々の高校に通うことになった。

高校で俺は運動部に入部した。彼女も運動部だった。お互い忙しくても月に1,2度はあってデートした。
デートしても頭の中はもうやることしかなかった。
高1の5月俺の部屋で初めて彼女のパンツの中に手を入れた。それまでは少しでも抵抗するようなところがあればやめていた。初めての彼女がかわいくて愛しくて彼女を傷つけることはしたくなかったのだ。少し抵抗されたがはっきりイヤだとは言われなかったので手を先に進めた。彼女のおっぱいを舐めショートパンツの脇から手を入れた。今のようにPCで予習などできない世の中だった。

手は入れたもののどこを触ったらいいのかわからず割れ目の上のあたりをひたすら撫でていた。しばらくそのあたりを撫でまわしていると中指が割れ目の奥に入り彼女は「アッ!」と声をだしビクンと体を反応させた。そこは濡れていた。はじめてオマンコが濡れるということを実感した。その先はまだお預けだった。少し抵抗したのは、その時小さい子がはくようなデカパンを彼女がはいていたからだと思う。
次に会う時から小さくてかわいいパンティーを履いてくるようになった。そこを意識したんだと思う。

夏休みオマンコを舐めた。はじめてみる実物のマンコ。毛は割れ目の上部にほんの少しあるだけで中はきれいなピンク色だった。クリトリスを舐めると声を殺して感じていた。夏の暑い日だった。オマンコを舐めながらパンツをずらし俺の肉棒を目の前に出したら咥えてくれた。はじめてで舌も動かさずただ咥えているだけでちっとも気持ちよくはなかったがとにかく口に含んでくれたことがうれしかった。何度かそうしていると「どうやったら気持ちいいの?」と聞いてきたので吸い付いて頭を動かすように言いバキュームフェラを仕込んだ。気持ちよかった。彼女の口に出してしまった。ゴクンと飲み干し「おいしくないね」といったが、それからフェラすると毎回飲んでくれた。でもセックスはさせてくれなかった。

付き合って1年はしないと彼女自身が決めていたようだ。秋になり1周年が過ぎたある日、俺は彼女にキスした後小さく「抱いていい?」と聞いた。何もいわなかった。俺は遊ぶ部屋とベッドのある部屋と二部屋使っていた(田舎ならではだね)。何も言わない彼女をスッとお姫様抱っこしてベッドに連れて行き布団の中にもぐりこんだ。横にした彼女にキスをして一枚一枚服を脱がせた。キスをしながら胸を揉みその口を乳首に這わせ舌を転がした。ア~~と甘い吐息を漏らし俺の頭に手を添えていた。自分も服を脱ぎ彼女の着ているものを全て脱がし二人とも生まれたままの姿になった。そのまま下に少しずつ下がっていきクンニしようとしたら小さく「イヤッ」と言った。きっとマンコを見られたくなかったたんだろう。

仕方なく入れることにした。俺は馬鹿でそうなってはじめて「妊娠」という現実を認識した。恐る恐る「今日、大丈夫?」と聞くと「大丈夫だと思うけどつけてくれる?」と彼女。何とか練習するために持っていたコンドームを見つけた。装着していざ!
しかし彼女のマンコは緊張のためかあまり濡れていない。メチャクチャきつい。全然チンコが入っていかない。悪戦苦闘しながらようやく入った。途中でゴムは破けていたようだがそんなことには気づかなかった。俺だって初めてだったから。

あったかくて気持ちよくてアッという間に出てしまったんだと思う。二人とも繋がれた喜びでいっぱいだった。覆いかぶさっていた顔を上げ彼女を見ると目から涙があふれていた。すんごくかわいくて大事にしなきゃ!と思っていた。その何日かあととある駅前で偶然会った。俺に気付くと近づいてきて小さな声で「生理来たよ」ってささやいてくれた。その約一年後 彼女に新しく好きな人ができて振られた。遠い昔の話 俺の青春
あまりエロくなくてつまらない話に付き合ってくれてありがとうございました。

4+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR