エッチ体験談が11,000話を突破しました。

ア●フェタミンでママは息子とSEXをしまくり

PR

玲子さんから投稿頂いた「ア●フェタミンでママは息子とSEXをしまくり」。

もぅ20数年前のお話しです。私は覚●剤を扱っていた時期が有りました(今では無縁の世界のこと)

私に電話がかかって来ました。 女の知り合い(瞳 26)からでした。
「玲子さん 都合つく?今日だめ?出来れキーも2ツも」「はい 今から行きます」
10キロ ほど車を転がし目的地に付いた。

「いらっしゃい ありがとう」
もぅ2年越しの お客様。『瞳』 夜スナッで、お勤めのシングルママだ。
「ちびは?(息子)」「もう直ぐ帰って来ワー」
「はい どんだけいるん?」指3本立てた。
「今日は お金持ちやん」「お店の給料が出たから」「そなんだ」はい、とお届け物を渡した。
「ね、お風呂をかして 髪を洗いたい」
「うん いいよ 沸かして来る」(今と違って、バスタブに水をを溜めて ガスで沸かしていた)

「ただいま」「ママ~」かなりのマザコンちび助が帰ってきた。 以前ここに泊まった時、喉が渇いて 冷蔵庫に行ったら、見てしまったのだ(親子のへやが隣にあって お布団の上で近親相姦までいかないのか判らないけど ちび助がママのおっぱいを両手でもみ チューチュー吸っていた 「ああ~ Kちゃん 上手よー」と息子の 小さいチンコを上下に扱いていた。

「ママー ああ~ ママぁー ああー」としていたのをを見てしまった。
次の日に聞いたら「あら、見られたの!」「ビックリしたわーェへへへと照れ笑いをして「あの子良く泣く子でどんなにあやしても 泣き止まない子だったんや、おしめの上からチンコを摩ったら 泣き止んで 足ピーンさせてで、その内に寝てくれんねん、それが毎度でいつの間にか、 私がオナニーを仕込んだ。

エロガキにしちゃってた、今では毎晩で、すれば直ぐに寝るし 甘えて来ると可愛いからやってしまうのよ 「アレ飛ばすの?」「まだ射精しないけど イキよる。イッタ後の余韻で気持ちがええんやろな、またビンビン立たせて 又催促してくるんやで~」「強いんや?」 「いやそんなもんなんやて」「誰に聞いたん?」「お店のお姉さん」

「幾つの人?」「35 めちゃくちゃに肌綺麗で秘訣を 聞いたら「 毎日のSEX!」って言うんやけど、旦那とは2年で別れて息子を育っててる、 ほんでな 男もおらん、客とも寝えへん人 が毎日SEXをするかぁ! おかしい事言うなーと思ってたんやけど 見てちゃったのよー(ニヤーと笑い)店のちょっ行った先の公園で息子とSEXやっていたんやでー」

聞けば 息子は17才で タクシー代を浮かせる為にバイクで向かいに来てるらしいで、瞳が、自転車で帰る途中 公園を通って帰ろうとしたら 喘ぎ声が聞こえて来たので、自転車を止めバッグからメガネを出して、良く 見ると その肌の綺麗な お姉さんが木にしがみ付いて 後ろから立バックで 息子にガンガン付かれてた、「お母さん! おかあさん 出る!あー中に出してもいいっ?」

「あー私もイキそー 出して いっぱい出て! ああ~ イクーー」「って、お母さん逝くって 親子Hしてんねんから ウチと一緒やん」 瞳が嬉しそうに、「激しかったワー 続けて2回もしてたんやで、でな 次の日に「あれ 見られたのかなー」って聞かれたから「大丈夫ですよウチもそんな所ですから」「まだ小さいんやろー」て っ聞き返されて、 今までの事を言ったら精通前ってそんなもんよ、いいじゃない。自分の理想通りのSEXを、仕込めてそれに 反抗期が来ないら」って 言ってたし 息子さん男前やけどお母さんしか見えてない見たい。 毎日 SEXをしているし 休みの日は 4.5回しているんやて」

「ほぉー 瞳もそうなって行くやな」スケベ笑いで睨んじゃった。
「あ お風呂入れるワー」「ありがとう入って来る」 お湯に浸かっていると 瞳が裸になった、ちび助を連れてきた。 この子も入らせてと言いながら 目でパッシングして来た(ハイ ハイ 射れたいのね)うん、と頷いたら ごめんのサインを出して「こんにちは は?」「こんにちはー」「はい K君 今日は、どうぞ入っといで、 出て髪を洗うから お湯に浸 かり」「うん」ちらっとオチンポを見たら 半立ち状態だ 湯船に入 る時 横目で私のおっぱいをチラチラ見てた。

(ガキでも 男なんだ ふふん 遊んでやろぅな)左にシャワーと蛇口が 有り、洗い場に正座で座り足を開き髪を洗い始めた 私の左半身を見 ながらオナニーしているのか荒い息ずかいで フン フン 言っている(ああー かわいいー)さてと「K君 出ておいで、体洗ってあげる」中々出て来ない。
「じゃ 先に洗うよー」ナイロンタオルにボディーシャンプーを付け こんもりと泡だたせ、K君に見せるように向き合うように立った。 私かなり 毛が薄い 脇毛なんてそったこともない はえてないんだもん!

K君 私のおっぱいとおま〇こ辺りを見てオチンポをにぎたっり静か に上下させて、私の体をガン見、 私左足をバスタブに乗せ つま先から オマ〇コを洗いかけた時 震える声で「んうーーー」逝ったな。

聞こえてない振りで足を開いて 泡を手に取り、ゆっくりオマ〇コを なぞった K君今度は、はっきり判る位 オチンポを扱き出した。
はぁーはぁー言いながらああーと言って 激しく扱いている K君に見せつけるように、中指を 入れぐるりと回した「アw- ハ 、ハ、アアww-おしつこ出う」
「立ってそこから 出して」と言いながら足開きのままオマ〇コを、撫ぜるのをやめないかった。K君ガバッと立ち上がり私のオマ〇コを見て オチンポをしごいて ああああーー と言ったかと思うと、ドツピューと 射精した。

ウツ ウッツと言いながらまだ扱いてる「キモチイイー」3回ほど精液を飛ばしてハアー ハアーと言いながら「熱かったー」」(照れ隠しか?)確かに体が 真っ赤になている。オチンポが上下にピクピク脈打ってる。出ておいで 冷たいシャワを、掛けよか「手を借して 僕 立てない」K君を支えた 何と!私のおっぱいを触るK君。

冷ためのシャワーを掛けた 「ああ 気持ちいいー」「なにがー?」意地悪く聞いた「ね、チンチンから出たのんって、アレ何な? おしっこ?」「初めて?」 「うん、 でもすんごっこく気持ち良かったー」「K君 何才になったの?」「I0才」「I0才で大人になったんやね」「大人?なんで?」「アレは 精子っ言って 女の人と 赤ちゃんを作るお汁やで」「えー ママにしても?」私知っているけど オマ〇コでしているとは!
「え?ママとしているの?」「あ、」バレル思ったんだろう 「僕の体 洗ってくれないの?」そやったな 洗ってあげるよ (気持ちよーくしてあげる) K君 椅子に座って」タオルを泡立 たせた(K君 、お料理してあげるからね)

椅子に座っているK君を後ろから足で抱き込ように体を包み込み タオルで!上半身を洗う勿論 背中に おっぱいを押し付けた 。K君の オチンポが脈打って来た、K君 口を開けて 目をつぶり「あああと苦 しそう、 自分でオチンポを触ろうとしている。
「ダメ!」足を閉じたそうになっている「足を開いて!」と言い手で オチンポを、強く握ったら「ああーー」(天国に連れて行くからね K君)優しく握り 上下にしこり、また 強く握った。耳元で「まだよ K君 はい、立って」立たせてくるっとタイル壁に 向かせた立たせた。私疲れたので バスタブのふちに座り
「K君カベに手を付いて」足でK君の足を開かせ、私の足をストッパー にしてオチンポとキュンとなった 金〇を撫ぜ オチンポを扱きながら 左手で肛門を撫ぜて 肛門に中指を入れ2・3回ピストンしちたら「うわ~ 出そーンンーアアー」タイルに当たった 精液が「ビチャツ」と 音を立てた。

でも出終わるまでゆっくり扱いた。またオチンポが固くなって来た 「ああー出る 出る ああ~ で る!! 」と 又射精した若いから3度出しても精液が勢い良く飛ぶ。
K君 膝が、ガックンとなりそうだったので、K君のおなか辺りを抱き寄せた。K君を観ると気を、失いつつだった オチンポが激しく上下しながら もピュツ ピュツと残っていたのが飛んでいた。「K君 温まろう」(放 心状態よー) 温まりながら「K君 どうだった?」
低い声で「すっんごく気持ち良かった、死ぬかと 思った」「そーよ K君を天国まで連れ て 行ったんだから」とニッコリスマイルを投げた。
お風呂から出て 台所の時計を見たら 2時間立っている 瞳は どうし たのかな?
「ママー?」 台所横の部屋の襖を開けたら、布団の上でM脚を大きく 開きヴァイブを出し入れしながら、天井を見つめ 声を押し殺して 一 心不乱に、高速ピストンで突きまくってオナニーをしていた。

K君がそれを見た途端に K君のオチンポがギュンと反り返りオチンポが上下に脈打ってた 。瞳が、やっとK君に気ずき「Kちゃん 入れて ママの中にチンチン入れてー」とK君を見ながらオナニーをやめい」「ママー」と言って、瞳からヴァイブを奪い K君が、ママにオチンポを入れた もう何度もオマ〇コをしいるのたろう K君は上手にピストンをしている。

ああー 堪らない台所の所でK君が見えるように横になり、K君を見ながら、両手でクリを、こねたり 2本指を入れてピストンをして見せた 瞳の喘ぎ声と私のオナニーでK君、 野獣のような眼で 激しくピスト ンをしている。 刺激が、大きすぎたのか 「出る で る ー」と逝ったみみたい。
(4度目の射精のはず この子 強い!)と思いながら うつ伏せて 押さ え込みオナニーの体制に変えた。 K君を見たら こっちに来そうな気 配 「駄め!」「ママと」言い終え。 私も本気で逝きたかったから。、K 君の目を見ながら、手を恥骨に当て上下に腰を打ち付けた。

私を見ながら、おチンポを出し入れしているK君。(見られてる! 私のオナニーをI0才の子が 雄の目で見てくる、ああ~ 堪らない、ああーイキそう)
「ああああーーイク イク イクーーー」
それを聞きK君もイクイクんーーーーツハぁイクーー」とママにおチ ンポを打ち付けた。
瞳も「イクー!!」3人で逝ってしまいました。
(K君 きっと 今日の事がおかずなるんだろうなぁ~ )
瞳の家に行く楽しみがふえた。 2週間後に、また 配達を頼まれいる。
その前に私は瞳が言っていた。〈肌がとても 綺麗なお姉さん〉が気になる。私は子供の頃から好奇心の塊りのような性格でした。

この間 瞳が話しいた 肌の綺麗なに興味を持った。 私は瞳に電話をした。
「瞳? 今日あの言って お姉さん、お店に来る?」
ああ~ K子さん? うん 熱を出さない限り来ると 思うよ「そう 瞳 同伴してあげよーか 」
「 なに?」 「 ふふふぅん、ちょとね 興味があってさ 」「ん! いいよと笑いながら やれやれ あ、そうそうK君 玲子さんの事 ばっかり言ってるんだけど、この間、何かあった?」
「別にー 私の体を見てチンポを立せてたから アラ大人のオチ ンポ見たいって褒めてあげたからじゃない?」
「ただいまー 」 (あ、帰って来た)

「おっ! 今からやるんだー 何時に 向かいに行けばいい? 判たじゃ また後で、 頑張っ ねー」
私はバイセクシャル。
K子さんが目当て。 久しぶりに女を抱きた い。いたぶりたい!
好みの女だったら 時間を掛けて 落としたかった。
男の人に抱かれる快感と違って 丸味のある 吸い付く肌に爪を立てたい。
いたぶられて縋りついて来る顔を見て 楽しみたい。

クラクションを鳴らしたら 先に走ってちび助が飛んできた。丁度いい「はい K君 お留守番ひまでしょ 私、見飽きたから はいこれあげる」
「これ何? ママにまだ言うたらあかんで、K君が見て喜ぶビデオや ママが行ってから 観てな」 と紙袋を渡した(中に 中坊とママがドラマ仕立てで色んなバージョ ンで四・五回オマ〇コをしてる 近親相姦物と、3Pの外人番で男2 女1にサンドイッチHも当たり前にあるけど問題は、女とオマ〇コしてる男に、もぅ1人がその男にアナルに太いチンポ゜を挿入しているシーンだ

ちび助 バイセクシャルで 人生を2倍楽しむんだよー) 「今度はママと見て、 今日はK君が1人で見てね」「今日泊まってく れへの?」「判んない! その内に お風呂入りにくるよ」
ちび助目を輝やかして「ほんまやで、僕待っているから」「ほら ママ来た 今、ママに見せたらあかんよ はよー帰って見な」うん、
「ママ、行ってらっしゃーい」「おまたせーKちゃんに何か くれたの?
「御勉強するやつ 瞳も一緒にお勉強みてあげな~ 」ほくそ笑んでいる私を見て 眉をしかめる瞳 、まさかエロビデオと思ってない見たい。
「ありがとう あ、聞いて、この間からKちゃん逝くようなったやでー 」(知ってる この間3回出させたよ)
「へー そうなんだー子ども出来たらどーするん?」「ウン、来月からピル飲むし、やっぱり生が気持ちやんか」(それは 確かに)
「この前の事・・・・」「私 要らん事言った事有ったかな?」「無いです」かなりの沈黙の後で「また女を食べちゃうの?私は?」
「タイプじゃない!」

瞳が、ホステスをしている店に入り 私達S仲間は なぜだか 目でコ ンタクト利〈どこ?〉
瞳がK子さんを見た。宝塚ジェンヌみたい (ふーん 好みだわー 食べたい!)エロビームが全開の私 落ち着け!!
ここは スナックでカウンターとB0Xが1つしかない。カウンターに5脚のイスがあった
Boxには 補助席が3個9人が収まる広さ
ほんどのホステスがB0Xの客の所に行っている。 瞳のツレに興味 を持ったのか、K子さんがやって来た 。「いっらしゃいませ 」
私= 「あ、こんばんはー」
ジントニックを頼み 瞳も水割りを頼んだ。

K子=「瞳ちゃんがめずれしく 同伴して来るって聞いたからどんな 男前を連れて来るのかなーて 思ていたんですよ 」
私=「アハハ女でごめんなさい。」
K子=「いえいえ お綺麗でびっくりです」
私=「おせーじが お上手ですねー、 ええーと何とお呼したら」
K子=「あ、ごめんなさい。K子です」
「玲子です。エロビームを目を見て送った」(K子さんその途端息を飲 んだのがわかった 落とせる!)
私=「こんなと聞いたら失礼かも」「34です・玲子さんはこの間、 25になりました」
K子=「ご結婚」「ああ~ 私しない人なんだ私 自由でいたいです。セフレ はいますけど、なかなか会えない」「寂しですね」・慰めてくれます かぁ~ 」(と甘えてみせた)瞳が笑いを堪えていた。

「K子さん 宝塚ジェンヌみたいと見つめていたら 色っぽい目で見つめて来る」「瞳ちゃん 私玲子さんの隣に座らせて貰ってもいい?
「あ、どうぞ どうぞ 玲ちゃん喜びます」私ポケットから金魚に入れた、薄い水溶液をおしぼりで巻いて「瞳ちゃんK子さんにおかわり 作 ってあげて」と グラスとおしぼりを渡したら、[えっ?]とした顔したけど(2っあげるサインを送ったら)「はぁい」と作って出してく れた 「ありがと」K子さんが来て坐ったの見て「今日は楽しいーK子さん 乾杯しょーう」「玲子さんお酒強いの?」「普通かな、勝手にジントニックにしてもらったけど・・・・いいですか?こ のジンのピッリとした味が好きなの」「嫌いじゃないわよ」

乾杯ー とイッキ飲んで見せてたら、K子さんもつられて イッキをし たのを見て
「ごめん私おトイレ行って来る」と言って 瞳をトイレまで連れ て行き 小声で 「早引するよ ママに言ういい訳考えときや、 2ついる んでしょう?」「うんわかった」
トイレから出てK子さんを見たらお尻をモジモジして足をギュッと閉 めていた 。 効いてきたな ニヤリ 隣に座り観察したら 息がうわずっている時おり、太ももを閉め 息を止めて目を閉めつむり、わずかにんーー ー と言っている「K子さん 酔ちゃった?」
「生理になった見たいトイレに行くわ ごめんなさい」 声がうわずってる。 オナニーしに行ったな 5分待っても出て来ない 時計を見ると 閉店1時間前で 「瞳、お勘定して それからママに言いに行っといで 先に店出るよ」

車に行きK子さんを待っていたら「なんで?先に出たの?」「もう直ぐしたらK子さん出って来るって」
5分後 バイクに乗った、息子らしい男の子が来た 「公園どっちだった?」
瞳が前を指した
K子さんバイクに乗り息子にしがみ付きチンポを摩っている。
「うわー 凄いなー 玲子さん、どんだけ入れたん?私の半分。 初めての 人やからね、よう効いていてるなー ふふふ」 公園に付いた
「どこら辺?・ 右の奥 ・行って見よ」

こそっり 目的の木辺りに近ずいて様子を観ていたらK子さん自分で パンツを脱いだ。自分でスカートをたくし上げ木持たれてたれ息子のチンポを出して先っぽを、オマ〇コにすり付けて出て来るお汁でチンポ を濡して自分からオマ〇コにチンポを入れて息子のお尻を鷲掴んで、 深く入れたいからか?息子が動けないでいるとK子さん上下に激しく 腰を動かして「あああー いいい~ H志 逝く!逝くーー!」
大きな声で鳴いている、K子さんに息子がポケットからハンカチを取り出して K子さんの口に入れた お、ラストスパークが掛かった お母さんイクよ」物凄く激しいピストン息子がK子さんに打ち付けて息子が逝った見たい。

K子さんまだ上下の腰振りを続けている。今度は、息子がK子さんの片脚をあげ 深く突き入れている。息子の首にしがみ付いて腰をふっている 抜かずの2回目が始まった。
その時近くで男の呻き声が聞こえて来た。 目を凝らして観たら おっさんがチンポをしこっているドピッューと出して 又しこり始めた、回りを見ると ギャラリーが一杯いた。
皆 激しくピストンをさせて 何度も精子を飛ばして る。 このままだとレイプされそうで、帰えろうしたら 息子位に男の子が、二人来てもう既に オナニーをしていたのだろう、脱ぎかかズポンを持って、二人にに近ずきズボンを下げチンポを出してK子さんの足をかかえていた。

はめている所ガン見してる K子さん二人のチンポを 上下に激しくピストンをさせて唸る声が大きくなっていき、頭を左右に振っている 息子が「あああああーイクよイクーんんー」「たまらん!っウ、ハー」
と足を持った子たちも精液を飛ばしていた あっちこっちから呻きも聞こえた 続きを観たかったけど・・・一番近くにいた さっきのおっさんが 上擦った声でチンポを扱きながら
「まだ やっているから 見て行きなよ、 ホラ 」チンポを扱く手が早くなって来た。K子さん親子を見ると 中年男がK子さんのアナルに入れているのか、K子さんのお尻に手を置きピストンをしているしオマ〇コには、息子のチンポが出し入れをしている3PSEXだ 三人とも恍惚状態

(凄いSEXを見ちゃった)
あの親子に、感ずかれる訳にはいけない。瞳 帰るよッ瞳を見たら スカート上からクリをこねていた。(いい加減にして)
こんな状態で 男を誘うような事すんなよ!)
瞳を引っ張って 車に乗っていたら 瞳がリクライニングをして 服の上からオマ〇コを摩りクリを捏ねだした。
「あかんわー 我慢でけへん」スカートを捲り ショーツの中に手を伸ばしている「やめて!車が イカ臭くなる!するんやったら 服の上からしてや!」押さえ込みオナニーを始めた。荒い息ずかいと喘ぎ声を漏らしながら 脚をピーンとさせ瞳は逝った 「少しはスッキリした?」

「少しだけかな あんなん見て玲子さん 平気?」
「・・・・・・・そーや瞳に先に誤らんな あかん事あんねんけど」「なに?」
「K君に渡したのんは エロビデオやねん。ま、瞳も楽しめると思って あげたんやで 見ての お楽しみや」そんな事を話していたら
瞳の家に付いた。 「トイレ借して」と言い 瞳の寝室を覗いたら テレビの画面が 砂嵐状態 ビデオデッキから 「洋・3P」と私の字
のラベルビデオが突き出されている、K君を見たら 下半身だけ裸でチンポを握った格好で寝ていた 見渡すと あっち、こっちに飛ばし捲った形跡があった(何回 出したんやろ?)瞳が来て「アチャー 掃除、大変やわー もお~」「ティッシュの使い方 教えてへんの?」
「いつも飲んで挙げているから」(はい、はい好きにして)

K子さん親子は、アパートでの 親子のSEXが音・声で知られてしまうので出来ないからと
毎晩 あの公園でSEXを、していたらしいのですが、 自分達のSEXを見てオナニーをしてる人がいる事に興奮を覚えたのか
その内に 見せつけSEXがエ スカレートをして、K子さんと息子以外の人は 自由参加でK子さんのアヌルSEXだけは 誰でも出来たそうです。覗きのスッポットになっていた位で 噂を気にして引っ越したそうです。

これも瞳から聞き出した 話しですが、 何時もと違うSEXで乱れた最高のSEXをしたのは 瞳ちゃんが関係してる?と聞かれたそうす。瞳の「瞳」を見れば一目瞭然?だったから、聞いて来たのだと思いますが、K子さんが怒って来ると思いきや 「アレ頂戴」と言われたそうです。3日に1度 瞳が渡していたらい。救いなのは注射ではなく、飲んでいたとの事 それからは 連絡を入れてないので どうなったのか・・・・?

3+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR